スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Krug Clos du Mesnil 1995

1995年
KrugからClos d'Ambonnayがリリースされた年である
自称クリュギストにとっては飲まなければならないアイテムだが・・・

DSC07608_20100801134431.jpg
・木箱
洗練された木箱になりましたね

DSC07613.jpg
・Krug Clos du Mesnil 1995
これもまた飲まねばならないアイテムなんである

実は2001年に1988年を飲んだのだが
状況的に舞い上がっちゃっていて・・・
も一つ実感が湧かないんですよね勿体無い事に

さぁ飲み頃はいつ?
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

三番目のKrug Grande Cuvee

12月になりました
しかも、2009年も残すところ10日です
ひー
なんやかんやと忙しい・・・
忘年会が毎夜の如く一週間ほど続いたり
ちょいとしたトラブルに巻き込まれたり
なにより記事を書いていてIEが逝っちゃうのがツライ
ま色々あり、更新がすっかり滞っておりました

あと
前の記事で少し惚けた感も否めません
言葉の持つ意味
文章で表現できること
文字の力
そんな事を酔っ払った頭で
寒い師走の夜空の大三角形を見上げながら歩いていたりしました
ScorpionsのLady Starlightなんかがランダムでかかった時には
夜空の切なさも一層です

劇的な変化はなくとも緩やかには変わっていくのでしょうか?

さて閑話休題
時は遡って11月末
目出度く二度目の記念日を迎える事が出来ました
今年は当日が平日の金曜日ってこともあって
どこで、どうするか少々迷いました
慎重な協議の末に弁当購入して家でのんびりコースと相成ったのです

DSC04132.jpg
・井政

DSC04133_20091219145739.jpg
・色違い
桐箱といい、色違いといい
中々に拙の心を掴むパッケージングです

素材に対する拘りや保存を見越した少し濃い目の味付けなどポリシーも良さ気です

DSC04143.jpg
・晩秋

DSC04140.jpg
・中身
おぉ、ホンマ濃いなぁ

拙は濃い味付けは好きなんですが、ちょいと過ぎる感じですな
シャンパーニュにはどうだろ
甘味を忍ばせた旨みのある純米酒なんかと合いそうだなぁ

和久傳の淡な美味しさもわかりますが
やはり、濃い味わいが好みですなぁ
あれでは、酒がちびっとしか呑めません
やはりお上品な口にはなれないんかなぁ?

DSC04135.jpg
・Krug Grande Cuvee

愛しのクリュグもラベルが変わる毎に評価が分かれます
大抵、評判を落としていく傾向にあるようです

ほんまにそうなのか?
人の感覚は思考にかなり左右されると思います
ま、いずれ検証しなければならないと思います

DSC04136_20091219145739.jpg
・三番目のボトル
温度が低いのと合わせた料理との相性もあるのだろうけど
比較的おとなしめ
奥深さは健在か

DSC04144.jpg
・河内鴨スモーク
少し物足りずアテ投入
六甲道の巨匠の作品を経験した身には
やや穏やかに感じられるが
よく出来た鴨のスモーク
穏やかゆえに応用するにはこちらの方が使い勝手が良さそう

DSC04406_20091219150848.jpg
・Marsannay Clos du Roy 2007 Bizot
飲み足りないってのがまずありました・・・

追加の赤は記念のミレジメ2007
残念ながらブルゴーニュは偉大な年ではないみたいだが
ビゾはどうだろう?
2007が初リリースのマルサネは580本のブティーユにマグナムが4本・・・とかなりレア
アルコール11.5%と考えられない低さが気になる

自然派のワイン
酸が綺麗
密度や凝縮度は流石にないけど
果実ベリーが愛らしい
バランスが秀逸
きっとかなり厳しい年なんではないか?2007
なのに、何と美しいワインをマルサネで造ったんでしょうか
素晴らしい!
ビゾええなぁ~

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

2008年8月以降の家で飲んだもの

2008年のお外での食事はほぼ(少しはしょってますが)アップできた

あとは備忘録のために家で飲んだものをツラツラと挙げて見たい

きっと、長くなります。
まぁ、ごユルリと御笑覧あれ

続きを読む

テーマ : お酒全般
ジャンル : グルメ

出立前夜

海外旅行とはいえ
シンプルな性格の拙はあまり旅の準備は必要ない・・・
着の身着のままってやつですね

が、今回は
十分に準備してスーツケースなるものを初めて購入しました

んー
ぎりぎりやん・・・

DSC06618.jpg
・Krug
新婚旅行を記念して出発前に開けました

DSC06619.jpg
・記念すべき1番目

温度低めからスタート
やや酸がキリリとキレが良くクリュグらしからぬ感じ
ドライフィニッシュ
仄かにノアゼットが香ばしい

これだけだと線が細いと言われるのもむべなるかな

明日朝早いので流石にユルユルとは飲めないが
温度が20℃ぐらいで花開く
見事!
クリュグはクリュグ
素晴らしい

では皆様、行ってまいります
道中インターネットなどに接続する予定はありませんので
ほぼ、更新が途絶えますが
変わらぬご愛顧よろしゅーたのんます

ほな

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

クリュギスト

取りあえず、昨日は写真だけあげてみた。
実に感無量である。
てか、開梱してて嬉しくて仕方なかった。

婚約指輪と言うものがある。
結婚を約束した夫になる男性から妻になる女性に贈る指輪の事だ。
まぁ至極、一般的なので説明するまでも無いだろう。

相手が喜ぶものを贈るのがプレゼントの本筋であり醍醐味であろう。
それは、解る。
が、贈る自分自身がそのものの価値を見出せないものは贈りたくない。
価値を見出せないので自分で選べない。
なので、贈る本人に選んでもらうってのは何かよろしくない。

であるならば・・・

婚約指輪の代わりにクリュグを贈ることにした。
記念日に毎年一本開けても十分な本数とそれを保存できるワインセラーを用意。

年を経る毎に輝きを増すはず・・・
どんな宝石よりも

More than Rings

DSC03942.jpg


DSC03945.jpg


DSC03947.jpg


DSC03951.jpg


DSC03967.jpg


DSC03829.jpg


テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。