スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆☆ 樽生ビールベスト ☆☆☆

日本酒に向き合おうとした矢先
お江戸にてヤラレマシタよ
ビール

で、
本人も気付かないままに、ひっそりとブログ開設二周年も過ぎており
ここは、またもやどこまで票が集まるか不明ながら
皆様のベストな樽生ビールを教えていただきたく・・・お願いします。

細かな規定は設けませんが、
好きな樽生のビール名を教えてください。
メーカー名だけでは集計しにくいのでビール名でヨロシコ
あと、どこの店でとかを書いて頂くととっても参考になります。
何個書いていただいても結構です。
今回は一位とかではなく、好きなところを列挙頂く形式ですので
何回、書いてもらってもOKです
かく言う拙も今月末に箕面ビールに見学に行くので、其れを踏まえたほうが良いのか?
などと思っています。

気軽にどうぞ!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

ワンタン鍋

IH調理器を購入して初めての冬
勢い週末は鍋料理が多くなるのは仕方ないでしょう
期待していたより火力には若干不満があるものの
ホンマに便利です

鍋・・・ぽん酢で食べる所謂チリ鍋が多いですよね?
魚はそないにエエもんが手に入らないので
鍋料理の幅が広がらない
ピエンローは衝撃的な鍋であったが手の加えどころがないんですよね

色々試行錯誤の中の一つ
DSC04222.jpg
・ワンタン鍋
ワンタンの皮は自作しない
このヒラヒラ感は手打ちで出しにくいから・・・である
面倒くさいからではない

豚ミンチを使うのは・・・手抜きですね
豚バラを叩いた方が美味しいのは分かっているんだけど
レンコンを歯触りのアクセントに忍ばせてある
本当ならばクワイを使いたいところだが
缶詰のあれってどうなんでしょね?

鶏ベースの出汁にワンタンと菜っ葉のみ
この写真からでは鍋に見えないですねぇ
でもこれが、シンプルで美味しい

途中、変化が欲しいところながら出汁に色々と追加して楽しむ
黒胡椒
白胡椒
柚子胡椒
ラー油
一味
七味
黒七味
山椒
花椒・・・
日本の鍋が具中心であっても
中華の鍋はスープ中心だと思う

〆は・・・
DSC04224.jpg
・ラーメン
でしょう

しかも新必殺鴨ごはんのタレをスープで延ばして鴨のっけ

旨い旨すぎる

DSC04198.jpg
・飲んだワイン

鍋って投入前の具を写真にとっても見映えしないし
食べている時はそんな余裕ないので紹介が難しい・・・

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

若旦那直伝の鴨ごはん

日出鮓のワイン会で出していただく料理
普段、鮨屋であるので頂けないような限定アイテムは素晴らしい作品が多い
さらに以前に頂いた作品でも何がしかの精進をされている若旦那はホンマ凄いと思う

そのなかでも、
「必殺!ちらし」

「悩殺!鴨ごはん」
は双璧ではないだろうか?

とりわけ、お願いすると普段でも頂くことができる「必殺!ちらし」と比べて
平常頂けない「悩殺!鴨ごはん」は
本当に悩ましいほどに美味しい

鴨好きとしては是が非でも一度作ってみたい・・・
そこで
作り方を教えて欲しいとのお願いに
実に懇切丁寧にご教授いただいたので
満を持して作ってみました

DSC04179_20091220221801.jpg
・レンコンと菊菜のサラダ
あまり、つながりの見出せないような二つの食材ながら
カラシを媒介として見事に連携

思いつきながらもなかなかにエエやん
善い始まり

DSC04176_20091220221801.jpg
・小芋の空揚げ
若旦那ママンの必殺スペシャリテ
これは何とご本人自ら伝授いただいたもの

ではあるが、
なかなかに納得のいく作品は難しい

勿論、美味しいのではあるが

ややカラッと感に欠けるか?
いや、ホンマ十分に美味しいんだけどね

DSC04182.jpg
・ウナギの柳川鍋
本来は どぜう 何でしょうね
蒲焼のウナギを使用したものの
予め付けられているタレの味付けがもう一つ・・・




メインの鴨ごはん
味付けに関しては若旦那直伝なので心配なし
鴨の火の通し加減が最重要点であろうかな
どうだろ?
DSC04186.jpg
・ロゼ!
もう少し火を通しても良いんだろうけど
ご飯の温かさのマージンを考えると完璧ではないか?
鴨は間蒸で温めると旨さ向上!

この成功は初心者幸運なのか?
実力なのか?
再び作らねばなるまい
もしかしたら才能ある鴨

少し、オリジナルと違う味わいながら
これはこれで美味しい

次は
処女作ながらアレンジ版ってどうかな?
いや、この組み合わせはやってみたい
DSC04189_20091220221800.jpg
・アレンジ版
鴨にネギとワサビ
合わないわけが無いでしょう?
単体の料理としてはこちらの方が美味しいと思う
味わいに奥行きが出る

しかし
ワインとあわせるとなると別問題
ネギとワサビの香味がワインの香気とバッティングしてしまう
ワインと合わせるならば無い方が良い

あ、でも
この組み合わせはホンマにエエなぁ

DSC04191.jpg
・おにぎり
この鴨ごはん
鴨ロースを片身丸ごと使うのだが
ロースの半端なブロックをご飯と一緒に炊いて鴨味を強化してみた
見事にお役目を果たした彼奴らを刻んでおにぎりに

火を通しすぎた鴨はかなりの勢いでぱっさりしはる
あのジューシィさに欠けるんだ
でも、おにぎりにすると何故かいけるんですねぇ

DSC04197_20091220221953.jpg
・飲んだワイン

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

三番目のKrug Grande Cuvee

12月になりました
しかも、2009年も残すところ10日です
ひー
なんやかんやと忙しい・・・
忘年会が毎夜の如く一週間ほど続いたり
ちょいとしたトラブルに巻き込まれたり
なにより記事を書いていてIEが逝っちゃうのがツライ
ま色々あり、更新がすっかり滞っておりました

あと
前の記事で少し惚けた感も否めません
言葉の持つ意味
文章で表現できること
文字の力
そんな事を酔っ払った頭で
寒い師走の夜空の大三角形を見上げながら歩いていたりしました
ScorpionsのLady Starlightなんかがランダムでかかった時には
夜空の切なさも一層です

劇的な変化はなくとも緩やかには変わっていくのでしょうか?

さて閑話休題
時は遡って11月末
目出度く二度目の記念日を迎える事が出来ました
今年は当日が平日の金曜日ってこともあって
どこで、どうするか少々迷いました
慎重な協議の末に弁当購入して家でのんびりコースと相成ったのです

DSC04132.jpg
・井政

DSC04133_20091219145739.jpg
・色違い
桐箱といい、色違いといい
中々に拙の心を掴むパッケージングです

素材に対する拘りや保存を見越した少し濃い目の味付けなどポリシーも良さ気です

DSC04143.jpg
・晩秋

DSC04140.jpg
・中身
おぉ、ホンマ濃いなぁ

拙は濃い味付けは好きなんですが、ちょいと過ぎる感じですな
シャンパーニュにはどうだろ
甘味を忍ばせた旨みのある純米酒なんかと合いそうだなぁ

和久傳の淡な美味しさもわかりますが
やはり、濃い味わいが好みですなぁ
あれでは、酒がちびっとしか呑めません
やはりお上品な口にはなれないんかなぁ?

DSC04135.jpg
・Krug Grande Cuvee

愛しのクリュグもラベルが変わる毎に評価が分かれます
大抵、評判を落としていく傾向にあるようです

ほんまにそうなのか?
人の感覚は思考にかなり左右されると思います
ま、いずれ検証しなければならないと思います

DSC04136_20091219145739.jpg
・三番目のボトル
温度が低いのと合わせた料理との相性もあるのだろうけど
比較的おとなしめ
奥深さは健在か

DSC04144.jpg
・河内鴨スモーク
少し物足りずアテ投入
六甲道の巨匠の作品を経験した身には
やや穏やかに感じられるが
よく出来た鴨のスモーク
穏やかゆえに応用するにはこちらの方が使い勝手が良さそう

DSC04406_20091219150848.jpg
・Marsannay Clos du Roy 2007 Bizot
飲み足りないってのがまずありました・・・

追加の赤は記念のミレジメ2007
残念ながらブルゴーニュは偉大な年ではないみたいだが
ビゾはどうだろう?
2007が初リリースのマルサネは580本のブティーユにマグナムが4本・・・とかなりレア
アルコール11.5%と考えられない低さが気になる

自然派のワイン
酸が綺麗
密度や凝縮度は流石にないけど
果実ベリーが愛らしい
バランスが秀逸
きっとかなり厳しい年なんではないか?2007
なのに、何と美しいワインをマルサネで造ったんでしょうか
素晴らしい!
ビゾええなぁ~

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。