スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜月の食卓 其の二

さぁ霜月の記事はこれでおしまい!

師走も色々とあるなぁ

DSC09780_20110129171707.jpg
・冷蔵庫が壊れた

冷凍庫は生きているが冷蔵庫が全く冷えない
ステータスランプを見ると故障
インターネットで調べてみると霜取りに異常が起きる事が多いみたいだ

寒い季節なので、冷凍庫でペットボトルの水を凍らせたものを冷蔵室に配置して凌ぎつつ
対応を考える

結局、今回は修理を依頼して直してもらった

<一番搾り とれたてホップ>
DSC09509.jpg
・一番搾りとれたてホップ キリンビール
オールモルトになって好印象の一番搾り

国産のホップの新鮮さを強調したビール

清々しい香りはハーブっぽい
麦の甘さに青い香り

ザーツホップを愛しているので、ちとこのハーブっぽさは好みと異なるのだが
なかなか面白い味わいであると思う

DSC09510.jpg
・菜っ葉の炊いたん
小松菜が一番スタンダードかな

DSC09512.jpg
・鶏の空揚
かなり強めの下味をしっかりとつけたもの
ビールとの相性はかなり良いよね

<ヴァイスヴルスト>
ニュルンベルガーに次ぐ登場回数を誇るヴルストではないかな?

この日は京都の大丸で買ったドイツから来たヴァイスヴルストとLindenbaumのヴァイスヴルストを比較した
・・・写真はないけど

「ヴァイスヴルストに正午の鐘を聞かせてはいけない」
そんな格言がドイツにあるほど早めに消費するようなヴルスト
遥々ドイツから来ているものと比較にはならないのだが
ドイツのものも美味しく頂きました

DSC09519_20110129171706.jpg
・ジューサーゼンフ
甘いマスタードは必須なのだが
ミュンヘンのダルマイヤーで買ってきたものがとうとう尽きた

これも大丸で購入
なかなかエエ感じ

DSC09520_20110129173340.jpg
・マウンテンペッパー
これはちと違うなぁ

この特殊なマスタードの使い道は?
ちと考えねば

DSC09521_20110129173339.jpg
・ブレーツェル
ビール飲むのにパン食べるのは少々変ではあるのだが
何故かヴァイスヴルストにジューサーゼンフとブレーツェルは三位一体なんだよね

DSC09517_20110129171706.jpg
・っと
ヴァイツェンも忘れずに

ひゃっほーなラベルはオクトーバーフェスト仕様

<ヒレ酒>
DSC09564_20110129173339.jpg
・ヒレ酒
55℃がとびきり燗ならば
それすら超える温度の清酒で炙ったフグのヒレの香味をガンガン抽出する

こういう酒も旨いよねぇ

DSC09559.jpg
・鯖寿司
オフシーズンの夏においてもその魅力は褪せない
朽木旭屋

著名度において低いのだが、その真摯な姿勢からも美味しさは抜群である
米の硬さが好みなのよね

DSC09562_20110129173339.jpg
・これでスタンダードですよ
グレードが上がる毎に鯖の厚みがすごい事になっていきます

<鍋>
晩秋から冬にかけて鍋をする確率が上っていく

ちり鍋にしてポン酢で頂くのはブレナイ手堅い鍋だが
面白みもないのよね

DSC09587.jpg
・モヤシとニラ
中華風に

DSC09590.jpg
・ワンタン鍋
鶏の出汁にワンタンと白菜にザーサイ

勿論の事ワンタンの餡は自作
かなり美味しいんだけどデカイワンタンスープって印象は拭えない
いや〆に中華麺いれるとしびれる旨さではあるんだけどね

<鍋>
DSC09599.jpg
・バゲットにエピ

DSC09598.jpg
・野菜

DSC09595.jpg
・チーズフォンデュ
丁度、亀岡にピッツアを焼きに行った明くる日

マンステールにロックフォールが残っていたので
ミモレットにアルプベルビュをベースにして作ってみた
勿論の事キルシュは必須です!

簡単に考えていたけどチーズを摩り下ろすのは一仕事なのであった

DSC09601.jpg
・Colli Piacentini 2009 Lusenti s.s. Magnum
Emilia-Romagna州のD.O.C
セパージュはOrtugo

鍋なんだからマグナムでクピクピ白ワインを飲みたいやんね

<プリン>
イングランド人ではないのだがプディングは結構好き

でも
DSC09600.jpg
・ソーダ味

DSC09602.jpg
・ピンボケ

本格的なカスタードプリンが好きなんだけど
グリコのプッチンプリンもたまには良いやね

んーソーダ味ってもっとシュワッとしてくれんと
もひとつだな

<ボージョレヌーヴォー>
ワインが好きな方ほど飲まない傾向にあるヌーヴォー

確かに短い醸造期間で空輸でやってくる彼奴らは
C.Pが良くないと思う

でも年に一度のお祭りなんだからエエんちゃうん?
DSC09606_20110129180515.jpg
・Beaujolais Villages Nouveau Cuvee Speciale 2010 Georges Duboeuf

DSC09607.jpg
・2010

100年に一度の素晴らしいものが数年に一度出来てしまうようで
今年は出来が良くないとか一度聞いてみたいもんだ

紫色は例年になく濃いと感じる
バナナキャンディにベリーっぽさも
仄かにペティヤン
酸味・・・と渋みがあるな意外としっかりした酒躯

2010年は出来が良いんじゃない?

<麻婆豆腐?>
違います
DSC09605.jpg
・まぁばどうふ
豆板醤も花椒も使わない
四川料理ではないから

水切りをした豆腐に片栗粉をつけて揚げる手間もあるけど
良い作品が出来ました

例えオリジナルには到底及ばないとしても

<濃厚にも程がある>
久しぶりにパスタを作る

DSC09644_20110129180514.jpg
・温野菜

DSC09645_20110129180514.jpg
・スモークサーモン
何故にケィパーが並んでいるのかは謎

DSC09652.jpg
・サラダ

DSC09654_20110129182222.jpg
・カルボナーラ
クリームはおろか卵白さえも使用しない濃厚なカルボナーラ

速攻で食べないと塊になってしまう危険で憎いあんちくしょーだ

DSC09661_20110129182222.jpg
・Jaeger-Ligneul Brut Selection
ReuilのRM
P.M 70%
Ch 15%
P.N 15%
やや濃い目の黄色
中程度の細かさの泡
赤いリンゴからリンゴのコンポートの甘い香り
甘さが前面で酸が少なめ余韻は仄かに苦い

DSC09662_20110129182220.jpg
・ミュズレ
ピュピトル使ってるん?

DSC09657_20110129182222.jpg
・Alcamo Bianco 2008
緑色感じる淡黄色
くちなし?白い花の印象
酸はやや弱め

カルボナーラに合うワインって何だろうね?

<ワインねぇ>
DSC09656_20110129182222.jpg
・ワインチョコレート

んー赤ワインねぇ

もひとつでした

<色々と酒を飲む>
DSC09663_20110129183409.jpg
・余韻の贅沢 サントリー
・冬物語 サッポロ

・・・茶色だな
ホップはあまり香らない
すっきりした飲み口から焙煎した麦芽の香ばしさがくる
甘さと苦さで飲み応えはある
だが余韻・・・贅沢か?

やや赤味を感じるゴールド
麦芽の香り
苦味のちややクセのある麦芽・・・炭焼きって?

DSC09664_20110129183409.jpg
・カップ酒
スーパーマーケットで衝動買い

小学生の頃の記憶が甦る

大関はまだしも澤之鶴はアカン
この削れた味わい何でしょ?

DSC09667.jpg
・水菜と鶏のサラダ

DSC09668.jpg
・昆布巻き
昆布好きなんでつい買ってしまう

んーもう少し甘さ少な目だと美味しいのに

DSC09671_20110129183408.jpg
・レンコン
辛子明太子のソースをかけて焼いてみた

DSC09672.jpg
・カキ
生で食べるよりも熱を少しだけ加えた方が好みかな?

まぁ合わせる清酒がこれではカキに気の毒だった

<鍋>
魚の良いものが手に入らないので
今回も変則な鍋

DSC09674_20110129184602.jpg
・黄身ポン酢
単なるポン酢でないのがポイント

・・・カルボナーラとこの黄身ポン酢で玉子の白身のみ大量に残る

DSC09675_20110129184602.jpg
・鍋一面の野菜
水菜にエノキにモヤシに豆苗にネギに三つ葉に壬生菜
これを豚バラのスライスで巻いて食べます

なかなかに美味

DSC09677_20110129184602.jpg
・Beaujolais-Villages Nouveau 2010 Collin Bourisset
ペットボトルのヌーヴォー

んー

DSC09678_20110129184601.jpg
・Franck Bonville Prestige
AvizeのRM
Ch 100%
やや濃い黄色だが何処となく緑色の印象
細かめの泡
香ばしく甘い香り
酸が香ばしい甘さで覆われている

パワーのあるブラン・ド・ブラン

<カレールーを使って>
DSC09710_20110129184601.jpg
・カレー
タマネギと別にペコルスを入れて存在感を出してみる
スパイスのアレンジは最小限にとどめる

たまには良いやね

DSC09711_20110129184601.jpg
・ジャガイモのサブジ
どうしてもカレーにジャガイモは入れたくないので別途サブジにしてみた
つーかスパイス利きまくりのこれに力が思いっきり入ってます

素晴らしくスパイシーで美味しいんだけど・・・なんか違う?

てな事で長々とお付き合いいただき感謝です
次は師走です!
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。