スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァレンタインの思い出 -Palet d'Or Malt Collection-

ヴァレンタインの思い出シリーズ終わってませんでした

酒好き(拙推測)ショコラティエのくりだすチョコレート
モルトウイスキーがずらりと勢ぞろいとあれば

買わんとアカンでしょ

DSC09868_20110513162039.jpg
・丁寧な説明書
スタンダードなラインが揃っていますが
モルトの選択がなかなか凝ってますな
折角のモルトコレクション
やはりウイスキーに合わせるでしょう

DSC00109.jpg
・既存戦力
あとはハイボール戦力として冷凍庫のサントリーの角がキンキンでスタンバイ

んーグレンフィディック12年ぐらいしか使えんか?

DSC00110.jpg
・新規戦力
どうせなら、チョコレートに一致するウイスキーでしょう

島モノはどうしても欲しかったのでラフロイグ10年と迷ってタリスカー10年に
あとバルヴェニー12年はダーリンの閃きです
マッカラン12年で良かったのに
バルヴェニーって選択はどないなのか?

DSC09864_20110513162039.jpg
・Palet d'Or Malt Collection
大きさと形が揃っているのは食べ比べやすくて良いです
んー豹柄・・・

1番から12番まで採番してあるのは、
この順番に食べて欲しいってサインなのだろうか?
そんなショコラティエのサインを全く無視して勝手に12番から食べ始める

12)オーヘントッシャン12年
 ビターではないがコクのあるチョコレート
 ただし、ローランドモルトの円やかであるが故にややウイスキーらしさは感じ取り難い

 それにしても
 ローランドモルトが選ばれていて
 しかもそれがオーヘントッシャンってのが渋いセレクトではなかろうか?
 ・・・ローズバンクだったらもっと凄かったんだけどね

11)スプリングバンク10年
 ビターなチョコレートはかなり強い
 これもウイスキーらしさはあまりないか?
 っと思わせておいて
 余韻にきますよスプリングバンク
 香り高い
 ほーこれは素晴らしい

 自家製麦に拘るスプリングバンク蒸留所
 好きです

10)グレンモーレンジ・ネクタードール
 特徴的なキャラメルっぽさ
 チョコレートとウイスキーの一体感があって
 濃厚さを醸し出しながらの見事な一体感だが
 んー
 あまりにも融合してしまっているのが逆にウイスキーらしさを感じ取り難いか?
 いや、お見事なのですが・・・

 グレンモーレンジは最後の仕上げの熟成樽のヴァリエーションを色々と出している蒸留所
 シェリーウッドフィニッシュ
 ポートウッドフィニッシュ
 マディラウッドフィニッシュ
 絶賛酒精強化中の拙にとって今ならば堪らんアイテムをリリースしてましたが
 どうやら旧アイテムとなった模様です
 マディラウッドフィニッシュがなくなったのは悲しい

 ちなみにネクタードールはボルドーのソーテルヌの樽で2年間熟成させたもの
 
9)グレンゴイン10年
 ウイスキーの風味が弱め

 グレンゴインって選択も渋いよ
 この蒸留所はスコッチウイスキーの中でもピートを使わない異色な造り方をします
 その分、穏やかなんでしょうがやや裏目にでてないかね?

8)ザ・マッカラン10年
 バランスが良い
 チョコレートに負けないマッカランの香り
 やや、ウイスキーが強い方が好みなんです・・・酒好きなので
 美味しい!

 あまりにも有名なザ・マッカラン蒸留所
 スタンダードな12年ものでもシェリー樽100%熟成とは贅沢です
 まぁ、いくらマイナー嗜好の拙でもここは回避できないでしょう

7)ザ・バルヴェニー・ダブルウッド12年
 余韻の甘さがバルヴェニーっぽいかな?

 ダブルウッドがうりのバルヴェニー
 バーボン樽で熟成後シェリー樽に移して仕上げる
 つまりはシェリーウッドフィニッシュなわけです
 飲みやすいんだけどちと物足りない・・・かな?

6)ラフロイグ10年
 これは強い力のぶつかり合い
 ・・・Mr. Bigの1stの一曲目のポールとビリーみたいです
 ピートの利いたラフロイグに負けないチョコレートは見事でしょう
 こういうスリリングなセッションはたまらない

 アイラモルト=ピート
 この図式を最も直接的に表現しているのはこの蒸留所でしょう
 歯医者の匂い、正露丸
 クセモノ過ぎて嫌われる様はアニス酒と似ているように思います
 好きな人には堪らんのですよ
 
5)タリスカー10年
 ラフロイグの後ではピートの香りが物足りない
 やはり順番は逆であったか?
 まったりした味わいはタリスカーっぽい・・・か?

 アイラ島の北にあるスカイ島のモルトウイスキー
 もっとピート利いていたイメージがあるんだけどなぁ

4)ハイランドパーク12年
 ミルクっぽいチョコレートはどうだろ?
 これも最初に食べていれば感じが違ったのか?
 ピート香はあまり感じないがフルーティさが表現されていてエエ感じ

 グレートブリテン島の北東にあるオークニー諸島の最大の島メインランド島にある世界最北端にある蒸留所
 その最北端っていかほどかというと
 北緯は何と59度である
 日本で言うと・・・ない・・・サハリンよりももっと北のカムチャッカ半島の付け根あたりになるみたいですな

 オークニー諸島の蒸留所と言えば
 ハイランドパークよりもスカパがまず思い浮かぶ

3)余市12年
 チョコレートが強すぎるように思う
 
 北海道余市はニッカウヰスキーの創業地であり
 その名を冠するウイスキー
 美味しいウイスキーだと思います

2)白州10年
 やや甘さが強調されているがウイスキーの味わいは強い

 サントリーの山梨県にある蒸留所のシングルモルトウイスキー
 穏やかなイメージがあって自らは頼んで飲まないアイテム

1)山崎10年
 ナッティさはウイスキー由来だけではないように感じる
 ちとナッティすぎないか?

 サントリーの大阪府にある蒸留所のシングルモルトウイスキー
 ・・・あり?前はピュアモルトウイスキーとか名乗ってなかったか?
 拙の第二の故郷である高槻の隣町島本町にある山崎蒸留所
 やはり少しの贔屓目はあるのやもしれん

今回はウイスキーを飲みながら一気に全部平らげましたので
最後の方の感想はかなり少なめです
ウイスキー飲みながらってな状況を鑑みて逆から食べ始めたのですが
やはり1)から食べるのが真っ当だったか

楽しいショコラのテイスティングでした
スポンサーサイト

テーマ : チョコレート
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。