スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚まん

餃子とともに思い入れのある食べ物
豚まん

納得のいく豚まんに出会った事がない

かなり面倒な豚まん
今回は新しいアイテムと共に再作成してみました

ま、毎度の記事ですがよろしゅーに

関東はよく知らないけど
関西で豚まんと言えば
551と老祥記ではなかろうか?

新大阪や京都といった新幹線の駅で定番の関西土産となったのか?
行列が凄まじい551
大振りの豚まんはしっかりと作っていて美味しいと思う
だが、
タマネギは違うでしょう
あれを白ネギにするだけで3倍美味しくなると思うのだけどなぁ

横浜に比べると規模の小さい神戸の中華街
真面目に豚まんを作っている所が何件あるのか?
既製品の豚まんを蒸して売っているところが圧倒的なのに
ちゃんと作って売っている老祥記
スゴイと思います
休日の購入する行列も凄まじければ
並んでいる人の購入する数も物凄い
・・・100個以上オーダーする人頻出・・・そんだけの豚まんをどうするのか?
フカフカしていない独特の皮はどうしてるのだろうか?
小龍包に近い感じの皮は独特で異質ながら、美味しいと思う
ただ
餡の肉々しさと強い醤油っぽさがどうも主張強すぎて手放しで好きになれない
・・・あの餡を受け止めるのはフカフカした皮だと思うんだけどね

んー
どっちも美味しいんだけどねぇ
・・・まだみぬ強豪はいてると思われる・・・特に最近できた四ツ橋の巨匠の二階とか

さて
今までに何回も作成を重ねた肉包
最大の課題は皮のイーストの香りの異様な強さ

で、
今回は古きイーストを使い尽くしたので新しく購入して作ってみた

皮を仕込み一次発酵
その間に餡を仕込み馴染ませる
程よく膨らんだ生地で餡を包んで二次発酵
発酵は温度がポイントなので、気を使いながらの進行
はっきり言って面倒です

DSC00094_20110529232157.jpg
・二次発酵終了
生地を捏ねたり餡を練ったりの作業は良いが
生地を切り分けて延ばして餡を包む
やや手先の器用さを要求される作業
拙には出来ません

てな事でいつもながらのフォローに深く感謝

DSC00098_20110529232156.jpg
・肉包
完成系

おー
全然イーストの香りが気にならない
なるほどねぇ

やや発酵力が旺盛でフカフカに過ぎるが
素晴らしい皮の完成です

DSC00100_20110529232156.jpg
・餡はこんな感じ
どうも白い対象がうまく撮影できない拙デジカメ
美味しそうに割ったところを撮影してみたものの違うところに焦点があってますね
そうそうに撮影を切り上げて食する

うん
これは旨いです

これが完成形で世界最強か?と問われれば
まだまだ未熟で稚拙なので完成には程遠い作品でありながら
でも、
これ以上に美味しい豚まんは食べた事ないなぁと思わせる作品
毎度の自画自賛で申し訳ないけど
自分の好きな味わいを自分で作って食べているので
旨かろうて

課題であった皮のイースト香の違和感は解消されたし
包む技術の進歩も素晴らしい

あとは精度ですな
・・・発酵をコントロールするのは本当に難しい

DSC00105.jpg
・DUBL
二次発酵つながりで瓶内二次発酵のスプマンテを
味わい濃い豚まんゆえにロゼを合わせてみました

アリアニコのロゼとのマリアージュは予想以上
苦労の甲斐ある晩餐でした
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。