スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記00 前々夜祭

さて
いきなり旅行記を開始としたかったのですが
そうはならないんですよね、これが
まぁ
旅立ち前からの気分の盛り上がりも旅行記ってことで
・・・決して、旅行前に記事を書ききれなかったのではありません

フランスへ旅立つ若旦那の壮行会を「日出鮓」で

まずはブラインドから
DSC00343.jpg
・Agrapart & Fils Minéral 2004 Extra Brut
Agrapart Mineral Extra Brut 2004
AvizeのRM
Ch 100%

このアイテムはここ半月で開けたのは実に3本目になります
今回も忌憚のない意見を参集した有識者に伺うためにブラインドで飲んでいただきました

シャンパーニュじゃないようだ
カヴァ?
日本のスパークリング?
温度が上がるとブラン・ド・ブランっぽい?
などなど

本当に忌憚のない意見を頂きました・・・ありがとうございます
やはり、シャンパーニュっぽくないですね
若さ故の柑橘っぽい香りだと思っているので
残りは封印して1~2年後に開けてみることとしましょう

DSC00341.jpg
・突き出し
出汁の利いたジュレの中にハモが入った涼しげな初夏の一品

梅肉の酸味がよいです

出汁の旨さ
ハモの旨さは言うまでもありません

DSC00344.jpg
・前菜九種盛り
後列左から 
タコ、タイ、煮ホタテ、
後列左からイカモロミ、蒸アワビ、炙ったタイラギ、
前列左側からハモ、マグロ、トリ貝

壮観ですな

DSC00355_20110628124134.jpg
・サザエの空揚
空揚アイテムのなかでエースストライカーなアイテム
着実に得点を重ねる安定感は流石です

勿論のこと
ゲームメーカーでありながらも二年連続で得点王に輝くような「Le Roi」は
小芋の空揚ですが

赤ワインのための
DSC00368_20110628195708.jpg
・タイのかぶと
大きなタイの頭の旨さは食べるものを沈黙に誘います

そろそろ
DSC00374.jpg
・握り開始

DSC00379.jpg
・グジ
昆布〆
今回の〆具合は強い目で昆布のミネラル感たっぷり

DSC00380.jpg
・シマアジ

DSC00381.jpg
・煮ハマグリ

DSC00382.jpg
・マグロ
赤味のヅケです

DSC00383.jpg
・アナゴ

DSC00384.jpg
・アマエビ
昆布〆

DSC00386.jpg
・ウニ細巻き
ウニの軍艦巻きはもひとつピンとこないのですが
この細巻きは好きです
・・・海苔好きなもので

DSC00387.jpg
・鉄火巻き
鮨をもっと頂きたかったのだが
これで終了

帰国後に堪能しに参るとしよう

さて
ブラインドに引き続きのシャンパーニュは
DSC00358.jpg
・Krug Grande Cuvée Brut
ReimsのRM
P.N
Ch
P.M
品種構成は非公開

DSC00359.jpg
・5本目
旅立ち前に開けるのは新婚旅行に続き2本目です
4年目に入って熟成感が前面に出てきつつある印象ですが
まだまだ、これからの印象です

甘いモカに溶け込んだ細かい泡は既に十二分に美味しいのではありますが

泡三本目は
DSC00354.jpg
・André Jacquart Vintage 1976 Brut
Mesnil sur OgerのRM
Ch 100%

何と!35年を経たシャンパーニュ

素晴らしくコンディションの良いボトルでモカがもれなくきてました
あとはフィノアモティリャードにペドロヒメネスを配置したシェリーとか
温度が上がると物凄く開いて幸せでした

白一本目
DSC00364_20110628141603.jpg
・Condrieu la Doriane E.Guigal
なんとギガルのドリアーヌ

DSC00365_20110628195709.jpg
・1996年

コンドリューはあまり熟成させないイメージもあるのですが
甘いライチや白いバラのニュアンスそのままの
・・・っと熟成香はあまりないか?
実に見事な白ワインなのでした

白二本目
DSC00361.jpg
・Chablis Grand Cru Valmur François
いきなりラヴノーのグランクリュです

DSC00362_20110628141604.jpg
・1994年

長期熟成を要するイメージのあるこの造り手ですが
香りの堅さとは裏腹に
口に含むと意外にトロトロとして美味しく飲める感じでした
が、温度が上がるとシャブリの厳しい感じ・・・ミネラルや酸を膨大に感じ取れて
まだまだ置いといたほうが良さそうではあります

三本目の白は
DSC00360.jpg
・Meursault-Charmes 1989 Comtes Lafon
なんとラフォンのシャルム!
しかも1989です

1990年台に入って随分とワインの造りが変わったように感じるラフォン
このたっぷりとしたムルソーらしいスタイルへの回帰はないのでしょうか?

ラムネっぽいミネラルはムルソーもそう言った土壌である証左なのでしょうか?

赤ワイン一本目
・・・もしかしたらワインの出た順番が違うかもですが
DSC00366_20110628195708.jpg
・Savigny-les-Beaune Jean-Marc Pavelot
あんまり飲んだことの無い造り手です

何がすごいって
DSC00367.jpg
・1976年
サヴィニーのヴィラージュもので35年経たものです


これが薄い液体ながら見事な熟成を遂げているのです
ある人達には、もう堪らない赤ワインでしょう

赤ワイン二本目は
DSC00369.jpg
・Mazis-Chambertine 1992 Joseph Roty
やや強い印象のある造り手ジョセフロティですが
置いとくと綺麗に熟成するもんなんですなぁ

ややもするとケモノっぽいのもシャンベルタンなのかな?
高貴な赤ワインに共通なお茶っぽさも好印象です

赤ワイン三本目は
DSC00370.jpg
・Côte-Rôtie la Turque E.Guigal
Syrah 93%
Viognier 7%

なんとテュルク!

DSC00371.jpg
・1992年
難波高島屋のワイン売り場にあったテイスティングカウンターに足繁く通っていたときに飲んだ中で
なんで、そのときに良さを理解できなかったんだってな3アイテムの一本です
・・・懐かしい

麝香を思わせるマッシヴな色気にやられる女子数名
出汁系の旨味たっぷりです
素晴らしい

赤四本目は
DSC00375.jpg
・Pommard Grands Epeots Michel Gaunoux

DSC00376.jpg
・1976年
これも見事に熟成したポマールです

そして赤五本目
DSC00377.jpg
・Echézeaux 2000 Emmanuel Rouget Magnum
11年を経てもそこはマグノム
まだまだ若いですな

飲み足りない全員の総意で
DSC00389.jpg
・Puligny-Montrachet Domaine Etienne Sauzet
村名ながら旧ラベル

DSC00390.jpg
・1989年
やはりソゼの旧ラベルの存在感は格別です

ノアゼットに綺麗な酸とミネラル
これはブラインドでも・・・いやいや

更に追加
DSC00392.jpg
・Jacquart Millésimé 2002 Brut
ReimsのCM
二本目のシャンパーニュと大分違うなぁ・・・と思っていたのですが
造り手が違いました

ダメ押し
DSC00388.jpg
・A. Bernard Demi Sec
DizyのRM
Ch 60%
P.N 35%
P.M 5%
Dosage 35g/l

〆に甘めのシャンパーニュも面白かろうと思ったのですが
人気の度合いはも一つでした

では、若旦那
Bon voyage
Rendez-vous à l'aéroport
スポンサーサイト

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

A.Jacquart 76 羨まし過ぎです

doniek さん、どうもです

出発前にこんなん飲んでこられたんですね!
Andre Jacquart 1976、羨ましいです
今とはラベルも違いますね

やはり 1992 ブルゴーニュ赤はエレガントなんでしょうか、以前に C.Dugat Charmes-Chambertin を飲んだときも優しさがありました
普段はガチッとしてるのにね
引き続き検証して行きたいです

またよろしゅーに

y_chevereさんコメントおおきに

若旦那を送り出す会なので
拙が参加するのは多少微妙なのですが
参加してよかったと思います

大変盛り上がった会なので
いつもより酔っ払ってワインの感想はも一つ書けてません
・・・アカンがな

1992年のブルゴーニュは検証するには手持ちがあまり残っていませんなぁ
どうやら白の方が赤よりも本数が多いようです
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。