スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記25 R&L Legras

Épernayから5km程東に行くとChouillyです

DSC00655_20110720182857.jpg
・入り口
左側が試飲ルーム

R&L Legrras
10, rue des Partelaines 51530 Chouilly
DSC00656.jpg
・左に見えるのが醸造施設
多分車の止まっているあそこから出荷するんでしょうな
丁度先客が帰って行くところでした

六代目当主が出迎えて案内してくださいました

DSC00657.jpg
・イノックス
ステンレスタンクですね

DSC00658_20110721103439.jpg
・出荷を待つ瓶

DSC00660.jpg
・出荷ライン

DSC00661_20110721103438.jpg
・続々と流れていく瓶

DSC00662_20110721103438.jpg
・キャプシール装着

DSC00663_20110721103437.jpg
・刻印中

DSC00665.jpg
・ラベル貼ってます

DSC00664.jpg
・完成

小規模とはいえネゴシアンですねっと感じました
もっと大きなところは更に自動化されているんでしょうが
やはり、こういった見せ方をするのが大きな企業っぽいと感じるのです

DSC00666_20110721103758.jpg
・ジロパレット
二次発酵後の澱を瓶の口元に溜めるための装置
大きなケージ単位で下のセラーから運んできて稼動させるのだそうな

ここのアルコール発酵期間は一週間ていど
・・・この期間の短さから推測するに自然酵母ではない

MLFはする
・・・酸が強いブラン・ド・ブランだから

DosageはMCRを使用との事でした

DSC00667.jpg
・入り口入った所

試飲開始前に
DSC00668_20110721103757.jpg
・こ、これは

DSC00669.jpg
・Dégorgement à la volée
エエもん見せてもらいました

試飲開始です
DSC00672.jpg
・non-millésimé Brut
Ch 100%

2008年をベースに2007年を10%ブレンド
6~8ヶ月前にデゴルジュしたもの

やや粗い感じの泡が少し気になる
・・・それほどベレッシュの泡はクリーミィだったんだよ

フレッシュでシャープな酸

DSC00670_20110721104758.jpg
・先ほどデゴルジュしたてのこれは

DSC00671.jpg
・Presidence 2002
Ch 100%
樹齢40年以上のブドウ樹からのワイン

トースティです

飲み比べをさせてくれました
・・・エエなぁわかってはる
デゴルジュしたてのものは勿論の事ノンドゼで温度も高めだけどダレナイのよね
柔らかさがシュイィの特徴だと思うのだが
MLF必須なほどに酸は強いようだ

2002年はどこの造り手に聞いても素晴らしい年だと異口同音でした
これもヴォリューム感があるのは2002年だからか?

DSC00678.jpg
・Saint-Vincent 2000
Ch 100%
Dosage 4g/l

良い年しかリリースしないここのトップキュベ
1964年に作り初めて
1969,1971,1973,1976,1981,1983,1988,1990,1996,2000しか作ってないようだ

シュイィの南向きの斜面のブドウを使っているとの事
生産本数はこの2000年が20000本
・・・やはり本数は多いね

若くてイーストの香りすら感じられた
ミネラリぃなリンゴっぽさは置いといたほうが良さそうです

いや、今飲んでも美味しいのだけどもね

DSC00674_20110721104757.jpg
・裏ラベル
聖ヴァンサンはヴィニュロンのガーディアン?と聞くと
・・・守護神みたいな意味で聞いたのだが
パトロンなのだそうな

今、改めて見ると裏ラベルにもそのように書いてありますね

DSC00675.jpg
・一通り試飲完了

しかし
これで終わらなかったのよね
六代目当主と色々とお話していて若旦那の店にここの1990Saint-Vincentがあるってな話をしていたら

これ飲んでみるかい?ってなノリで
DSC00679.jpg
・Saint-Vincent 1996
Ch 100%

まさかの良年1996年登場
・・・当主によると1964年以降で最も良いのが1996年なんだそうですよ

これは2008~2009年頃デゴルジュしたものだそうです

酸がものすごくクッキリしっかりあるのに
香りにカラメルやモカにナッツ系があって
はぁ幸せです

まだまだいっとく?攻撃続く
DSC00680.jpg
・Brut Rosé
non-millésimé BrutをベースにBouzyの赤ワインを15%アッサンブラージュ

Dosage5g/l

ブラン・ド・ブランベースのロゼはジャックセロスを筆頭に好物なのである
シャープな酸にフレーズやフランボワの印象が良いです

それから
DSC00681.jpg
・凝ったミュズレ

DSC00682.jpg
・最新の作品のもの

これも飲んでみるかい?
勿論!
DSC00685.jpg
・Evanescence 2002 Brut Nature
これもさっきみたいにその場でデゴルジュして頂きましたよ

強い酒躯は2002年というビンテージの良さだけではなく
そう言った造りをしているのでしょう
凝縮度を感じるヴォリューム感とミネラリィな感じは
すごいですぜ!
・・・値段もすごい模様です


生産本数5000本のレアアイテムでアメリカとチェコにしか出荷していないらしい

なんと!僥倖ですな

DSC00683.jpg
・一通り試飲を済ませて
あとは好きに飲んでくれって
当主太っ腹過ぎます
・・・つーか酒呑みの心を鷲掴みです

DSC00686_20110721113916.jpg
・Saint Vincent

DSC00688.jpg
・2000年記念ラベル

DSC00689_20110721113915.jpg
・試飲室の一辺はボトルが並ぶ
数多くのミシュラン星付きを含むレストラン用にシャンパーニュを卸しているのが誇りのようでした

当主によると日本でももっと売りたいんだッてな事を仰っていたので
是非あのエヴァネッセンスも引っ張ってきて欲しいもんです

それにしても色々と飲ませて頂きました
おおきに!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。