スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RMとNM

シャンパーニュの文献で御大山本博氏の「シャンパンのすべて」という名著がある
実際に現地に行ってみないと書けないであろう内容は本当に素晴らしい
拙の持っているのは柴田書店版ではなく河出書房新書版
新しくRMを書き足した部分はいかにも付け加えました感が強く誤植も多く画竜点睛を欠くか
で、読んでいるとどうしてもネゴシアンもののシャンパーニュが飲んでみたくなり

DSC03408.jpg

・アペリティフ
カンパリソーダはカンパリ好きにつき大好物
レモンスライスを入れるだけで味わいが微妙に変わる
ならば、必殺のレモンチェッロを隠し味に投入
流石の美味さ

DSC03409.jpg

・鍋
鶏鍋は阿波尾鶏と名古屋コーチンの二種類を食べ比べ
バランス的には穏やかな阿波尾鶏が広く愛されそうですが
ブリブリと締まった身と濃い味の名古屋コーチンが好み
セリがまた良い仕事してくれます

DSC03414.jpg

・RMとNM
勿論ブラインドで試飲

Moet et Chandon Brut Imperial
やはりモエには独特のニュアンスを感じる
以前はピノ・ムニエに由来する香りと勝手に納得していたのだが
最近のピノ・ムニエ100%のシャンパーニュを飲むにつけ違うように思い直した
では、少しクセのあるこれは何だろう?
低い温度から試飲を始めたが温度が上がるにつれドザージュの糖分の多さを感じる
でも、思ってたより美味しい

比較のRMは本当は3品種のブレンドが望ましかったのだが該当するRMが無かったので
Pehu Simonet Brut Selection
赤いリンゴからすりおろしリンゴへの香りの変化
酸味とミネラルの緊迫感
モエと比較するとドザージュの糖分はほんに控えめ
モエがブリュならペウはエクストラブリュぐらいの差を感じる

どうしてもRMを買ってしまう傾向にあるけどNMもやはり素晴らしい
そんな事を再確認した一夜でした
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。