スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記43 R, Renaudin une

シャンパーニュ紀行最後の訪問先はMoussyに向かいます

ここは澱倶楽部部長が何度も訪問されていて
前当主ご夫妻と懇意にされているので行くことが出来ました
・・・感謝です

某データブックの情報によると日本には受注発注の形で入荷しているのみで
日本ではあまり出会う機会がないかもしれません

DSC01117_20110809112639.jpg
・Domaine des Conardins
31 rue de la Liberté 51530 Moussy
H.P
恒例の
DSC01149_20110810103706.jpg
・犬がお出迎え

そして最後の最後で固まる人約一名

案内されたのは畑でも醸造施設でもセラーでもなく
DSC01118.jpg
・キッチン
従業員の食事を作って食べるとことの事で
小さなビストロよりも充実したキッチンでした

DSC01120.jpg
・やおら冷蔵庫から
正にウェルカムシャンパーニュ

前当主のDominique TELLIER-RENAUDIN氏に応対いただきました

DSC01121.jpg
・料理
料理はマダムElisabethのお手製です

DSC01122_20110810110649.jpg
・料理
一口で食べれるものですが
色々あって手が込んでます

DSC01123_20110810110649.jpg
・料理
串に刺されていて
これも簡単に一口で食べれるものですが
本当に手が込んでます

DSC01124.jpg
・フォアグラ
これがシャンパーニュに合うのよねぇ

DSC01126_20110810110648.jpg
・生ハムメロン
といってもメロンが日本で出てくるのと違います

あ~こう言う組み合わせなのね定番の生ハムメロンって

DSC01128.jpg
・さくっと焼かれたパイ
みたいな何か

DSC01129_20110810111423.jpg
・スモークサーモン
シャンパーニュに合うやろなアイテム
鮭の身・・・蒸してあるのかなぁ?
にフレッシュなチーズのソースが秀逸

DSC01131.jpg
・イタリア国旗のような
縦だからハンガリーか?
そんな事はどうでもよろしい

DSC01134.jpg
・グジエール

DSC01137.jpg
・デセール
抜かりなし

DSC01138_20110810113427.jpg
・ビスキュイ
ランスのお土産で日本では何度か頂いたが
現地で食べるのは初めて

DSC01147.jpg
・エスプレッソ
締めまでぬかりなし

DSC01148.jpg
・不思議な文様のカップ
こんなん好きです

いやはや
今回の旅行で食した食事中最高に美味しくて楽しいランチでした!

おおきに!!!!!!!!

って
シャンパーニュも飲んでます

ええ
試飲やなくて本格的に呑んでます
DSC01140.jpg
・ほらね

DSC01141.jpg
・L'Espiegle 1998
Ch 100%
Non Dosage
バリックで醸造
MLFなし

熟成を経て円くなった果実味とそれでも元気な酸が印象的

L'Espiegleはやんちゃてな意味らしいのですが
何かそんな感じです

DSC01142.jpg
・L'Espiegle 2001
Ch 100%
2010年3月デゴルジュマン
少しドザージュ
バリックで醸造
MLFなし

若々しくて柑橘系でしかも酸が強くてソリッドな印象
こちらの方がドザージュしているのにね

DSC01145.jpg
・Brut Réserve Spéciale Blanc de Blancs 1996
Ch 100%

DSC01146.jpg
・スペシャルなボトル
2000年記念なんだそうで
漢数字以外に読めないけどハングル語とアラビア語で2000と書かれていた

香ばしくて落ち着いた味わい

DSC01143.jpg
・Blanc de Blancs 2002
Ch 100%
少しドザージュ

柑橘系のフレッシュさに強めの酸がいっそのこと心地よい若々しさ
しかしこの良年の凄さはミネラル感と果実の充実感で別次元
美味しい

DSC01144.jpg
・Réserve 2004 Demi-Sec
こんなんも造ってはるんですねぇ
ドゥミセックだがそんなに甘く感じなかった
ビスキュイに合わせて

そして
二種類のコルク
DSC01132_20110810111422.jpg
・コルク
左が一般的なシャンパーニュのコルクで
右は最近見かける事が多い合成コルク

DSC01133_20110810111422.jpg
・Mytik
7年前から導入して全体の30%がMytikと呼んでいた合成コルク
この合成コルクは所謂コルク臭と呼ばれるものに対して開発されたものとのことです

なんですと!
・・・すいません、安い合成コルクだと思っていました

反省しつつ続く
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。