スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記 慰労会?それとも反省会?

長々と旅行記にお付き合い頂きありがとうございました

さて
6月末に帰国してから既に二ヶ月が過ぎ去っておりまして
その間にも色々と記事にする事もあるのですが
旅行記の締めくくりに最近に開催された会合の事で今回の旅行を締めくくりたいと思います

そもそもの発端は第一ドライバーの澱部長を労わんとね・・・なんて話を旅行前にしていたのですが
実際の旅行での第一ドライバーは一変してJ.S.Kさんとなりました
さらに今回の旅で大きく活躍された通訳チームの方々も労わねばってな話になって
じゃスケジュール調整して集まりましょう
てな気の早い話がランスでまとまって
そして
帰国後ほぼ二ヶ月ぶりに集結しました「équipe若旦那」

勿論場所は日出鮓です

DSC01581_20110821145702.jpg
・樽生ビール
先に到着して他のメンバーを待つ
DSC01583_20110821145702.jpg
・突き出し
暑いこの季節だからこその暖かい汁物

この厚揚げは豆腐の味わいがしっかりした結構好きなタイプです
トロトロの湯葉が美味しい

DSC01584.jpg
・五種盛り
ケンサキイカの金山寺味噌和え
タイラギ炙ったの
蒸アワビ
煮ホタテ
タコ

蒸アワビが肉厚なのですが特筆すべきはその色合
クリーム色に仕上がっているアワビは素晴らしいです
どうやら作り方を更に改良されたようです

DSC01585_20110821145701.jpg
・揚げ盛り
必殺の小芋空揚げと甘鯛の唐揚げ

ウロコが美味しい甘鯛を揚げれば、そら旨かろうて
パリパリと香ばしいウロコたまりません

あ、小芋の空揚に関しては今更ながらですね

DSC01586.jpg
・鱧寿司
炙りたててで、まだ温かさの残るハモ
この量がちょっぴりさ加減がまた良いですね

ええ
フルスケールで一本食べてみたいと言う素直な欲望を抑制する理性が心地よいのです

さて
六名でカウンターに占位していたのですが、遅れて来られたグループを見て驚きました
何と!銀閣寺の星和食屋の大将一家のご来店です
・・・物凄く緊張していたのは拙だけでした

そんなこんなで
DSC01587_20110821145700.jpg
・握り開始です

DSC01588_20110822001428.jpg
・ケンサキイカ

DSC01589_20110822001427.jpg
・カレイ
昆布〆

DSC01590.jpg
・シマアジ

DSC01591.jpg
・アマエビ
昆布〆

DSC01592.jpg
・マグロ
赤味のヅケ

DSC01595.jpg
・コハダ
一日目の〆
フレッシュさは素晴らしいが
拙の好みは三日目かな?やはり

DSC01596.jpg
・サバ

DSC01597.jpg
・ウニ
小浜産のウニで珍しいものだとか
確かに瀬戸内のウニに似た磯っぽさを持ちながらも甘みにおいて勝る感じです

DSC01598.jpg
・アナゴ

DSC01599.jpg
・玉子

DSC01600.jpg
・シマアジ
スモーク

DSC01601.jpg
・干瓢巻き

DSC01602.jpg
・ワサビのみ
某大将は酢飯に大層な興味を示されていて
このような食べ方をされていました

それを見ていての猿真似です

それにしても、酢飯の米に対する表現力には恐れ入りました

慰労会って誰が誰をどの様に労いたかったのか?
・・・兎に角皆様お疲れ様!


まずはシャンパーニュでしょ!
DSC01608_20110822005735.jpg
・Lanson 1990
ReimsのNM
P.NとCh
この年の比率は不明ながら通常だと53%P.Nで47%がCh

少し熟成の過ぎたドライなオロロソっぽいニュアンス
泡もまだまだしっかりしているので
コンディションは悪くないが飲み頃は過ぎてしまっているようだ
しかし、こう言う味わいも悪くはない

DSC01607.jpg
・Pommery 1990
ReimsのNM
P.NとCh
この年の比率は不明ながら通常だとP.NとChが50%ずつの比率

モカっぽさを感じる綺麗に熟成したシャンパーニュ
熟成の頂点であるかは飲む人の好みによるが
まんまYMDゾーンきてます

DSC01606.jpg
・Charles Heidsieck 1990
ReimsのNM

ハイドシュックてな如何にもドイツ系な名前もフランス語では頭のHは発音しないのでエイドシック
同じエイドシックの分家でももう一方のPiperが日本で有名なのだが
拙的にはこっちのシャルル=エイドシックの方が好みなのである

これはボトルコンディションが素晴らしくて
その分、物凄くフレッシュで実に美味しいのだが
やや線の細い繊細さを感じました

DSC01605.jpg
・Louis Roederer 1990
ReimsのNM
P.NとCh
この年の比率は不明ながら通常だと60~70%P.N

順番が推し量ったかのようにピタリ
流石の若旦那

ハチミツっぽい熟成の後にモカが来そうで仄かに香る
これは、まだ開けるのを待てば、かなりすごいシャンパーニュになったのではないだろうか

1990の大手ネゴシアンを4種類飲み比べたのだが
今飲んで素晴らしいのはポメリーだと思う
ランソンは少し過ぎた感じで
シャルルエイドシックは若すぎ
ルイロデレールはもっと置いておきたい
そんな感じです

個人的に1990年は好きなミレジメ
流石に21年経過しているのでそろそろ飲んでしまわねばいけないのでは・・・などと思っていましたが、
この幅のある味わいは飲み頃を考えるのには難しい結果となりました

お次は
白ワイン
DSC01593.jpg
・Chablis Premier Cru Vaillons Raveneau
シャブリはブルゴーニュでも北の外れヨンヌ県の生産地域
直ぐ東にはシャンパーニュを醸すオーブ県があります

有名な話で今更ながらですがキンメリジャンと呼ばれる石灰質の土壌が特徴です

その名はジュラ紀後期の細分化された時期の名前にして
イングランドのドーセット州の小さなキンメリッジ村が名前の由来です
・・・丁度ジュラ紀がフランスのジュラに由来するのと同じ

っと
そんな話は置いといて

シャブリでも屈指の造り手ラヴノー
そのワインの造りは本領を発揮するのに待たねばならぬと聞き及びます

DSC01594.jpg
・1989
トロトロとした何とも蠱惑な舌触り
ノアゼットにフルーツを忍ばせて仄かにバターの利いた焼き菓子の如く甘く美しい液体
しかしミネラルと酸の堅牢な構造はまだまだしっかりしている

なるほど
これはすごい
置いとかなアカンって噂は本当ですね
今飲んでも素晴らしいのですが、まだまだ置いておけそうです

お次は澱部長からのブラインド

甘くこなれた赤ワイン
土っぽさもあるのですがシガーっぽさもある
酸もそんなに強くはないけどしっかりとあります
んー
この甘さにシガーっぽさはスペインのテンプラニーリョかな?
傍らのボルドーのグラーヴってのもアリだと思いながらも
初志貫徹

スペインのテンプラニーリョ・・・多分リオハで1990年前半あたり
DSC01603.jpg
・マグナム!

って
DSC01604.jpg
・Unico 1987
これまた連続で物凄いアイテム

えー!
ウニコのマグナム
しかも1987ですかい!

うーん、ブラインドの成績としてはかなりエエとこ行ってたかも

そんな事どーでも良いぐらい旨いのです

しかし
この絵付きのラベルも初めて見ます

DSC01609_20110822005734.jpg
・Joseph Perrier 1973 Magnum
Chalons-en-ChampagneのNM

ボトルの肩のBrutの記述とメインラベルのExtra Brutの記述が少し気になるのですが
この時代にExtra Brutを造っていたのならば
かなりすごいと思います

マグノム効果で若々しいのプラス若旦那ボトル効果で
とても良いコンディションでした
流石に熟成している感じはあるのですが
38年経っているとは思えないです
Extra Brutにしては甘さを感じたのですが果実味が残っていたからなのかなぁ?

素晴らしく楽しい会でした
また是非にでも集まりましょう
おおきに!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Unico 凄かったですね

doniek さん、毎度です

Raveneau は熟成領域に入って来てましたね
何年か後に再度検証しましょう

澱部長からのブラインド、Unico とはびっくりでしたが、MGなんて見たこともなかったですわ
グラーヴかな、とも思いましたが、あの酸の感じは違うのかな・・・

90年メゾンシリーズも、73ペリエ・ジュエも、状態良くて楽しめました

また集まりましょう!

y_chevereさんコメントおおきに

ラヴノーはまだ若いのでしょうが
今飲むのが好みかなぁ

UNICOは黒糖っぽい甘さを感じたのでスペインのテンプラニーリョかガルナッチャと思ったのです
グラーブと言われても違和感はないシガーっぽさでした
ちなみに翌日の方が評判は良かったです

又、よろしゅーに
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。