スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七周年 第七夜

七日続いた七周年の楽日
八条ダイナーでアペリティフにアルトビアを頂き
松ヶ崎へ

飲んだものからご紹介
先ずはブラインドで皆さんに飲んでいただく
勿論のことたまたま居合わせたw氏にマダムmと初めてお会いしたh氏とマドモアゼルにもお付き合い頂いて
・・・初めてお会いした方にブラインドなんて申し訳ないですね

ここでマダムmが造り手をピタリと当てる
すごいです!
しかし、まさかこれがあれだとは思われなかったようです
・・・なんのこっちゃ

フレッシュな酸味と青リンゴ系の綺麗なBdeB
ドザージュはこの造り手のアイテムの中では一番多いのだが
以前のものと比べると少なくなってきている

ドザージュの少ないシャンパーニュが増えてきているし
飲みなれたシャンパーニュ好きから求められてもいる
でも
この程度のドザージュの方がここの寿司には合うのではないかと思ったのと
有識者の感想を聞きたかったのでブラインドでお試し頂いた

さて、それは
DSC02463_20111018101853.jpg
・7Crus Agrapart & Fils
AvizeのRM
Ch 100%
Dosage 7g/l

新しいラベルです

DSC02462_20111018101853.jpg
・丁寧になった裏ラベル
デゴルジュマンの日付も入れて欲しい

二本目のシャンパーニュは見たことない奴をセレクト
DSC02487_20111018111707.jpg
・Yves Ruffin
Avenay Val d'OrのRM
P.N 75%
Ch 25%
Dosage Brut

アヴネィ・ヴァル・ドールはAyの東北でMareuil-sur-Ayのほぼ北側のプルミエクリュの村

DSC02488_20111018111707.jpg
・裏ラベル
どうやらエコセールで自然派のシャンパーニュでしたが
それっぽくない赤いリンゴ系の落ち着いたシャンパーニュでした

三本目はピノムニエと2002年てことで
DSC02485_20111018111708.jpg
・la Vigne d'Or 2002 Tarlant
OeuillyのRM
P.M100%
Dosage Extra Brut

DSC02486.jpg
・裏ラベル
Blan de Meuniersって面白い記述ですね

そして
チームWからのお返し
写真なし
・Chambolle-Musigny 1980 George Roumier Magnum
またもやえーんですかいなアイテム
おおきにです
現当主クリストフ氏の父ジャン・マリー氏が手がけている時代のもの
ヌワラエリヤのようなニュアンスのある熟成感
干した赤いベリー溶け込む酸とミネラル
突出した要素はないけど美味しいワインです


そして、最後にチームWGからブラインド

発泡はなし
ヴァニラにしっかりした酸と明白なミネラルの存在
仄かにヨーグルトっぽさ
全体的に硬い印象

シャルドネやんね?
シャブリで樽を使った感じかな?
でも、出題者の好みからすると?グラスもチューリップだし?・・・いかん邪念は捨てて第一印象で
DSC02479.jpg
・Coteaux Champenois Blanc 2006 Henri Giraud
AyのNM

なるほどねぇ
これは白ワインで十分通用する凄いコトーシャンプノワだ
これは、ここのシャンパーニュを飲まねばなるまい

っと!
この日のメインは
DSC02491_20111018113958.jpg
・Montrachet 1987 Domaine Ramonet Magnum
オイリーではなくシルキーなテクスチュア

ピュリニーのワインを思わせるノアゼット香
そしてクレームブリュレもきてます

もっと要素が強く酸やミネラルが主張しているものかと想像していたのですが
表に出てこない酸とミネラル
ほんわかとした甘さ

余韻が長い

はぁ


料理は
DSC02458.jpg
・突き出し
厚揚げ好き

DSC02459_20111018101854.jpg
・五種盛り
タイラギ炙ったの
煮ホタテ
蒸アワビ
イカの金山寺味噌和え
マグロ炙ったの

DSC02460.jpg
・カマとハモの炙ったのと枝豆
一瞬ビールを欲する気持ちを制御

DSC02464_20111018101853.jpg
・グジと小芋の空揚
ウロコが美味しい甘鯛と
最強のエビイモヴァージョンの空揚のツートップ

DSC02465_20111018104226.jpg
・フラン
和な器に入っているので茶碗蒸しにも見えますが
バターの利いた濃厚なフラン

本日のマグノム白目掛けてのスペシャリテ
美味しいです

DSC02466_20111018104226.jpg
・握り開始

DSC02469_20111018104226.jpg
・ケンサキイカ

DSC02470_20111018104226.jpg
・シマアジ

ペースが早い?
DSC02471.jpg
・アマエビ
昆布〆エビミソイン

DSC02472_20111018104225.jpg
・マグロ
赤味のヅケ

DSC02473_20111018104613.jpg
・カスゴ

DSC02474.jpg
・イクラ
自家製です

DSC02475.jpg
・ウニ
淡路のウニ

DSC02476.jpg
・ビール追加
何でこのタイミング?
・・・酔っ払ったか

DSC02477.jpg
・アナゴ
あり?終わりか

DSC02478_20111018104611.jpg
・クルマエビ
一口には収まりきれないほどのデカさ
齧り付く醍醐味

DSC02480_20111018105216.jpg
・干瓢巻き

DSC02481_20111018105216.jpg
・玉子

DSC02482_20111018105215.jpg
・カイワレ
昆布〆
久しぶりに頂くが締めとしてさっぱり美味しい

エクストラステージ突入
DSC02483_20111018105215.jpg
・アジ

DSC02484_20111018105215.jpg
・コハダ
外せないのよ

DSC02489_20111018111707.jpg
・漬物

DSC02490_20111018111707.jpg
・コハダ
リピート
・・・このオーダーは既にかなり酔ってますな

ラモネのモンラシェ
凄かったです
おおきに!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ラモネ。

おはようございます。
やはり、ラモネのモンは凄かったですね。
余韻の長さは凄かったです。
次回は(ラモネはでませんよ)10周年記念で

板前。さんおおきにでした!

ラモネの持っている畑のイメージで
シャサーニュっぽいのかと思ったのですが見事にピュリニーでした
気になったので畑の位置を調べてみたのですがピュリニー側ですね
モンラシェは経験が浅いのですが
シャサーニュ側とピュリニー側で味わいは異なるのでしょうか?

次回のモンラシェはドメーヌルフレーブですか?
・・・って、それはないか
十周年が楽しみですね

No title

第6夜、第7夜と御馳走になり有難うございました。
ラモネはピュリニーらしいといえばそうですし、モンラッシェといえばそうだな~という印象でしたね。
10周年でも御一緒できるよう精進したします。

woodyさんコメントおおきにです

シャサーニュとピュリニーの両方に属しているモンラシェのそれぞれ特色があるのか
ちょっと興味を持ったのです

モンラシェとなると飲む機会も経験もないので
どなたかご指南いただけないかなぁ~と

っと戯言でした
こちらこそ連夜にご馳走に預かりましてありがとうございました
十周年もよろしゅーに

遅コメスマヌ…

アンリジローのコトーシャンプノワ、私もはじめて飲んだ時はシャブリっぽく感じました。
にしても、何故アイでシャルドネのステイルワインなんでしょうか?
造り手が何らかのこだわり持ってるんでしょうね。
うちに2007もあるので今度のんでみまっす♪

ラブワインさんコメントおおきに

どうか昔の記事とか気になさらずにコメントください

何故コトーシャンプノワのルージュを造らないのかは不明ですが
・・・ここのロゼはアイの赤ワインをアサンブラージュしているので、そのままリリースすればよいので
ブランを造るのは拙は斯様に考えます

石灰質な南向き斜面でその南をマルヌ川がある
・・・マルヌ川はそんなに大きな川ではないし川岸にブドウ畑のあるドイツのモーゼルとかと印象は違うのですが
そんな恵まれたテロワール=グランクリュのシャルドネ
アイのピノ・ノアールの名声に隠れたシャルドネの素晴らしさを表現したいのではないでしょうか?

ちなみに飲んだことないのですがここのトップキュベの「Fut de Chene」にBdeBが存在します
1990年に初めて造られてその後は2002年まで造られなかったそうです
1990年の次は2002年ってのが余程のキュベではないかと想像してしまいます
飲んでみたいです
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。