スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guy Thibaut Brut Grand Cru

この日は日清焼そばUFOな寂しい晩御飯
あの香ばしさの元と推測されるソースに含まれるオイル成分
生来の貧乏性で一生懸命に箸で搾り出すのだが箸についた香りが取れない

そんな一日の締めくくり
ダーリンのお土産に開けたのはこちら

DSC02693.jpg
・Guy Thibaut Brut Grand Cru Verzenay
VerzenayのRM
P.N 80%
Ch 20%

やや灰色っぽさを感じる少し濃い目の淡黄色
中程度の泡の細かさで勢いあり
少し刺激的な香りが最初にあるやや赤く熟した甘いリンゴのニュアンス
期待よりも円やかな酸と少しの甘さと余韻に苦味

コルクがMytikに変更されているところを見ると比較的新しいロットなのかな?
BouzyやAmbonnayにはない酸の魅力
相変わらず綺麗なピノ・ノアール

ここの自社畑は特級のヴェルズネィ100%と大変に恵まれた造り手
ながらもマイナーなイメージが付きまとう
これとReserveとDemi SecとRoseとPinot Noir100%とBrut Natureのシンプルな構成と
・・・持ち畑がヴェルズネィのみだからこれ以上のプレスティージは造り難いだろうし
・・・あとは単一リューディぐらい?
現行日本で手に入るアイテムのバラバラなラベルたち
・・・H.Pを見ると統一されたみたいだが
このスタンダードなキュベのオーソドックスすぎるラベル

まぁ変に人気が出て入手困難になったり価格が急騰したりすると
ピノ・ノアール系拙宅ハウスシャンパーニュとしては困るのだけど
でも、もっと知られて良いと思うんだけどなぁ
お土産
DSC02691_20111212134502.jpg
・パッケージ
凝ってますね
何か高そうだ

DSC02692.jpg
・中身
色々と入っていて楽しい
内容からすると清酒やったかな?

こ、この上品な味付けは

んー
濃い味が好きなので薄味では酒がすすまないのであった

いや、良さは分かる
・・・つもり
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。