スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走初っ端

イヴェントが多い十二月
最初の方はユルユルと家で飲んでました
<生ハムにカキ>

カキと言っても
DSC03287_20120118143857.jpg
・こっちのカキ
生ハムにあわせるのはメロンが定番みたいだが
もともとメロンが好きではないってのがあって
尚且つ
あの強い甘さが生ハムの塩ッ気にも甘すぎると思うのであまり好きではない


イチジクあたりが良いと思っていて
・・・最上なのは生の白桃から作るベリーニが合うと思う
カキを合わせてみた

カキもかなり甘いので、もひとつな感じ
・・・ちなみにカキもそない好きな方ではない・・・素材の好みがでてるだけ?

DSC03291_20120118143856.jpg
・プッタネスカっぽいパスタ
唐辛子とベーコンを追加してます

この日のワインも写真が無い
・・・いかんなぁ

泡から

・Cuvee de Reserve Pierre Peters
Mesnil-sur-OgerのRM
Ch 100%
Doasge 6~7g/l

やや薄い緑のある淡黄色
泡は細かめ

やや還元っぽいこもった感じに柑橘系の香りと仄かに青いリンゴ

強い酸味は好印象ながら要素少なし

到着直後だから?なんか閉じこもった印象

到着早々だったが飲んでみたかったアイテム
・・・で、良くわかんないので検証するのに方々で開けて昨日の記事にある最後のボトルに至る

パスタには
・Capsula Viola 2010 Antinori
ToscanaのI.G.T
夏向けのアイテムである軽い白ワインであるが
これを冬に開けているのは何だかねぇ
2011年度はパスタをあまり作らなかったのだろうかね?

なんにせよパスタに合わせるには絶好のワイン
あとはもう少し安ければエエのになぁ

<このアイテムが何故に生なの?>
まぁ新製品は飲んでみないと気がすまないので

DSC03293_20120118143856.jpg
・初号アサヒビール復刻版

キリンビールが良く造る復刻版のビールですが
こちらはアサヒビールの商品

ビールの味うんぬんよりも先ず最初のツッコミどころ

なんで生ビールなのだろうか?

この時代に生ビールはなかったよね?
・・・細かいとことを穿り返せば缶ビールも存在していなかったんだが

しかし
缶と瓶との味わいの差なんかと違う次元で
生ビールと加熱殺菌処理をしたビールとでは違うと思うんですが

ま、エエか
しっかりした麦芽の味がするビールでした

料理は
DSC03294_20120118143855.jpg
・豆苗とザーサイの炒め物

DSC03296_20120118143855.jpg
・肉包
久しぶりに作った

ノーマルとカレーヴァージョン

ほぼ完成形で
・・・完成形といいながらも冬季の室温で皮の発酵にしくじっている感じもありますが

今回の眼目は冷凍保存でどうなるのか
それは後日に検証した

で冷凍つながり
DSC03299.jpg
・冷凍のたこ焼き
円く成形されていない出来損ないみたいな形状
そんなんだったので全く期待できない見てくれだったが
結構美味しい

ソースがいらないあたりがエエ感じ

<カキフライ>
カキは生食に限る
確かに殻から大振りのカキを食べる醍醐味はある

けど
そんなん普通のスーパーマーケットで売ってませんぜ

パックに入った生食用のカキは味が抜けたような感じがしてもひとつ美味しいと思ったことが無い

そこで
DSC03301.jpg
・カキフライ
揚げ物はそんなに手間がかからないのだが
フライは何だか面倒に感じる

タルタルソースも一から作成するので
手間かかる感じも一塩

だけど美味しいからええか

小振りな奴を選抜して第一陣

DSC03303.jpg
・カキフライ
生よりもカキフライの方が好きかも

タルタルソースも自作した甲斐ある出来映え

飲んだもの
DSC03305.jpg
・Camille Bonville Selection Olivier Bonville
AvizeのNM
Ch 100%
Dosage Brut

フライとはいえカキなのでBdeBで爽やかなこれを
C.Pの良い感じちょいとドザージュは多いのかな?
まぁ向き合って単体で飲み続けるのでなく、料理と共にならばエエ感じです

でも
カキには黒ビールが合うと思っている

ギネスが最良だったのだが
最近どうも妙に軽い味わいに感じてしまうので家にあった黒ビールを全て投入
・・・といっても二種類

ベアレンのシュヴァルツが素晴らしいのはともかく
サントリープレミアモルツ黒も中々に負けていないと思った

<焼鳥屋化している?>
DSC03308.jpg
・皮
今回は少し焼き過ぎかな?
難しい

DSC03309.jpg
・豆腐
ザーサイと白ネギとラー油で中華風な感じ

DSC03311.jpg
・手羽中
塩で
少し火が弱かったか?
こんがりとして旨いが

DSC03312.jpg
・手羽中
今度は火が強すぎたか?
難しい

必殺の自家焙煎カレー粉で

たまらん!

さらに
DSC03313.jpg
・手羽中
タレで
・・・即興で作るタレは二度と出来ない一期一会なタレ
今回は蕎麦の辛汁のベースに寝かしてあるかえしが炸裂!

どうにも焼き難いので
今度はダーリングに串を打ってもらおう

<味噌煮込みうどん>
DSC03317.jpg
・味噌煮込みうどん
濃い味好きなので
結構好き

<作り過ぎたタルタルソース>

日持ちがしないので、惣菜のフライを買ってきて食べきる事に

ビールは
DSC03318.jpg
・ベアレン醸造所
定番のアルトビアにアップルラガーは季節限定アイテム

醸造過程でリンゴ果汁を使用したビール
ほんまにリンゴっぽさがあるんですよ

DSC03320.jpg
・カニサラダ
某高倉六角の割烹の作品には及びもつかないが
思ったよりもまとまった味わい


このカニにアップルラガーが妙に合う
・・・何でカニ?

DSC03322.jpg
・タルタルソース
自作と付属品を比較

付属品にしては嫌な甘さのないタルタルソース
だが
拙自作の方が美味しい

DSC03323.jpg
・カキフライ
スーパーマーケットの惣菜とフライ専門店の持ち帰りを比べることが間違っているかな?
見た感じで大きさからして違います

値段を考えるとスーパーマーケットの惣菜フライは健闘しているかね?

DSC03324.jpg
・エビフライ
カキフライに同じく

エビのほうが格段に違いがあったが値段の差も格別であった

DSC03325.jpg
・サーモンとうずら卵
サーモンのフライはかなりタルタルソースにあう

うずら卵のフライは好きだ
勿論の事醤油を垂らしていただく

フライで最強はなんだろうね?
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

おいしそうなたくさんの料理とシャンパーニュが気になっています。
AvizeのAgrapartとAyのDauby。
まだ、どちらも飲んだことがないんです。
おいしそうですね。

juniperさんコメントおおきにありがとう

アグラパールは最近良く見かけますので是非!
ドビは中々見かけませんが探してでも試す価値アリだと思います
是非!
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。