スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vom Buntsandstein 2009 Oekonomierat Rebholz

今年と昨年を往ったり来たりで申し訳ない
っと
十二月半ばのお話です

<ドイツワイン>
ドイツな親分との邂逅から一月あまりが過ぎた或る日
近所のマルマン酒店で発見した

DSC03371_20120124134110.jpg
・Vom Buntsandstein Riesling Kabinett Trocken 2009 Oekonomierat Rebholz
まさに千載一遇です

ドイツワインはラベルが読み取り難いらしいので
少し解説してみようかと思う
・・・できるかなぁ?
Pfalzはドイツでは十三箇所ある上級ワインの生産地域名
ファルツはフランスとの国境沿いに北へ流れていたライン河がドイツ国内に入ってくるあたりからライン河の西に開けるところで
丁度ライン河の西にあるフランスのアルザス地方からつながる様な感じの場所

Rieslingは葡萄品種です

Kabinett
もともとは各生産者が特別に収蔵していたワインにつけた名前「Cabinet」に由来する言葉で
凄くとっておきの場所に収蔵していたってな意味が
1971年のワイン法でQ.m.P.(肩書き付き上級ワイン)の肩書きとされたもの
・・・ややこしいね?すまん、書き始めると色々と説明せなアカン事が気になって、でも簡潔にすると・・・なんか無理

Q.m.P.
Q.b.A.
Landwein
Tafelwein
の階層構造の最上位のカテゴリーの一つだと思ってください

Trockenは辛口って意味で英語のDryに相当します
TrockenbeerenausleseってなQ.m.P.のカテゴリーがあるのですが
・・・きたよQ.m.P.避けて通れないか?
Trocken
Beeren
Auslese
をくっつけてしまうドイツな書き方なのですが、こちらのTrockenは同じ言葉でも「乾いた」ってな意味
・・・Dryもそうよね?
乾いた粒を選んでワインにしましたって感じの意味で貴腐ワインなのです
で、物凄く甘いのですT.B.A
このあたりが分かり難いと思ったのかどうだか
法改正でQ.m.P.に新設された辛口のカテゴリーSelectionとClassicの二つが追加されたのはもう昔の話になるのかなぁ?
・・・この辺りは随分と離れた感じで見てました、あぁ余計に分かり難いのになぁと

Oekonomierat Rebholzは造り手です

Vom BuntsandsteinはVom Bunt Sand Steinのことで
・・・名詞をくっつけるのがドイツ語なのですよ
英語ではfrom colorful sand stoneとなります
ここの畑の特徴である雑色砂岩のことです

うーんもひとつ説明になってへんなぁ

でも詳細憶える必要はないでしょう
「レープホルツの雑色砂岩のカビネットのトロッケンをくださいな」てなオーダーどこでするの?

さて
クリアで輝きの或る淡黄色、緑色っぽいニュアンスがある

少しペトロールっぽい揮発性の香りから
おっ!控えめながら白桃きました・・・よね?なんとも控えめながら

微発泡で酸もあるけど要素は控えめ

良く出来たカビネットの辛口だと思うけど
あれを飲んじゃうと
・・・いかにも戦力不足ね・・・はぁ

物足りないのでアモンティリャードを飲み比べたりしたみたい

DSC03372_20120124143901.jpg
・コルク
特筆するほどには長くはないけど
それはそれは端整なコルク

昔々、DWML京都支部で話題になったTRの刻印
コルクメーカーだと思われるのだが、やる気の或るワインは軒並みこのTRがはいっていました
・・・で、ついた渾名が「とってもリッチ」・・・懐かしい

<炒麺>
DSC03344.jpg
・塩

DSC03345_20120124143859.jpg
・醤油

どっちも好み

<秋鹿>
清酒な日
DSC03351.jpg
・水菜とおあげ炊いたん

DSC03352.jpg
・薄揚げ焼いたん
薄揚げ好きだなぁ

DSC03355_20120124144744.jpg
・純米吟醸にごり生酒 秋鹿
好きな造り手
好みからするとやや綺麗すぎる感じもあるのだが

ところが
これはがっしりとした酒躯で旨かった

清酒なんてものにあまりヴィンテージの概念はないけれども
毎年醸されるのはワインと同じ事
そら年ごとに味わいも違うよね?・・・きっと

<肉豆腐>
DSC03363.jpg
・肉豆腐
あまり食べなれない食べ物
つーかどう見てもすき焼きやん

手間がかかるわりに普通な味わい
・・・ダーリング調べ

<宇都宮餃子>
DSC03365_20120124144743.jpg
・空揚
ビールのお供に購入

DSC03366.jpg
・ホウレン草ゴマまみれ

DSC03370_20120124145912.jpg
・春巻き
拙にとってはこの玉子の皮で巻かれたものが春巻き

DSC03368_20120124145913.jpg
・宇都宮餃子
京都伊勢丹に来ていたもの

もっちりした皮が面白い
餡はも二つぐらいですが
結構美味しいのです

やるな宇都宮!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おっ、レープホルツ

これ、輸入されてたんですね。マルマン酒店さん恐るべし。
でも感想を拝見する限り、2009年のカビネットはもうちょっとしんどい時期みたいですねぇ。
去年の今頃はまだ結構美味しかったんですけど
元来が贅肉削ぎ落としたような味筋ですんでせいぜい1年ってとこでしょうか。
この上の「S」というキュヴェなら今飲み頃だという情報があります。
って言うか、飲むなら2010年ですよね。
まだ連絡ないけどそのうち着くと思いますんでそっち飲んでみて下さい。

秋鹿に宇都宮餃子、美味そうッス。
それにとってもリッチマーク...懐かしいッス。

エコノミラート・レプホルツ醸造所~☆

ワインの説明は、書き出すと大変ですね
お疲れさまです^^ よい説明書きでわかりやすいです。

このワインの輸入元さんは、アンフィニーさんかな?

私は、このカビネット・トロッケンのビンテージ2006を
2年以内に飲んだ時より・・・・
3年半ぐらい経過してからの方が好みだったけどなぁ~☆

緑家親分コメントおおきにありがとう

偶然に見かけたのですが良い機会だと思って購入しました
JR城陽駅前に何気に或る酒屋なのですが
かなりの勢いでやってくれます「マルマン酒店」

GGなどと比べるべきものではないと思うのですが
あまりにも感じ取れる要素が少ないのはクラスの違いと言うよりは
親分の提唱する「来た時既に谷間理論」なんかなぁと思ったりしました

雑色砂岩を感じ取るには習練が必要だと思うので励んでみます

宇都宮餃子は焼餃子にきびしいダーリングも感心してましたので、見かけたら試してみてください

テンカワさんコメントおおきにありがとう

ドイツワインを一緒に飲んでいて
「ドイツワインのラベルは分かり難い」と聞いたので
ちょいと細かく説明を書いてみました

ご明察です
インポーターはアンフィニーです
流石ですね

沢山ドイツワインをお持ちのご様子ですね
拙宅にあるものは大分古いのが多いので
少し状態が心配なので
早々に開けて飲んでしまわなければと思う反面一本しか持っていないので
結局
飲むタイミングを逸する感じになっています
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。