スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月にかに三昧の会

別に人気があるから避けているわけではない

ただ食べるのがかなり面倒
・・・元々の貧乏性ゆえに身を穿り返しまくらないと気がすまない、エスカレートしてよく手を切ったりする
それに
同じ冬にふぐというあまりにも強力無比な食材がある
さらに
何か日本海側まで出張って食べないといけないイメージがあったり
そんなこんなで
カニを食べた経験値は少ない

でも
ココがかに三昧をされるってのなら行かねばなのです

第二回ヴァイツェンフェストに備えての買出しをかねて
ドイツパンなどを買出しの~
で時間が読みきれず
またも一番乗り

DSC04141.jpg
・樽生ビール
丸太町通りを右往左往しての買い物で寒い中に火照った身体をクールダウン

会が始まるのを暫し待つ

そして
DSC04145.jpg
・先付
蒸しかに身とおこげの生姜あんかけ あさつき

いつもはエビなのですが
カニの方が何か合う気がするのは中華料理のイメージがあるからかなぁ
このカニが既に只ならぬ旨い

最初はシャンパーニュ
DSC04142.jpg
・Blanc de Blancs Lahrte Freres
ChavotのNM
Ch 100%
Non Dosage
Degorge 2010/7

DSC04143_20120215133838.jpg
・裏ラベル
樽での発酵熟成にリザーブワインは40%でMLFは部分的に実施しているとの事

ミネラル感と酸の強さに仄かに樽の要素
厳しい味わいのシャンパーニュであるし一般受けはしないでしょうなぁ

柑橘っぽさこそないものの
まだ開けるのは早い気もするが
この厳しさってのも好きなのです

リンゴっぽいシャンパーニュってダーリングのリクエスト
何とかクリアできたかな?

DSC04144_20120215133838.jpg
・ミュズレ
ここのコルクはMytikである

お次は
DSC04146.jpg
・富士酢 飯尾醸造
えーっと酢を飲んだわけではありません

この会が開かれるきっかけとなった酢
米から丁寧に造られているとの事で一度購入してみようかねぇ

DSC04147.jpg
・八寸
かに身しんじょう
うにとかに身のゼリー寄せ
かに味噌玉子豆腐
かに身とラディッシュのサラダ 黒酢マヨネーズ とんぶり
かに身とほうれん草のごま和え

富士黒酢の自家製マヨネーズも凄いが
ほうれん草との組み合わせが驚異的に旨い
こんな組み合わせはどっから思いつくのだろうか?
・・・今回のこれは夢見じゃないよね?

ここで清酒の投入を躊躇いつつも
・・・ビールを出すタイミングを図っていたのです
DSC04163.jpg
・手つけず原酒 純米吟醸 玉川酒造
雄町のかしッとした厳しさと原酒ゆえのアルコールの強さ

カニを受け止めまくります

DSC04152_20120215135822.jpg
・煮物椀
かに味噌くず豆腐 かに身 ゆず

そして
DSC04153_20120215135821.jpg
・かに盛 起
かに刺し わさび醤油

さっと炙ったほぼ生の美味しさ

このままで十分に食べれます
ほんのり塩味と甘さ

DSC04155.jpg
・わさび醤油
も試してみる
醤油がよりカニの甘さを引き出す

DSC04157.jpg
・かに盛 承
茹でがに 紅芋酢の加減酢

こちらも富士紅芋酢で

火を通すと身質がホックリしてカニの味が濃ゆくなる

まだまだ
DSC04158.jpg
・かに盛り 転
今度はこれを

こうだ!
DSC04161_20120215141631.jpg
・かに盛 結
焼きがに 三重県熊野産無農薬レモン

香ばしさプラス

ストレートな食べ方三通り
それぞれに良さがある
強いて順位をつける意味は無いほどどれも旨い

白ワインも投入
DSC04164.jpg
・Sancerre la Grande Cote 2005 Cotat
青っぽい感じを残しながら熟した果実感のあるサンセール
酸が美しいです

お見事な選択でカニに合う事この上なし

DSC04166_20120215141630.jpg
・揚げ物
かに春巻き バーニャフレッダソース ふきのとう天ぷら パンカニの春巻き
ピエモンテのソースで冷たいのでBagna Fredda
・・・バーニャカウダは熱いソースって意味との事

添えられたフキノトウがこれまた具合がよろしいのです

ここでスペシャルなビールを
DSC04165_20120215141630.jpg
・Apple Lager ベアレン醸造所
カニに合うのよね
何故だか知らないけど

カニとアップルラガーは出会いモノクラスです

DSC04168_20120215141629.jpg
・炊き物
かに身、菜の花、金時人参炊きあわせ
今までに感じたことのないカニの味わい
出汁で炊いてもこんなにしみ滋味旨いのねぇ

これもちょっと吃驚な美味しさを秘めた一皿

さらにスペシャルな
DSC04169_20120215143303.jpg
・Cyder ベアレン醸造所
とっておきの限定アイテム
サイダーはイギリスにおいてのリンゴの発泡酒
フランスでいうCidre・・・シードル

日本では清涼飲料水がサイダーでリンゴ果汁を発酵させたものをシードルと呼び習わしている感じだけど
ちゃんとサイダー表記はえらいと思います
アップルラガーほどの相性ではないのですがこの幾分アルコールの強いサイダーもカニに合います

DSC04170.jpg
・香の物

とくれば
DSC04172_20120215143302.jpg
・赤出し 三つ葉
陶器に入ってくると何からしくない感じがするねぃ

勿論、エエ出汁で美味しいのです
念のため

こうくれば
DSC04171_20120215143303.jpg
・ご飯
に見えないカニだらけ

DSC04173.jpg
・ご飯
かにと生姜の炊き込みご飯
旨いよ

DSC04176_20120215143301.jpg
・デザート


まさにカニ三昧です
美味しいカニに合わせて好きな酒を飲んで楽しい会でした

かにはすべて兵庫県香住産柴山港のもので
店主は朝から八はいものかにを捌かれたそうです
・・・お疲れ様でした

おおきにありがとう!!!!!!!

そして
来季も是非とも開催希望
スポンサーサイト

テーマ : かに
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました~♪

思わず腱鞘炎になりそうでしたが、楽しかったです☆

来年はもっといいかにを仕入れて副素材とコラボで行こうかなと…。

なかじんさんお疲れ様でした

ストレートな食べ方が王道で美味しいのですが
ホウレン草とあわせたり出汁とあわせたりしたものに大いなる発見があって大変に楽しい会でした

かにの善し悪しについては経験不足なのであまり大きな声では言えませんが
十二分に美味しいかにだと感じました
世の中にはもっといいかにが存在するのかに?
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。