スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睦月はルーミエ

毎年恒例のルーミエ特集

今年はMorey-Saint-Denis Clos de la Buissiereの垂直です
一級畑でモノポールって事で人気の高いアイテムです

DSC04046_20120226133202.jpg
・ラインナップ

料理は
DSC04038.jpg
・パン

DSC04039.jpg
・マグロ丼
贅沢ですねぇ
・・・エエのんかいな

簡単にワインの感想なぞ書き綴ってみましょう
DSC04047_20120226135140.jpg
・Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Buissiere 2002 Domaine G. Roumier
輝きのあるガーネット
液体の粘度は高い

皮革?濃さを感じる香りにサワーチェリーな感じ

酸のアタックのちに甘味が広がって余韻に少しタンニンの収斂っぽさ

個人的に思い入れがあって好きなミレジメ
やはりChambolleと違って皮っぽさがあるのだと思った

DSC04048_20120226135139.jpg
・Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Buissiere 1989 Domaine G. Roumier
エッジにオレンジを感じるガーネット
粘度高い

香ばしさと甘いイチゴの香りと赤系果実の強さ

酸から感じてアルコールのヴォリュームを強く感じた

DSC04049_20120226135139.jpg
・Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Buissiere 1986 Domaine G. Roumier
はっきりとオレンジを感じる明るいガーネット

少し尖った梅っぽい酸の香りと甘い香ばしさ

やや枯れた淡い味わい
酸と甘さのヴォリュームはあまりないがバランスしていて美味しい

DSC04050.jpg
・Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Buissiere 1983 Domaine G. Roumier
更にオレンジが入った薄い色調

フランボワな幸せな香りが一転ギターペイント香へ

酸から甘さの可愛らしいイチゴっぽさ
余韻が少々甘味よりかな?

伝説的な1983年はやはり健在ですが、香りの変化の早さが少々残念でした
このピークを過ぎた感は
このボトルのみなのか?
ルーミエの1983年がそうなってきているのか?
気になります

DSC04051_20120226141600.jpg
・Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Buissiere 1978 Domaine G. Roumier
こちらはオレンジっぽさは少ない

しっかりした紅茶・・・セイロンのウヴァっぽい
香りは一転してカツオダシっぽい旨そうな香りから最後はクローヴへ

落ち着いた酸味とかなりの甘さ

DSC04052_20120226141600.jpg
・1978年
この1978年は現当主クリストフの父ジャン=マリーの作品
メインのラベルに年号があるのに肩ラベルもあるのは何故?

希少で良い体験でした

お次はブラインド

やや薄いエッジでガーネット
液の粘度は高め

けもの香にトマトっぽさにややツンとした香りに何故か仄かにノアゼットぽさ

酸が梅っぽい余韻がやや甘い

この印象はGevrey-Chambertineで1986ぐらいかなぁ?

一本目
DSC04040_20120226133552.jpg
・Vosne-Romanee Aux Champs de Perdrix 1990 Chevigny Pascal
ありゃ
ヴォーヌロマネだったか
一応候補ではあったのですが

ミレジメは全く
うーん

DSC04041_20120226133552.jpg
・1990年

ブラインド二本目

より茶色っぽさが強く

ミソっぽさとほこりっぽさ

やや浮いた感じの酸

うーんちょっと状態がよろしくない様子だが
Gevrey-Chambertineで1984ぐらい

DSC04042_20120226133551.jpg
・Nuits-Saint-Georges 1986 Jacques Cacheux & Fils
おや
ニュイサンジョルジュでしたか

DSC04043_20120226133551.jpg
・1986年

今回は全くかすりもせず
あかんなぁ

DSC04044_20120226135141.jpg
・Morey-St-Denis 1er Cru les Sorbes 2006 Jacky Truchot

DSC04045_20120226135141.jpg
・2006年
ヨーグルトな乳酸っぽさにトーンの高い酸っぽい香り

みつ豆のホックリした感じ
酸と甘さのバランスの取れた良いワイン

内在している要素の多さの予感
置いておくと素晴らしいワインになるのでしょう

〆にシャンパーニュ
DSC04053.jpg
・Reserve Blanc De Blancs De Sauza & Files
AvizeのRM
Ch 100%
Dosage 7g/l
Degorge 2010/3/22

DSC04054_20120226141558.jpg
・裏ラベル

現地試飲でこれの10日前のデゴルジュの飲んだんですよねぇ
懐かしい
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

89 & 83

doniek さん、こんばんわ
この畑は昨年見てきたので親近感が増してます ^^

ルーミエだけのことではないですが、89年は最近飲むとアルコールと酸が強いように思います
若い頃は柔らかいヴィンテージで早くから飲めるようになったような記憶があるのですが・・・

83年ルーミエ、どうでしょうね?気になります
かといって、気軽に検証できるもんでもないですしね
今回のボトルがそうだった、と信じましょう ^^;

y_chevereさん畑を見てしまうと

親近感わきますよね

ヴィンテージの特色を吟味されながら飲まれているのは流石ですね
拙も見習って一つ高いところから俯瞰するような感じで望みたいのですが
どうも飲んでいるときはその地点で周りを見回している印象があります

1983年は結構な大物がいてるので少し気になるのです
複数本あれば試しに開けてみれるのですがねぇ
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。