スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Restaurant 北大路 澁谷

今年は閏年で二月が一日多い
何か得した気分である

さて日出鮓とエーテルヴァインのコラボレーションワイン会
・・・っていっても集まってワイン持ち寄って飲んだくれているだけでした

会場は
DSC04474_20120228152829.jpg
・Restaurant 北大路 澁谷
うーん
全然綺麗に写ってないや
京都地下鉄北大路駅の複雑怪奇な案内にまんまと騙されて開始ギリギリに到着
店の人の案内を受けずに勝手に二階へ昇ってなんとか間に合ったようです
・・・お待たせしました

そういえばフレンチは今年初めてですね
DSC04475_20120228152829.jpg
・楽しみです
色んな世代の人に幅広くフレンチを楽しんでもらうってのがお店のコンセプトらしく
お箸が見えますね

DSC04476.jpg
・バター
無塩の発酵バターに添えられているのはゲランド?カマルグ?
海の塩である事はわかるのですがね

DSC04478_20120228152828.jpg
・金柑のコンポート グジエール ラディッシュ
グジエールはブルーチーズが生地に混ぜ込んであって塩がやや強い
温めてあれば更に香ばしくて美味しかったかな?

DSC04480.jpg
・タイラギの貝柱
フキノトウのソースがエエ感じ
貝柱はかなり浅い火入れで表面に焼き目がうっすらと入っているだけで中は生
拙のこのみとしてはほんのりと芯が生っぽいだけでもっと火入れがしっかりしていると良いのにと思った
・・・ま、好みだしね

DSC04481_20120228152827.jpg
・パン
自家製との事
粉の香りが香ばしくて美味しい

DSC04484_20120228154935.jpg
・カブのスープ
カブの自然な甘味を引き出したスープ
焼いた百合根がアクセント

DSC04485_20120228154935.jpg
・〆サバ
長崎のサバだそうでめっさ立派で脂がのっている
これだけではシャンパーニュに合わせるのは厳しかったのだが
添えられたゴマのソースを合わせると不思議と合う

緑や黒の色とりどりの大根が楽しい


・・・これなんだろ?と魚の種類当て勃発
サワラ?
DSC04486_20120228154934.jpg
・マナガツオ
流石に若旦那一発正解

シットリとした身に香ばしい皮目
エエ焼き加減で好みです

添えられた金時人参と洋人参が楽しいやね

そろそろソルベで肉かな?
DSC04490.jpg
・あり?
熱いので気をつけてとサービスの方に言われる

DSC04491_20120228154933.jpg
・フォアグラとカキとネギ
下仁田葱と鷹ヶ峰葱と何かもう一種

フォアグラはコンフィだっけ?
しっとりしていました
大きな薄切りよりもある程度の厚みがあった方が楽しいかな?
カキは牡蠣の方です、面白い組み合わせながらなかなか合っていたように思います

DSC04492_20120228154933.jpg
・みかんのグラス
みかんそのままって感じが良いです

DSC04494.jpg
・亀岡牛
京都産にこだわっておられるらしく亀岡牛
綺麗な火入れです
レンコンと赤ワインでマリナードした?ゴボウが見た目地味ですが
実に味わい深くよいガルニチュールです

全体的にかなりのヴォリュームです

DSC04496.jpg
・金柑?
すまんなんだっけ?
軽やかな締め括りでした
・・・よかった

DSC04497_20120228160224.jpg
・エスプレッソ

京都の素材を盛り込んで押し付けがましいところがないのはよかったです
・・・京野菜を前面に押し立ててくるところが多いと思うのです・・・京都やから仕方ないのかもしれませんが

ワインはシャンパーニュだらけになってました
DSC04511_20120228162534.jpg
・一部ラインナップ

何故かこのマグノムから始まった
DSC04515_20120228164045.jpg
・Cuvee Speciale Les Chetillons 2002 Pierre Peters Magnum
Le Mesnil-sur-OgerのRM
Ch 100% Grand Cru
Dosage Brut

若いが厳しさを感じさせないこれは
本当にメニル最高の区画なのか?
何本も開けてみて、その都度問いかけてみるが
あまり色の良い回答はない

マグノムだからより若いから当たり前なのだが
最後の最後にその大器たる片鱗を垣間見た気がする
・・・が酔っ払いの見誤りかな?

1990年代のこれを飲んでみたい

DSC04502_20120228162535.jpg
・裏ラベル
あまり情報はない

DSC04499_20120228160224.jpg
・Le Mesnil Union des Proprietaires Recoltants
Le Mesnil-sur-OgerのCM
Ch 100% Grand Cru
Dosage 10g/l

何気にメニル祭り継続中

若いスタンダードな協同組合のシャンパーニュ
あまりそそられない肩書きばかりが並ぶがここの構成員はメニル=シュール=オジェのエエ畑を持っているらしく
一部をこの銘柄で瓶詰めして販売して大半は大手メゾンに売却している
ポールロジェやブルーノパイアールといった名だたる造り手が購入していて
噂ではあのサロンも此処から購入しているとマイケル=エドワーズは著書に記している

柑橘っぽさもある白い花の印象
酸の厳しさと豊かさにミネラルの強さ
これはメニルだねって感じがペテルスよりもします

カリテ・プリなアイテムです
素晴らしい!

DSC04500_20120228160223.jpg
・裏ラベル
こちらもあまり情報はない

DSC04513_20120228162533.jpg
・Cuvee du Clos Fg Notre Dame 1997 Vve Fourny & Fils
VertusのNM
Ch 100% Premier Cru
Dosage Brut

おぉ!クロノートルダム
前々から知っていましたが飲むのは・・・見るのも・・・初めて
1997年ってのも珍しいね

小樽由来の香ばしさが特徴でよく熟成したBdB

DSC04514_20120228164046.jpg
・La Closerie les Beguines LC04 Jerome Prevost
GueuxのRM
P.M 100%
Brut Nature

おぉLC04とは珍しい
これが絶妙なバランスで大変に美味しゅうございます

DSC04517.jpg
・Grande Cuvee Krug
ReimsのNM
P.N
Ch
P.M
Dosage Brut

旧ラベルを飲む機会に恵まれていたので
この新しいラベルはまだまだ若い味わいだけど
ノアゼットっぽい香ばしさに太く強い酸
あぁ
やっぱりクリュグは大好きです
フランス料理にあわせる幸福

そしてなんとお次もクリュグ
DSC04498_20120228160224.jpg
・Rose Krug
来たよロゼ
お久しぶりです

やや淡いサーモンピンクな色合
香りに赤系果実ぽさが加わるものの
味わいはグランドキュベと変わらない感じです
美味しい

DSC04523_20120228164044.jpg
・Cuvee Nicolas Francois Billecart 1989 Billecart-Salmon Magnum
Mareuil-sur-AyのNM
P.N
Ch
Dosage Brut

フルーツのコンフィのようなシャンパーニュ
1989年のしかもマグノムって幸せすぎる!

唯一の白ワイン
DSC04506_20120228162535.jpg
・Chablis Grand Cru Les Cros 1988 Joseph Drouhin
グランクリュのシャブリらしく
たっぷりとした酒躯に香ばしさと太目の酸が底辺を支えます
ミネラルは余韻にキリッとあり
良い熟成で飲み頃の感じ

DSC04507_20120228162535.jpg
・1988年

唯一の赤ワイン
DSC04520.jpg
・Chambertin 1997 Philippe Charlopin
皮系ではなく湿った黒い土を思わせる熟成したシャンベルタン
牛肉とはゴキゲンすぎるマリアージュ
素晴らしい

〆にさら泡
DSC04509_20120228162534.jpg
・Vintage 1979 Laurent Perrier Magnum
ReimsのNM
この年の品種構成は不明だが
Ch
P.N
Dosage Brut

濃いゴールドで綿菓子のような砂糖を焦がした香ばしい甘さ・・・でもカラメルまではいかない
至福です熟成シャンパーニュ
締めでこれって素晴らしいなぁ

九人でブティーユ七本にマグノム三本・・・呑み過ぎですね
ツワモノ共はこのあとワインバーT.M.Kに向かいましたが拙らは地下鉄の駅を目指しました

楽しい会でした
おおきにありがとう!!!
スポンサーサイト

テーマ : フランス料理・フレンチレストラン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Chetillons

doniek さん、こんばんわ
Chetillons、これまで 2000年を2回と 2002年を飲ませてもらってますが、やはり 2002年の方が要素多くてよかったように思います
MGなら更にポテンシャル感じ取れたのでは?
Closerie LC04 とは羨まし・・・ この頃は複数本買ってなかったので飲んでしまってもう無いです >_<
あー、行きたかったなぁ

y_chevereさんLC04凄かったです

この厳しさを感じさせないのがシェティョン・・・カタカナ表記は面倒だな・・・の凄さなのかなぁ
と思っています
マグノム効果はより若い感じであまり効果的ではなかったようです
人数が多くてもゆっくり飲めたので、後半にメニルらしい厳しさの片鱗を垣間見た気がする
・・・ただ酔いが回っただけか?

BSやKも物凄かったのですがプレヴォーがブラヴォー!でした
何故か拙はLC04だけ購入できてなかったのですよ・・・そして2004年でこのポテンシャル恐るべしです
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。