スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりここの麻婆豆腐が最強

ダーリングほどではないが拙も麻婆豆腐はかなり好き
家で作るときにはメインとなるので問題はあまりないが
・・・とは言うものの麻味と辣味はかなり強めなので合わせて飲むものが結構悩ましい、やはり白飯か?

外で食べる場合は結構ヴォリュームがあるのと飲むものが悩ましいので
一度そのお店で頼んだ場合は二回目を頼む機会は結構少ない
・・・色々と食べたいってのもある

ここの麻婆豆腐は今のところ最強だと思っていて
今回は是非とも食べたいと二人とも思っておりました

心斎橋から徒歩だったので余裕を持って行ったのですが
思ったよりも早く着いてしまったので

DSC04703_20120322171727.jpg
・樽生ビール
人を待つ

断っておきますが先にビールを飲んでおきたいから早く着いているわけではありません
・・・多分

そうこうするうちに待ち人来る

DSC04708_20120322171725.jpg
・キュウリとヒシ
香りをつけた殻つきの落花生の登場が多い中
久しぶりのヒシ

これが
やはり剥きにくい

でも苦労の甲斐あってほっこりしたどこか栗っぽい美味しさ
ホールのクミンが入った塩がクミン好きにはたまらん

キュウリには旨すぎる自家製豆板醤を

前菜
DSC04710_20120322173132.jpg
・くらげと蒸し鶏 辛味大根 葱塩あえ ジャバラの香りと酸味
春めいた一皿です

辛味大根はそれほど辛くないのですが
葱塩が絶にして妙なる鶏とくらげとの架け橋

え?ジャバラ
DSC04709.jpg
・これです
和歌山の北山村原産の柑橘です
かなり強い酸味があるとの事だったのですが
酸味好きなので、これくらい強い方が美味しく感じます

DSC04711.jpg
・白魚とタラの芽の春巻き 卵黄の紹興酒漬け
春ですね
白魚にタラの芽の組み合わせ

タラの芽の風味が弱いって話もでましたが
そのひかえめな感じがタラの芽っぽくて
拙は丁度良いと思いました

またソースが美味しいのよね
ばんばんではなく仄かに紹興酒っぽい香りがあって

DSC04712.jpg
・自家製豚に干し杏
もう生ハムです

干した杏との相性の良さは新たな発見でした
瑞々しさのある生の果実よりもより凝縮した干した果実のほうが味の濃さに対処できるからかな?

DSC04713_20120322173130.jpg
・千珠ガキ トウチ炒め
プックリとしたカキは絶にして妙なる火入れ加減
素晴らしいです

DSC04718_20120323180709.jpg
・福井県 イノシシと世界一の煮込み 杭州仕立て
お!世界一の煮込みか
と思ったのですが
世界一とはリンゴの品種でした

杭州といえば東波肉ですが
柔らかく煮込まれた同じ肉でもイノシシの味は濃いですね

DSC04719_20120323180709.jpg
・たっぷり葉にんにくの四川麻婆豆腐
スパイシーで複雑な肉に
葉ニンニクのシャキショキ感が格別です

旨い

初めてメニューにあるのを見ました
DSC04720_20120323180708.jpg
・桜えびと生のり、猫耳炒め
猫耳はマオアールと読むのですが
猫の耳の炒めものにあらず
手打ち麺?っていうかパスタで形が猫の耳に似ているのです
オレキエッテってパスタがありますが
あれも小さい耳って意味でしたかね?

独特のむっちりした食感の猫耳に春の海めいたソースがエエ味だしてます

文献で知って食べてみたいと思ってもなかなか出会えなかった猫耳
なんだか、感慨深いです

合わせたのは
DSC04714.jpg
・les Vignes de Montgueux Jacques Lassigne
MontgueuxのRM
Ch 100%
Dosage Extra Brut

モングーは古都Troyesの西にポツンと広がる地区
南の生産地域のシャンパーニュを毛嫌いする方もおられますが
損してると思います

ミネラル感と柑橘系のフレッシュなBdB
美味しいです

DSC04715.jpg
・l'Evenementielle P.Guerre&Fils
VenteuilのRM
P.N 75%
Ch 25%
Dosage 9~10g/l

Epernayから西10kmのヴァントゥィユ
ベースとなる2004年65%に2003年と2002年を35%
力強いエッチングの百合は好悪分かれるかな?

円やかでヴォリュームのある酒躯で少し熟成の領域に入りかけた落ち着いた味わい
初めて飲みましたが中々に好印象

写真失念の
・Selection Edmond Barnaut
BouzyのRM

あと、合わせてみたかったドイツワイン
DSC04716.jpg
・Wiltinger Braunfels Q.b.A Riesling Trocken 2010 Van Volxem

DSC04717.jpg
・腹巻ラベル
ほぼ瓶をグルリと巻いてます

思ったよりも凝縮感もなく
酸もそれほど強くなく
程よい白桃っぽさのニュアンスをたたえながらスルスルと呑めます
中華との相性はそこそこよいかな?

毎回堪能させて頂いてます
次回は麻婆豆腐どうしよっかな?

おおきにありがとう!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

同感です!

今週末行ってきます!(笑)

食い意地部部長1さん

おお!心の友よ
・・・ってジャイアンかい!

豆板醤のお持ち帰りをお忘れなく!
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。