スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ristorante il fico

久しぶりの記事にてイタリアンも久しぶりです

若旦那より城陽にやる気のイタリアンがあるという情報を入手
平日ランチにて偵察を試みるも
予約せずに行ったので昼遅くを狙うもマダムデジュネに敗北

どうしても、気になったので夜の部で予約して行ってみました

予約時にコースを強力にお勧めされたが
アラカルトな気分だったのでコースにはしなかった

カウンターの目の前にキッチン
炭火焼きの台がある

DSC04917_20120415175908.jpg
・アンティパスト
盛り合わせ
バーニャカウダは単品だったが盛り合わせに組み込んで頂けた

何鯛だっけ?のカルパッチョは鮮度がよく味のしっかりした鯛
プロシュート
鴨の肝のクロスティーニも臭みなく上品
ペペロナータ
バーニャカウダの野菜が美味しかった

DSC04918_20120415175907.jpg
・フォカッチャ

樽生ビールから始めて
DSC04919_20120415175906.jpg
・Valdobbiadene Prosecco Superiore Sorelle Bronca
イタリアはVeneto州のD.O.C.G
品種はProsecco
Dosage Brut

エクストラドライが多いプロセッコだが
ブリュに仕立てても軽快でフルーティな持ち味は健在

DSC04920_20120415175905.jpg
・裏ラベル

DSC04921_20120415175904.jpg
・プリモピアットのプリモ
残念ながらラグーは売り切れとの事で選択肢はあまりないのだが
色々と食材をアレンジしてくれるパスタ

マトウダイのアーリオオーリオ
ホロっとした食感が面白い魚
白身だが旨みもあって美味しい

DSC04922_20120415175902.jpg
・プリモのセコンド
どこ風だっけ?トマトベースのパスタ

泡が尽きたので
グラスワインで白を二種類

セコンドピアット目掛けて
DSC04923_20120415182525.jpg
・Rosso di Valtellina 2006 AR.PE.PE
イタリアはLombardiaのD.O.C
品種はChiavennasca

DSC04924_20120415182524.jpg
・裏ラベル
何故かNebbioloの記述が

そう
ネッビオーロなのですがロンバルディア州のヴァルテリーナではキャバンナスカと呼ぶはずなのですが

バローロなんかと比べるとやや愛らしい赤い果実系の中程度の酒躯
その辺りが却って今飲むのには丁度良い感じ

DSC04925_20120415182523.jpg
・セコンドピアット
仔羊の炭火焼き
素晴らしくエエ焼き加減です
ソースはマディラにカシスリキュールだっけ?
ちょい甘いかなぁとも感じましたが
ワインを合わせるとなかなかのマリアージュでした

ドルチェはスルーして食後酒をいただきながら
調理を終えたシェフと少しお話をしました

コースを強くお勧めをしたのは城陽という土地柄
イタリアンで食事したことない方が多く見えられるからとの事
・・・なるほど

この城陽の地でイタリアンが出来た事は喜ばしい事です

コースも予め伝えておけば色々と柔軟に対応して頂けるみたいなので
・・・立派なオマールが登場したのは驚いた
次回は是非手打ちパスタをお願いしてみようかな?
スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。