スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先行者からのレポートと事前打ち合わせ

と称して若旦那のお店に

スペインからフランスへと実に楽しそうな旅をされたy氏の話を聞きながら
詳細はコチラ

DSC05313_20120602161544.jpg
・樽生ビール
食べたもの

DSC05317.jpg
・突き出し
野菜炊いたん

ほっこりと開幕

DSC05318_20120602161541.jpg
・五種盛り
偉いぼかしの利いた写真ですな
奥から
ミル貝炙り
煮ホタテ
蒸アワビ
タイラギ炙り
マグロ炙り

DSC05322_20120602163718.jpg
・小芋空揚げ
シャンパーニュに必須アイテムです

DSC05324_20120602163717.jpg
・そして
この季節限定の

DSC05325.jpg
・若草蒸
これは旬が短いので出会えたらその一年無病息災で過ごせるという
そんな都市伝説が無きにしもあらずんば虎子を得ず

握り
DSC05332_20120602165944.jpg
・ケンサキイカ
ねっとりとした食感にほの甘さ

DSC05333_20120602165944.jpg
・甘鯛
昆布〆

昆布〆アイテムでも随一だと思う甘鯛
これもネットリしてます

DSC05336.jpg
・シマアジ
さっくりした歯応え

DSC05337.jpg
・トリガイ
十分な大きさ
甘味が強い磯っぽさ

DSC05338.jpg
・煮ホタテ
久しぶりの煮ホタテ握りヴァージョン
ジュを含んだ甘みのある貝柱

DSC05340_20120602171835.jpg
・アマエビ
昆布〆

DSC05341_20120602171834.jpg
・ハモ
炙りヴァージョン

落としがもっとも有名な食べ方だと思われますが
香ばしさのでる炙りのほうが好み

DSC05342_20120602171833.jpg
・マグロ
赤味のヅケ

DSC05343_20120602174019.jpg
・ワタリガニ
コウバコは時期外れと思いましたが
ワタリガニでした
初めて食べます
甘味がより強い力のあるカニ
これ、身をせせるの大変でしょうけどレギュラー化希望

DSC05344_20120602174018.jpg
・カスゴ
独特の食感ですね

かなり好きな握りです

DSC05345_20120602174017.jpg
・コハダ
熟成も十分なコハダ
さしづめ握りのミスターヨーロッパ

DSC05346_20120602174016.jpg
・イクラ
自家製です

DSC05347_20120602174015.jpg
・ウニ

DSC05348_20120602174014.jpg
・アナゴ
炙りヴァージョン

DSC05349_20120602174730.jpg
・シマアジ
スモークヴァージョン

DSC05350.jpg
・玉子
江戸前ヴァージョンも食べたいっす

DSC05351.jpg
・ヒモキュウ巻き
なんとトリガイのヒモです!

DSC05352_20120602174727.jpg
・カイワレ
昆布〆

飲んだもの
まずは予習のシャンパーニュ
DSC05326_20120602163716.jpg
・Grand Cru Guy Thibaut
VerzenayのRM
P.N 80%
Ch 20%
Dosage Brut

新たしいラベルになって始めて飲む・・・よな?
統一感のある新ラベルは
ん~もう少し何とかなったのではと思う何とも地味なラベル

若々しい酸の美しいP.N
赤いリンゴ系の果実
仄かにチョークっぽい生苦さ

ドザージュはどれくらいかな?7g/Lよりは大目だと思う

DSC05319_20120602161540.jpg
・コルク
ここは完全にMytikへ移行したみたいだが
裏の絵が面白かったので

DSC05327_20120602163715.jpg
・Cuvee Reserve Guy Thibaut
VerzenayのRM
P.N 80%
Ch 20%
Dosage Brut

こっちが旧ラベル
確実にこっちの方が中身は古いのだけど
熟したリンゴから加熱したリンゴの熟れた味わい
北向きの特級畑ゆえのミネラルと酸の存在が好きなんです

お次はy氏からのブラインド

黄色の強い淡黄色
泡は中程度で勢いあり
ヴァニラ系の香りは樽由来なんだろう
ミネラルがあり酸もがっしりとしている
ただ
若くて各々の要素は溶け込んでいず主張が強い
今飲んでその各要素の強さを楽しめるほどにポテンシャルが高い

一瞬ジャックセロスか?と邪推

でも
Ch100%ではなくむしろP.Nの比率が高いように思う

うーん何だろ?

ダーリングはEric Rodezと推測
いや、Ch50%も入ってないしP.N100%とも違うよね?
Gautherot?南っぽくないしなぁ

わからず
DSC05328_20120602163713.jpg
・Reflet d'Antan Bereche et Fils
LudesのRM
Ch P.N P.M同量づつ
Dosage 6g/L
Degorge 2011/9

DSC05329_20120602165945.jpg
・裏ラベル
フランスから直のベレッシュでした
Perpetuelleと書いてある様にクリアデラのないソレラシステムみたいに造られるこのアイテム
・・・当主のRapfael氏はソレラと呼ばないで欲しいと強く仰っていた、詳しくはコチラ
日本で購入して飲んだ味わいと現地試飲のあまりの違いに驚かされたのですが
やはり全然違うなぁ
これは、ヴィンテージを重ねるごとにこうなったのだろうか?
最新の日本で売っているこれも要チェックだねぃ

ちなみにy氏三日ほど前にデゴルジュの古いルフレダンタンを予習してきたらしい
・・・予習に参加したかった

次も予習・・・になれば良いなぁ
DSC05334_20120602165943.jpg
・Grande Cuvee Krug
ReimsのNM
P.N Ch P.M 比率は非公開

お約束の旅立ち前の
DSC05335_20120602165942.jpg
・七本目なのです
五年経って二ケース目に突入
要素が解け込みだした感じでうれしい

これに関してはこちら

クリュグ行けたらエエよなぁ

そして、本日の主役
DSC05339_20120602171836.jpg
・Lieux-Dits Amnonnay Le Bout du Clos Jacques Selosse
AvizeのRM
P.N ほぼ100%
Ch ほんの少し
Dosage Extra Brut
Degorge 2011/3/31

ゴールドに近い濃い濃い淡黄色

ヴァニーユがガツンと来て赤いリンゴっぽさを羽交い絞め

酸はジャックセロスにしては強くないけど
P.N主体としては充分過ぎる酸

以前に飲んだLes Carellesほど酸化したニュアンスは殆どなく
強い強靭な液体はまだ飲むの早いよね?と思わせる
適うことならばMesnil-sur-OgerとAyとAmbonnayの三本を飲み比べたい
・・・贅沢ですね。某ネットショップの三本セットの価格みてびっくりしました

空き瓶を譲り受けて帰ったのですが
帰路の地下鉄で赤いリンゴが香る香る香る
・・・そして、現在一週間経過した空き瓶からまだ赤いリンゴがステキに香る

DSC05314.jpg
・お土産

DSC05353_20120602174726.jpg
・中身

DSC05354_20120602174725.jpg
・塩クッキーチョコ
南仏のショコラティエとの事
東京に出店されるらしい

DSC05315_20120602161543.jpg
・お土産
Rene GeffroyのRatafia
これ、赤い色なんですが色素抽出したブドウ果汁なんやろね?

いやはや、眼福、耳福、口福でした
おおきにありがとう!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね

綺麗に並んだクリュッグにも見とれてしまいました。
素敵なプレゼントですね。

そして、セロスのアンボネィのクロ・・・。気になります。
レ・アヴィセも訪問されるのですか?
うらやましすぎます。(>_<)



No title

こんにちは、たいへんご無沙汰しております。
(以前は名古屋、現在は神奈川在住のN西です)
結婚7周年おめでとうございます。
あいかわらずごーじゃらすなワインの日々をお過ごしですね。
実は急に思い立って、8日(金)の夜に日出鮓さんへおじゃますることになりました。
無事にたどり着けたらいいのですが…(笑)
久しぶりにワインとお鮨楽しんできます♪

juniperさんコメントおおきにありがとう

もう来週に迫ってそろそろ荷造りに取り掛からねばいけないのです

アンセルム氏には京都で一度お会いした事があるのですが
生真面目でお茶目な方だった印象です
今回はセラーツアーで色々とお話をお聞きするのが大変に楽しみです

juniperさんはジャックセロスのメニルとアイを並べて飲まれてましたよね?
それも羨ましいです

elaathenaさんコメントおおきにありがとう

名乗りを上げられなくても存じておりますよ
京都支部メンバー同志ではないですか

クリュグは毎年記念日に開けていますが
それだと数が多すぎるので旅行前にも開けてます

日出鮓は無事に辿りつけましたでしょうか?
エスコート出来ればよかったのですが・・・
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。