スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012旅行記00 旅立ち前のワイン持ち寄り会

さて旅行記の始まりです

先ずは旅行前の若旦那を送り出す持ち寄りワイン会です
・・・我々は一緒に旅する側なので送り出すってのも若干妙ですが

事前ミーティング?
早めに着いて若旦那とお話
DSC05490.jpg
・樽生ビール

DSC05491.jpg
・突き出し

ハモにプティポアにジュレ
赤いのは白玉をトマトで色づけたもの

おー奈良のシェフにインスパイアされましたか!
個人的に白玉の存在感が大きく感じられましたが
美味しいです

DSC05493.jpg
・九種盛り
奥左から
タイラギ炙ったの
煮ホタテ
ミル貝炙ったの
必殺小芋空揚げ
蒸アワビ
中トロのフライ
イカの味噌和え
ハモ寿司!
リコッタにトリュフが入ったもの

中トロのフライは面白いがエエのか?
ハモ寿司はエエ感じです
リコッタはフレッシュでそれ自身も素晴らしいですがトリュフっぽいのが秀逸!
香りの無いトリュフが入ったのんが多すぎると思う

DSC05494.jpg
・鴨
赤ワインに合う
・・・そういえば澱部長の無茶振りで若旦那はMoussyでも鴨焼いてはりましたね?

DSC05495_20120625143701.jpg
・握り開始

DSC05496_20120625143700.jpg
・甘鯛
昆布締め

DSC05497_20120625164503.jpg
・シマアジ

DSC05498_20120625164502.jpg
・マグロ
赤味のヅケ

DSC05499_20120625164501.jpg
・マグロ
中トロ

DSC05500_20120625164500.jpg
・アマエビ
昆布締め

DSC05501.jpg
・アナゴ

DSC05503_20120625164458.jpg
・シマアジ
スモーク

DSC05504_20120625164845.jpg
・たまご

DSC05505.jpg
・鉄火巻き

DSC05506.jpg
・干瓢巻き

DSC05507_20120625164842.jpg
・ヒモキュウ
ヒモはナンだっけ?

日本を出る前の鮨食べ収め

飲み物は参加者の持ち寄りで
若旦那の出発前の負担軽減のためにグラス持ち寄り

先ずは拙の予習ロゼ
DSC05508_20120625164841.jpg
・Rose Guy Thibaut
VerzenayのRM
P.N 80%
Ch 20%の比率で12%赤ワインをアサンブラージュ
・・・輸入元の表記では100%P.Nと記載されているが今回の訪問ではこの比率だと言っていた
Dosage は1clと言われたが単位が分からず・・・

やや濃い目のサーモンピンク
泡は粗い目
チェリーから後にフランボワっぽく香りは変化
素直な味わいだが酸が比較的に強く感じる

DSC05509_20120625164840.jpg
・Venus 2005 Agrapart
AvizeのRM
Ch 100%・・・Avizeのla Fosseから
Non Dosage

青リンゴから生苦いミネラル感
しなやかな締まった酸味

樽の発酵で樽熟成ながらその要素はほとんどない

ノンドゼで酸が強いので素っ気なくも感じるけど
内在している要素は多くて大きい
ただ熟成してどうなるかは未知数

DSC05510_20120625170920.jpg
・裏ラベル
丁寧です

そして、飲みたかったClos!
DSC05511_20120625170919.jpg
・Clos Cazals 1999 Claude Cazals
Mesnil-sur-OgerのRC
・・・RC?RecoltantCooperateurブドウ栽培業者にして協同組合員のカテゴリーであまり見ない
Ch 100%
Dosage Brut

濃度の濃い蜂蜜っぽく熟成したシャンパーニュ
ミレジメを考えると少し熟成が早いかな?
白い花やリンゴや白桃っぽさは感じられず

DSC05512.jpg
・Batard=Montrachet 1982 Jean-Noel Gagnard
香ばしさの中にノワゼット
甘い感じはモカきてます

酸もまだ元気に残っていて素晴らしい

全体的にはPulignyっぽいのだけどここの造り手のバタールはChassagneにあるらしい

DSC05513_20120625170917.jpg
・1982年

DSC05514_20120625170916.jpg
・Nuits-Saint-Georges les Chaignots 1997 Chopin-Groffier
まだ若い印象
清涼感のある香りにタンニンがすこしカシっと

DSC05515_20120625170916.jpg
・1997年

DSC05516_20120625174315.jpg
・Vosne-Romanee 1995 Emmanuel Rouget Magnum
輝きのあるガーネット

ソヴァージュなグロゼイユの香りに綺麗な酸
後にウメカツオっぽい自然派な旨みも

ここで鮨に合わせて
DSC05517_20120625174313.jpg
・Brauneberger Juffer Riesling Trocken 2010 Fritz Haag
Moselの造り手

すらりとした酸に苦味のあるミネラル感
白桃も少しある

並みいる強豪を前にしても遜色ないワインだと思いました

DSC05518.jpg
・Hermitage 1994 Jean-Louis Chave
香りの要素の詰まったワイン
干したイチジクやシナモンやクローヴっぽさにショコラも少々
円やかな味わいの中に酸とまだ解けてないタンニンも少し
これ、美味しいです

DSC05519.jpg
・1994年

DSC05520_20120625174311.jpg
・Grands Echezeaux 1993 Rene Engel
華やかに咲き誇る小さい赤いバラ
1993年ゆえのエレガントさ?

DSC05521.jpg
・Ruchottes-Chambertine 1992 Christophe Roumier
やや苦味が気になるものの綺麗な赤ワイン

DSC05522_20120625174309.jpg
・Chateau Latour 1986
まだ早いのかもしれないけど
充満するショコラな香りは大好きです
青く苦いどことなくピメントっぽさはまだ若いのでしょう

DSC05523_20120625174337.jpg
・コハダ
〆に食べておかないと!

素晴らしいワイン会でした
おおきにありがとう!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。この日はデジカメ忘れてしまったので、写真を拝借しても宜しいでしょうか?

woody さん、コメントおおきにありがとう

喜んで!
どうぞお使いください。

素敵なラインナップ!

ヴェヌスの2005はまだ早いですよね~。
クロカザルスも興味あり!
そろそろドニエク道場にお邪魔したいなあ…

ラブワインさんいつでもどうぞ

カザルスは他の方が持ってこられたのです
道場って・・・最近ご無沙汰しています

上洛されるときは迎撃しますんで、またよろしゅーに
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。