スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012旅行記23 déjeuner

DSC05931.jpg
・お!

自分はシャブリで良いがこの人たちは赤も・・・って何のリクエストしてんですか!

DSC05932.jpg
・前菜

これレストランでも何でもなくて
Renaudin夫人・・・エリザベスの綴りがわからない・・・の作品

昨年に引き続きのお招きです

合わせて
DSC05933_20120811113407.jpg
・Chablis Vaillos 2005 Olivier Leflave

保存状態を物語るエチケット

オリヴィエルフレーヴってこんなに美味しかったっけ?

お次は
ラベルが無いマグノム

DSC05934_20120811113407.jpg
・コルクはしっかりしていますが

DSC05935_20120811113406.jpg
・1982!

Chateau la Fleur du Roy 1982

30年経たポムロールのマグノム!
ショコラ来てますよ
そりゃもう旨かろう!

DSC05936.jpg
・メイン

八人分のメインをソテーするのに二刀流の鍋使い
熟練の技と恵まれた火力のキッチン
・・・ご夫人はガスが好きとのこと

DSC05937_20120811113405.jpg
・付け合せ
庭で取れた野菜だそうで
・・・ちなみに仔牛も・・・って冗談よね?

DSC05938_20120811115022.jpg
・メイン

いつもお気に入りの肉屋が休みで違う店の仔牛
ご夫人は少し気に入らないようであったけど

十分に旨いですよこれ!

ワイン追加
DSC05939_20120811115021.jpg
・Chateau la Violette 1990 Magunum
又も良年のマグノム

DSC05943.jpg
・コルク

更に
DSC05941_20120811115020.jpg
・1977!

DSC05942_20120811115020.jpg
・Chateau la Tour de By 1977
AC Medocです

1977年は恵まれない年ですが
コルクから推測できる通り
素晴らしいコンディションの古酒でした

DSC05940_20120811115021.jpg
・フロマージュ
赤ワインにはチーズなんだそうです

シェーブルは麦わらを通してあるSaint-Maureの熟成タイプ
・・・の見かけだがかなりフレッシュな印象
Camembertは若くまだ芯が残った状態なのだが素晴らしく美味!
生乳からのカマンベールとの事で
なるほどねぇ

ところで
小っこいのはなんだろか?

DSC05945_20120811122232.jpg
・ケーキ
入っているのは窓の外の立派なサクランボ
これが酸味があって実に美味しい

DSC05946.jpg
・エスプレッソ

いやいやちょっとした店で食べるよりもはるかに美味しい昼食でした

夫人はエスニックにも興味があるらしく
二年後の再会の暁には拙の水餃子フランスデビューです!!!
・・・大丈夫かな?

午後の訪問もあるのにかなり飲んでしまいましたが
まさかの円月殺法が繰り出されるに及んで
ご夫妻のうけようってばなかったですよ!

最後きっちり美味しいとこ持って逝った我らが隊長
このあとに大きな試練が待ち構えております
スポンサーサイト

テーマ : フランス料理・フレンチレストラン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。