スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ビール造りの旅07 水餃子作り

この拠点での恒例となった中華惣菜な晩餐
ご近所のショッピングモールで売っている中華惣菜なのですが
レベルが異様に高い
よくあるナンチャッテ中華惣菜ではなく本格派なのです

・・・で、今回中華惣菜の写真はなし
っておい!

ご安心をメインは写真をとっております
DSC06734_20121021180715.jpg
・水餃子

再来年のフランスデビューを目指して東方での初お目見え
二人で作ると時間のかかる水餃子作りですが
五人がかりですいすいと

しかも
ここのキッチンが凄く使いやすくて
皮を捏ねるのが楽しい
ダーリングの皮のばしもいつもより感じよく仕上がりました

唯一の難点は毎年ぶつけるシンク上の角
今年もブッチャーになってしまいました
・・・お騒がせして申し訳ないっす

合わせたのは

DSC06735_20121021180715.jpg
・Efflorescence Marie-Courtin
PolisotのRM
P.N 100%
Dosage Extra Brut

少し還元っぽさがあって
皆様の評判ももひとつ
酸とミネラルを備えたピノノアールだとは思うのだが
何だかしっくりこない

DSC06737_20121021180714.jpg
・Résonance Marie-Courtin
PolisotのRM
P.N 100%
Dosage Extra Brut

きた!酸に塩ミネラルに赤いリンゴ!
バランス

実はこの時点では知らなかったのだが前のエフロッルセンスの方が上位のアイテム
てっきりこのレゾナンスの方が上かと思った
状態なのかねぇ

DSC06738.jpg
・裏ラベル
情報としてはあまりない裏ラベル

DSC06741_20121021180712.jpg
・Concordance 2009 Marie-Courtin
PolisotのRM
P.N 100%
Dosage Extra Brut

液体の密度が違う!
圧倒されるほどのパワーではないあたりが
逆に素晴らしい
力押しだけでは

さて
かなりな思いをして今年の六月にフランスから持ち帰ったマリークゥルタン
折角だからまとめて開けて飲んでみたいけど
どう考えてもマニアックすぎるので
この機会に開けれて本当に良かった
お付き合い感謝です

DSC06742.jpg
・裏ラベル
共通かい!

各キュベにつけられている名前といい
ビオディナミといい
Non Doseぶりといい
David Léclapartに共通する印象があります


Aubeエエやん
DLやBGも継続して要チェックだな!


あ!
この後の白ワインと赤ワインの写真がない

さらに
これも写真にはありませんが
中華にあうと思っているマディラも呑んでます

更に
DSC06736_20121021180714.jpg
・酒中酒覇
白酒
知らない酒だが青リンゴっぽいエステル香に強いアルコールのキックが茅台酒を髣髴させる
好きな味わい


呑み過ぎたか?

最後にまさかのブラインド

Vosneセンサーは作動しないしGevreyっぽいかな
2000年代の良年2005年?
DSC06743_20121021183910.jpg
・Gevrey-Chambertin Lavaux Saint-Jacques Domaine Maume

お!
当たった

DSC06744_20121021183910.jpg
・2002年

っと2002年か
これは興味深い
好みの年と思って色々とブルゴーニュを買った2002年
最近ぼちぼち開けてみるとやや果実が落ち込んでいる印象があった

このこなれてきているが若い感じは
保存の違い?造り手の力量?畑の格?

良い手がかりを頂いたので帰京後に検証するのであった

それにしても楽しい晩餐でした
来年の東方遠征もよろしゅーに!
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ブッチャー、すんません

doniek さん、どうもです
今年も流血になってしまい、すんません
Maume 2002 が良いことは西陣の酒屋さんから聞いておりました
水餃子、美味しかったです
Moussy でも喜ばれることは間違いないですょ
Aube の BG ってどこでしょうかね?
Aube、エエとこがまだまだありそうですね

y氏こちらこそお騒がせして

すいませんでした
一発目はともかく
今年は急くことも無いのにどんくさいことで

水餃子は楽しんでいただいて何よりでした
自分らで作っている分には世界最強なのですが
ひとさまの評価ってのに今ひとつ・・・今ふたつほど自信は無いのですよ

BGはジャクソンのシケ兄弟も注目していて
何よりも昨年に拙自身が飲みなおしてその品質の向上っぷりに驚いて六月にマグノム買っちゃったとこです
ドメーヌの名前よりも造り手の名前で言うのがマニアックっぽいと思ったのでついつい
・・・ドメーヌ名が思い出せなかったってのは内緒です、造り手イニシャルってのも綴りに自信がなかったので
Bertrand Gautherot (Vouette et Sorbee)でした
もう一つは
Simon-Charles Lepage と Davy Dosnon(Dosnon&Lepage)

Dominique Moreauはまたじっくり飲んでみたいのでよろしゅーに
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。