スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新着シャンパーニュ会

ここのところ安定した人数で開催されており喜ばしい限りの新着シャンパーニュ会

DSC06774_20121029075234.jpg
・ラインナップ

Jacquesson会といっても良いような内容です
DSC06757_20121029075233.jpg
・樽生ビール

料理から
・・・新着シャンパーニュ会は普通の営業日に開催されるんですよね
DSC06758_20121029075233.jpg
・突き出し
もずく

福井産だっけ?
細いもずく

DSC06759_20121029075233.jpg
・三種盛り
煮ホタテ
蒸しアワビ
タイラギ炙ったの

DSC06762_20121029075232.jpg
・小芋空揚げ
シャンパーニュには是非!

DSC06763.jpg
・土瓶蒸し
背の高いこの器は初お目見え
松茸と鱧がクロスするこの時期ならではのであいもの

中身は写真撮り忘れ
まぁ香りかいでしまったら写真とっている場合ではない

DSC06764_20121029075908.jpg
・握り開始

DSC06765_20121029075907.jpg
・甘鯛
昆布締め

DSC06766.jpg
・シマアジ

DSC06767_20121029075906.jpg
・イクラ
今年初仕込みヴァージョン

鮭の溯上時期が遅かったので例年に無く遅い仕込みとのこと
淡路の寿司屋の大将にも聞いてみたのだが北海道は例年通りだったとか?

DSC06768.jpg
・マグロ
赤味の漬け

DSC06769_20121029075905.jpg
・カスゴ
かなり好きなアイテム
例えようのない身質は独特の歯触り

DSC06770.jpg
・コハダ
〆て二日目ぐらい?
もう少し薫りたつスモーキィさが欲しいところ

DSC06771_20121029080417.jpg
・アナゴ

DSC06772_20121029080416.jpg
・甘エビ

DSC06773.jpg
・シマアジ
スモーク

DSC06785_20121029084357.jpg
・干瓢巻き

DSC06786.jpg
・鉄火巻き

エクストラで
DSC06787_20121029084356.jpg
・煮ハマグリ

そして怪しいCAVA
DSC06788.jpg
・怪しすぎる

DSC06789_20121029085014.jpg
・イカシソ巻き

肝心のシャンパーニュ
一度は比較してみたいと思っていたジャクソンのスタンダードキュベの比較試飲

しかも全てマグノム!

DSC06775.jpg
・Cuvee No 732 Jacquesson Magnum

DSC06780.jpg
・裏ラベル
2004年 79%
2003年 9%
2002年 2%
2001年 8%
2000年 2%
のブレンドで
CH 39%
P.M 36%
P.N 25%
品種構成
Dosage 3.5g/l

柑橘っぽい若さに洋梨っぽさ
酸のアタックとコクのある余韻
ただその間の印象が薄っぺらな感じ
違和感のある感じは少しコンディション宜しくなかった?

DSC06776.jpg
・Cuvee No 731 Jacquesson Magnum

DSC06781_20121029080916.jpg
・裏ラベル
2003年 59%
2002年 25%
2001年 15%
2000年 1%

Ch 52%
P.M 31%
P.N 17%

Dosage 2g/l

例外的な酷暑の2003年を象徴するVdRの比率の高さ
No732が若い印象だとすると
一年違いのこれはやや円やかで熟成感のある味わい

大概のNMが年毎の差を消すのにやっきになってブレンドしているのに
この明白な違いは面白いです

そして
本来はリストアップされていなかったが参加者の総意で追加

DSC06777.jpg
・Cuvee No 730 Jacquesson Magnum

何故ならこれのベースは
DSC06782_20121029080915.jpg
・裏ラベル
2002年 60%
2001年 27%
2000年 12%
1999年 1%

Ch 48%
P.M 20%
P.N 32%

Dosage 5g/l

ベースが愛する2002年なんですよね
内包している要素が大きい
一年違いとはいえ比較した三本の中では一番古いけど
一番の大物にして今開けるのは正直時期尚早?

DSC06778.jpg
・Rose 1997 Jacquesson Magnum

DSC06783_20121029084358.jpg
・裏ラベル
Ch Avize 40%
Choilly 10%
P.N Ay 25%
  Verzenay 15%
Dizy 10%
Dosage 3.5g/l

このロゼが素晴らしかった
フランボワーズなんですよね

DSC06779.jpg
・Extra Dry 1988 Pol Roger

DSC06784_20121029084357.jpg
・裏ラベル

現在の規定でExtra Dryは12~17g/l
でも1988年だと12~20g/lかな

Brutよりも甘口であることが多いのだが
・・・Brutは15g/l以下
そんなには甘くなくモカ一歩手前のエエ熟成加減

勢い余って
DSC06790_20121029085013.jpg
・la Closerie LC07

DSC06791_20121029085013.jpg
・裏

興味深い比較試飲でした
実はマグノムではないのですがCuvee No731とNo733があるんだけど
どうしたものかな?
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

今年も、何とか。

先日は、新着シャンパーニュ会お疲れ様でした。
732は少し進んでいましたね。
やはり730は凄かったです(1本は寝かしときます)
731と733の、飲み比べ
体、張りますので
ご連絡ください。

ジャクソン

ジャクソンの比較試飲いいですね。
まだ、夢叶わずですが、
なんて楽しそう!です♪

板前。さん

そんな御大に身体を張らせるわけにもいきません

731と733の二本では少ないのでもう少し何とか増えませんかね?
現行の735と734あたりなら集まるか?


そのうち飲んでみましょう

juniperさん

ちょっと本数が二本と少ないので近日中の開催の見込みはないのですが
その内に京都の「日出鮓」で比較して飲んでみようと思います
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。