スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のビール到着

師走になってますが霜月最後にビールが到着しました

今年のビール作成はこんな感じ

三年目の今年は前二作と全く違っての王道を外れるもの
なのでラベルのコンセプトも変えてみました

DSC07227.jpg
・ビール

Nippon Chestnut Aleはダーリングの作品
亀岡の栗がふんだんに入っている珍しい栗ビールです

拙のGluehschokoladeはコアなビール好きな方には
ほー
と思われるかもしれません
王道外れるというよりもビールとしては邪道でしょう
温めて飲むことを狙って造ったのです

届いて早速だが試飲開始
温度帯は三種類
冷やして
常温で
温めて

Noppon Chestnut Ale
4℃で
泡立ちよい マホガニーな色調
甘苦いホップの香り主体・・・温度上げるとクリっぽさも
コクのある味わいはクリなんだろうね余韻の苦味に酸味がある・・・なんで酸味?

12℃で香りに紅茶っぽいニュアンスがプラス
コク旨さは常温こそ最良かな?

Gluehschokolade
4℃で
泡良し暗褐色といううより漆黒か?
ショコラ!きてますよホップの香りは低い 後にローストっぽい焦げた香ばしさ
苦い・・・が支えるコクがない・・・ラクトース入れるべきだったね・・・軽やかさに甘味も少し
ゆっくり飲んで9℃くらいが香り開いた感じかな

12℃
より香りのショコラっぽさ強い
だが飲んでスムーズすぎる
軽いのだよ

46℃
お!ショコラぽさは減った?
苦い酸

DSC07219.jpg
・うーむ

糖分は酵母によってアルコールになってしまう事は想定していたが
コクのためにラクトース投入は必須だったか
途中から糖分を投入するとバランスよいものになったけど
単体では物足りない

温めるより常温で飲んだほうが美味しいって企画倒れ?
スポンサーサイト

テーマ : クラフトビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

温めて、でしたか

どうもです
ショコラの方は温めて飲むコンセプトやったんですね
香りが楽しめそうですね
栗は常温がベターでしたか
イメージを膨らませてビールを造る、止められませんなぁ ^^

y_chevereさんコメントおおきにありがとう

寝苦しい夏の夜にこのコンセプトを思いつくのは
どうやらかなり精神に異常があるようですね

来年のビールのコンセプト
既に案がいくつか出て来ており色々と妄想を二人で廻らせております

次回はミーティングをジビエに照準したいですね
またよろしゅーに
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。