スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツワインとR271

ドイツな親分の策略にかかってって事もないのですが
2013年はドイツワインな年になる予感
・・・って昨年の年賀状にも書いてなかったか?

今回も二本ブラインドで

a)
少し黄色を感じる淡黄色
中程度の細かさの泡
リカちゃんっぽい香りが強いが探ってみると甘い香りと柑橘も少し
甘い印象から酸と苦味の余韻への展開はややなだらか

b)
淡黄色
やや粗い目の泡
弱いリカちゃんぽさに砂糖レモン
酸の主張から始まり仄かな苦味の余韻へと

色と泡の大きさからはa)のほうが年を経ていると思われるが
甘さ
この一点でb)がBrut
・・・b)も結構甘い香りはあるのだが
a)がTrockenであると判別できる
DSC07330_20130105151659.jpg
・正解は

a)右のボトル
Gruenhaeuser Riesling Deutscher Sekt Trocken 2010 C. von Scubert

b)左のボトル
Maximin Gruenhaeuser Riesling Sekt.b.A Brut 2009 C. von Scubert

Trockenとあるとドイツワインを知っている人は辛口と結びつける
で飲むと甘いってな不均衡を感じてしまう
・・・ようだ、もう一人のブラインドテイスターの反応を見ていると

Brut 0~12g/l
Trocken 17~32g/l

そうなじみのあるSecと同じなのです
・・・あまり飲まないですけど
意味も英語で言うDry
だけどSecに甘いイメージがあるのとTrockenに辛いイメージがあるのは
その言葉へ出合った経緯によるものかな

合わせたのはR271のパン

DSC07322_20130105150859.jpg
・エビカツサンド

主たるエビカツとパンの相性にソース
なんかピタリと拙の好みを抑えられてしまう感じが
ここのパンにはある
・・・単に好きなだけか

よっぽどの事がない限りエビカツサンドなんて買おうとは思わないけど
ここのは間違いないのよ

DSC07323_20130105150859.jpg
・ソーセージパン
チリの利いたやや辛いソーセージのこのパン
ソーセージのしたのクリーミィなソースに賛否が分かれていた
・・・ごく狭い二人の間だけど

今回のはソース少なめであまり感心しなかったダーリングもお見直したようだ

DSC07325_20130105150900.jpg
・クロックマダム

ここのパンは温めて食べることが多く
これも温めた後の姿だが
それでも尚この玉子の半熟っぽさってばステキすぎる!
大振りに切られたベーコンの存在感がこれまた
もう
たまらんでしょう

DSC07326_20130105150900.jpg
・ジャガイモとチーズ
この組み合わせは比較的よく見かける組み合わせではなかろうか?

パンにジャガイモっていう組み合わせの悪さが強く感じられて
美味しいと思えるパンは少ないと思う

ここのはチーズの主張をジャガイモが受け止める感じで
実にバランスよい

DSC07327_20130105150900.jpg
・必殺

その長いソーセージってなステキすぎる見た感じのインパクトそのままに
しかし
この愛するパンはあれば絶対購入するのでよく食べていて
マイナーチェンジをしているのです

大粒のタスマニアマスタードに変わったのが最近では大きい

この美味しいパンを更に手を加えていくのも素晴らしい

DSC07328_20130105155543.jpg
・パテ

このパテドカンパーニュ作ってはるんやんなぁ
素晴らしい

DSC07329_20130105155544.jpg
・パンチェッタとチーズ

抑え気味のパンチェッタのバランスがよく感じるのは
贔屓の引き倒しか?

ゼクトとの相性はややゼクトの甘さが目立つ感じ
リースリングの白桃っぽさがないし苦味とリカちゃんっぽさだけでは少し寂しい
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

リカちゃんって...

策略...って人聞きの悪い(苦笑)。
でもまぁ今年はドイツ、回帰されますか?素晴らしいなぁ。

それにしてもリカちゃんっぽい香りってのが言い得て妙ですね。
トロッケンの方は収穫量の少なかった2010年ということで、買付葡萄を使っているせいかイマイチでしょ?
その分価格も安いですが。
パンとは合うでしょうねー、特にあの半熟卵に惹かれます。
2009年のゼクトは1年前はもうちょっとマシだったんですけどね。
そりゃシャンパーニュとは比べるべくもありませんが。
でも泡にしてもピノブランにしても、グリュンハウス謹製というだけでファンには堪らんのだす。(^^)v

緑家親分コメントおおきにありがとう

ゼクトは興味があったので面白かったのですが
少し過大な期待があったのか
あり?
って感じでした

そうそう
Sauerのリッター先週末に開けてみました
素晴らしい!
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。