スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blanc de Blancs

フライものは火の通し加減が難しい
あまり作らない分野なんで、スキルもなかなか上らない

カキフライ
牡蠣の食べ方としては「生で食べる」ってのと双璧を成すであろう
しかし、あまり外で食べる機会は以外に少ない

実は前にご紹介した「KirinCity」でスタウトに合わせてカキフライを食べるのを楽しみにしていたのだが
何故か今年は無かったので
カキフライ食べたい気分が数日後に炸裂したのであった

DSC03737.jpg

・シャンパーニュ
意外な組み合わせながら牡蠣とスタウトはかなりの相性だと思う
生牡蠣とギネスなんか合わなさそうだが意外とめっさマリアージュ

が、しかし
今回は家にスタウト戦力が乏しかったためにシャンパーニュを合わせてみる

ブラン・ド・ブランで飲んでみたかったものが2アイテムあったので
思い切って、両方開けてみた

Zoemie Grand Cru Brut Precieuse
Avize村のNM
デゴルジュマンが2004/5/25とバックラベルに書いてある
親切
シャンパーニュを開けてデゴルジュマン後、どれくらい経ったかは不明な事が多い
抜いた後のコルクの広がり具合が目安になるものの、あくまで目安
熟成感の出たシャルドネは美味しい
アランロベールなどに比べるとスケールは小さいものの
一番下の価格帯でこの味わいはお買い得

Alfred Gratien Brut Blanc de Blancs
EpernayのNM
プレスティージュのCuvee Paradisよりも高価なブラン・ド・ブランはレアアイテムらしい
前に飲んだ感じよりも樽っぽさが穏やか
もっとヴァニーユだったはずだが?

DSC03736.jpg

・ミュズレ
グラシアンは通常おじさんの肖像画だったと記憶しているが
このブラン・ド・ブランが特別なのか、または全部変わったのかシンプル
ゾエミはド・スーザとあるがそこの当主エリック・ド・スーザが新たに立ち上げたネゴシアンだそうだ

DSC03729.jpg

・菊菜の胡麻和え
椎茸は主張が強いのであまり好きな食材ではない
この程度ならばフックに良いか?

DSC03732.jpg

・むかごの素揚げ
少し揚げすぎ
むかごは素朴な美味しさ

DSC03734.jpg

・カキフライ
生食用の牡蠣使用なので衣が色づいたら出来上がり
簡単でした
ソースは市販のタルタルソースにコルニションとパセリとレモンをプラス
し過ぎて原型をとどめていない・・・

シャンパーニュとはなかなかの相性
やはり生よりも熱を加えて旨味が出たほうが合うように思う
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。