スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越しの晩

やっと2012年も最後です
・・・現実には2013年の睦月が過ぎ如月に入っちゃってますが

大晦日は慌しいのですが
今年は某鮓屋に忘れ物を取りに行った方がいてより慌しかったです

晩御飯なんか作る暇がないので
お正月の御節料理をフライングで食べるってケースもあるみたいですが
折角のおせち料理ですから年が改まって食べたいもの

今回も年越し蕎麦は手打ち蕎麦はやめておきました

先ずは新着のビールから

DSC07512_20130202190549.jpg
・ベアレン醸造所
左の端から
武士道なう・・・中身は普通の定番ドルトムンダー
First Wort・・・一番搾り麦汁ピルスナー
Weizen・・・冬の定番アイテムですね
Apple Lager・・・リピートです

DSC07513_20130202190549.jpg
・出し巻き玉子

正月のお節料理用にとった出汁を活用

DSC07514_20130202190550.jpg
・イワシ
一塩したものを頂いたのですが
これが塩がやや強いものの

それ故に清酒が進むキラーパス
脂がこんだけのっているイワシってのが又素晴らしい

DSC07518.jpg
・マグロ
これも頂き物

そりゃね
あのマグロですから
旨かろうってもんですよ

DSC07520_20130202191223.jpg
・辛子明太子
やや旨みが強いあたり少し好みではないのですが
タラコの粒々感が際立っていて
素材の良さが窺い知れるってものです

DSC07519_20130202191222.jpg
・つぶ出し

何とチューブに入っていて
料理用に使いやすくなっているとか

ってこんな立派な辛子明太子を料理に!
そのまま食べてしまいますよねぇ

これも頂き物でした

定番化しつつある年越し蕎麦
DSC07517.jpg
・鴨
鴨に葱ってのは鴨の野趣溢れる味に葱の香りが合うってことで
真鴨でないので本来の意味での相性はないのかもしれません

でも鴨の脂で焼いた葱は美味しいのよね

今回の鴨は立派なのでロゼな色合いがややミキュイなのですが
・・・鴨の焼き加減は難しい
急遽仕込んだかえしから辛汁を温めて丁度エエ感じ
蕎麦は冷水で〆て冷たいまま
・・・蒸篭で温めても面白かったかな?

カリカリの鴨の皮と葱が実にステキなアーリークロスをあげて
温めた辛汁の鴨がビューティフルなゴールを決めます

ステキな頂き物をあてに清酒を飲んでいると2012年も押し迫ってまいりました

っと
シャンパーニュ

DSC07521_20130202191223.jpg
・2012年から2013年への橋渡し

昨年と全く同じアイテムを今回も開けてみました
・・・昨年は少しボトルのコンディションに疑問符がついた、あまり宜しくないものだったのですが
今回はモカ炸裂手前のややもどかしい味わいながらも
熟成の階段を昇っていく見事なBdBでした

DSC07522_20130202191223.jpg
・ミュズレ
比較的新しいタイプのミュズレが金色なのです

スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。