スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の焼肉処 弘

東方からの友人を迎えるのに珍しく焼肉屋へ

一年に一度あるかないかの焼肉食べたい気分に突入していたのです
でその東方の友人のご学友のお店にて

メニューを見ると楽しそうなものが多くて目移りしますな
食べ比べなアイテムはホンマ好き過ぎる

DSC00019_20130302184849.jpg
・ナムル
野菜がないとアカン人のために

先ずは樽生ビールで乾杯してから

タン
・・・写真ないけど
食べ応えのあるしっかりしたタンでした

DSC00018_20130302184849.jpg
・ユッケ
牛をまるごと一頭買いしているから提供できるとの事
左程思いいれはないのだけど
つい頼んでしまう

DSC00020_20130302184848.jpg
・季節野菜のバーニャカウダ
小さいソースパンを炭火で温めるのは面白いですね
・・・なかなかカウダにならないのが少々もどかしいけど

DSC00021_20130302184848.jpg
・ミノ

焼肉好きって肉系とモツ系に分かれると思う
拙はモツ系です

センマイとかハラミとかテッチャンとか好きです

ミノは外せないのです

葱なソースがついてきたミノ

下味の塩が少々利きすぎている

DSC00022_20130302184849.jpg
・カルビ食べ比べ
ロースの良さは理解できないのですがカルビは好きです

色々なカルビの食べ比べは大変に興味深くて美味しい
・・・けど塩利かせすぎでは?

DSC00023.jpg
・何て部位だっけ?
小皿の塩で食べるとのことですが

下味の塩が利きすぎてません?

勿論ワインも飲んでます
先ずは先入観なくブラインドで

北の方のピノ・ノアール
ドイツですか?
って鋭いなぁ

DSC00024_20130302190241.jpg
・Spaetburugunder Q.b.A Trocken 2008 Schloss Proschwitz
ドイツはSachsenのピノ・ノアールでした

やや新樽っぽいコーヒーな香ばしさと
酸の綺麗さがドイツっぽいかな?
ザクセンなんてAhrよりも緯度的には北なんではなかろうか?
こんなしっかりした赤ワインができるのはすごいですね
なによりしっかりした焼肉に負けないってのがステキです

DSC00026_20130302190240.jpg
・裏ラベル

DSC00027_20130302190241.jpg
・VDP de l’Hérault Rouge 2005 Domaine de la Grange des Peres
Syrah
Mourvedre
Cabernet Sauvignon

昨年訪れたUlysse Collinの当主がお気に入りと言っていたので購入してみたとか
自然で力みのない造りだと思ったのですが
調べてみるとこの品種構成
てっきりこの柔らかさはグルナッシュが主かと思った!
ホンマか?
しかもかなり希少な一本ではないですか!

焼肉目掛けてのもう一本
DSC00028.jpg
・Barbera d'Asti Ca' di Pian 2004 Spinetta
イタリアはPiemonte州
Barbera 100%

王と呼ばれるバローロやバルバレスコに使用されるネッビオーロが有名なピエモンテ
でもバルベーラは酸もあって美味しい品種だと思う

セラー室の片隅でひっそりと眠っていた一本
若いうちから楽しめるけど九年経ってもへたらないですね

少し下味の塩が利きすぎに感じましたが
楽しい焼肉でした!
色々食べ比べにまと行きたいですね

おおきにありがとう!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 牛肉料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。