スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chambolle-Musigny G.Roumier

一月はこの会があるので急ぎデジタルカメラを用立てたのだ

ルーミエ会

今回はシャンボールミュジニーの垂直
モレ・サンドニのモノポールの一級畑が人気あるそうなのだが
この造り手の真髄はシャンボールミュジニィにあると思っております
矢鱈と濃い印象しかないレ・クラではなくこのヴィラージュこそ

・・・っと始まる前から暑苦しかったですかね?

DSC00032_20130303171412.jpg
・ラインナップ
まずは料理から
DSC00030.jpg
・鴨ご飯
赤ワインの時に多く登場するスペシャリテ
ここの酢飯が好きゆえに
この鴨ご飯も旨しなのですよ

最初の一杯
DSC00033.jpg
・Les Rachais 2006 Francis Boulard
Ch 100% Saint-Thierry
Degorge 2012/2/24
Dosage Brut Nature

HermonvilleのRM
Reimsの北西でほぼシャンパーニュで一番北にあるエルモンヴィーユ

最初はビオっぽい素っ気無い造り
温度が低すぎたんでしょうね
樽由来の香ばしさにミネラルと切れの良い酸

DSC00034.jpg
・裏ラベル
丁寧な表記です

10℃で飲んでねって
ランスの北西って土壌は砂質のイメージがあるのですが
calcaireもあるんやね

ではメインを

DSC00035_20130303173353.jpg
・Chambolle-Musigny 1988 G.Roumier
少し赤い色の落ち着いたルビー
ムワっと立ち昇るドライフラワー
まだかたさの残る味わいに強めの酸が

1988年は果実が落ちてもしっかりしたタンニンがやや好みではないのだけど
少し強すぎる感じもなきにしもあらずな酸の存在が
単なる濃い赤ワインたりえなくしていると思う
でも
ルーミエっぽくないのよね

DSC00036.jpg
・Chambolle-Musigny 1985 G.Roumier
ややエッジにレンガ色を感じる
香ばしさと香水の様な華やかさ
やや甘さによる味わいは酸の物足りなさを感じさせる

香りの素晴らしさからするとやや味わいに物足りなさを感じる

DSC00037_20130303173352.jpg
・Chambolle-Musigny 1983 G.Roumier Magnum
1985年に感じたレンガ色がなく綺麗なルビー
マグノム効果か?
花と甘いカスタードっぽい香りにややブレッティな香りも
甘い味わいはこの造り手最強の1983年ものの風格を感じさせるが
マグノムとしての色合いと味わいのやや熟成感にバランスを欠くように感じる

神話化している1983年ものに対する贔屓目が逆効果なのだろうか?

やはりルーミエの1983年は最強であってほしい

DSC00038_20130303173352.jpg
・Chambolle-Musigny 1980 G.Roumier Magnum
これのみ先代のJean-Marie Roumierの作
・・・1983年は合作との事

香ばしい樽の要素が一番強く
やや黒い犬っぽいケモノっぽさもありました

DSC00039_20130303173352.jpg
・Chambolle-Musigny 2001 G.Roumier
黒っぽい果実を感じるのは1999年以降の傾向なのであろうか?
やんわりとした赤系果実の美しさをこの造り手に求めるとしたら異質さは感じる
だけど
旨いのよね
果実に樽と酸にミネラルのバランスが素晴らしい
これの20年後はこれら1980年代と同じ姿になるのであろうか?

そして満を持してのブラインド
選択肢は
1 Chapelle Chambertin
2 Charm Chambertin
3 Griotte Chambertin
4 Latricieres Chambertin
5 Mazis Chambertin
6 Ruchottes Chambertin

1 1979
2 1983
3 1985
4 1987
5 1989
6 1991

赤色の綺麗なルビー
ヴォリュームのある液体は良い年である事は確実
しかしそんなに古くは感じられない
1979と1987と1991はないだろう
1983にしては若いが1989辺りか?
っと1985年やん多分

畑はわからず
グリオットであってほしくないしルショットであってほしくない
この二つの畑は思い入れがあるので
ラトリシエールとシャペルは特殊すぎないかな
マジと迷って無難なシャルムを選択

DSC00040_20130303175640.jpg
・Chapelle-Chambertin Chevalier de Beaubassin
シャペルでしたか

まぁ味わいのイメージがない畑なので
エエでしょう

DSC00041_20130303175639.jpg
・1985

おっしゃ!
ヴィンテージが当たる方がうれしい
・・・両方当たるのが良いのだけど

DSC00042.jpg
・澱倶楽部

希少なルーミエの1980年代
堪能しました

おおきにありがとう!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

技使ってます?

doniek さん、どうもです
最初の空瓶が並んだ画像ですが、何かのフィルタ使ってます?
おもしろい深度差がついています

技ではなく

微妙な移り加減はデジタルカメラが新しくなって
制御が出来てない偶然の産物です

面白い映像ですが二度と同じようには撮れそうにありません
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。