スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かに三昧ふたたび

昨年に引き続きかに三昧の会が開催されましたので参加してきました
昨年の様子

昨年に参加して
もはや産地に食べに行く必要ないな
とまで思わしめたカニ三昧

今年はいかに?

長い記事になりますので
ごゆるりとどうぞ
やはり樽生ビールからはじめないとね

DSC00104.jpg
・樽生ビール

DSC00105_20130309172434.jpg
・美しいベルジャンレース

DSC00106_20130309172434.jpg
・六杯のカニ
鮮度が良いカニなので六匹でもエエのか?
日本語は難しい

それにしても一人一匹体制です
つーか捌くの大変だったでしょうね
お疲れ様です

DSC00110_20130309172435.jpg
・先付
かに身のあんかけ 松の実の香り揚げ
カニの部位 茹肩、茹足先

穏やかな出汁のあんかけも素晴らしいのですが
この松の実がタダモンではない
ブドウジュースで香り付けしたものを揚げてあるのですが
ほんまにしっかりブドウな香りがするのです
・・・当たり前か?でもすごいのよ

DSC00112_20130309173520.jpg
・八寸
かに身入り明太子と青じその生ゆば巻き
かに身と川海苔の和え物うにのせ
菜の花のかに味噌和え
殻つき牡蠣のかに身入りマヨネーズ焼き
かに身の生春巻き寿司

さぁ!楽しい盆がまいりましたぜ

あの名作明太子の湯葉巻きの中心にカニ!
川海苔って香り高いですなぁ海の海苔に比べるとミネラル感は穏やかですがこの清々しい香りがたまらん

こんなんチビチビ食べたいでしょう
周りの皆さんに比べるとマイペースな拙チーム

DSC00114_20130309173520.jpg
・必殺を温存
清酒に合わせたかったんですよ

DSC00117_20130309173521.jpg
・椀替
かに身と飛騨ねぎのクリーム煮

ワイン目掛けてなのかな?
前回はなかったクリーム系

飛騨ねぎの存在が面白い

DSC00121_20130309173521.jpg
・強肴
かにのテリーヌ

っと
これもクリーム系
しかもちょいと大きいです
ただテリーヌは空気を含んだ軽い仕上がりなので
するっと食べちゃいました

今回の春巻きはちょっと違います
DSC00125_20130309174806.jpg
・揚物
かに味噌のクリーム揚げ春巻き

あの名作カニの春巻きバーニャフレッダソースではないのです!

ってこれもクリーム
まさかのクリーム三連発に音を上げそうになる人約一名

少しベシャメルの比率が高くて
カニ味噌っぽさが少しく希薄に感じました
半分の大きさでカニ味噌比率を上げるとどうやろか?
・・・クリーム系が続いたってのもあるのかもしれない

必殺アップルラガーも少しクリームとカニ味噌にはピタリとこず

DSC00136_20130309174806.jpg
・麺物
かにと唐墨の麦切

麺が見えないまでのトッピング
必殺の自家製なカラスミが旨過ぎる

まだこれから
カニ三昧なのですよ

DSC00140_20130309174808.jpg
主菜
刺身

さらに
DSC00144.jpg
・店主の笑みと共に

DSC00146.jpg
・焼き蟹

生よりも火入れしたほうが味わいにふくらみが出るように感じる

DSC00154.jpg
・焼き蟹

爪と脚
どちらが好み?

DSC00148.jpg
・蒸し蟹スモーク

DSC00149.jpg
・スモーク

何の木だっけ?
胡桃?

DSC00162_20130309180826.jpg
・食事
かに味噌の炊き込みご飯
かにのみそ汁

少しご飯が柔らかく感じました・・・お代わりしたけど
みそ汁が・・・写真ないけど・・・上品で旨しです
いかにもカニなみそ汁ってあるやないですか?あんなんとは違うのです

DSC00168_20130309180827.jpg
水物
いちごとヨーグルトのシャーベット

で一通りです

飲んだものは

何故かカニには赤いリンゴな物が合うイメージなので
DSC00108.jpg
・Pinot Noir 100% Guy Thibaut
VerzenayのRM
P.N 100% Verzenay

北向き斜面のグランクリュ
酸と石灰ミネラルを赤いリンゴの果実がほんわり包み込む感じ

文句なくカニに合う

DSC00120_20130309173521.jpg
・女児紅 紹興酒
シャンパーニュと物々交換で飲ませていただいたもの
十年熟成にしては柔らかい紹興酒

今回はドイツワインも合わせて見ました
DSC00132.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Herrenberg Riesling Kabinett Feinherb 2011 C. von Scubert
ファインヘルプなので残糖分はあまりない筈なのですが

そう
白桃がきているので甘く感じます
トロッケンと迷ってファインヘルプにしたのですが
カニにはこちらでよかったと思います

昨年に驚異的なマリアージュを見せてくれたこのビールも
DSC00129.jpg
・Apple Lagaer
・Rye Bock
ベアレン醸造所

DSC00167_20130309180827.jpg
・立春朝搾り 月の桂
ちょうど前日が立春だったのです

雄町や五百万石に感じるカシっとした硬質な味わいを更に新鮮に先鋭化した味わい
・・・これが酒が落ち着いてないってな状態なんかな?

ユルユル飲んでいたら
DSC00163.jpg
・アテ追加
スモークな白子とウニ

DSC00165_20130309180827.jpg
・あの松の実

アレンジの難しそうな焼きかに除くと前回と同じ料理はないのです
店主の驚いてもらおう楽しんでもらおうって気持ちが感じられて
ホンマに楽しい会でした
今から来年の会が待ち遠しいです

おおきにありがとう!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれ、あれ?
この記事飛ばして見ちゃってました。
当日はいろいろありがとうございました☆

この日届いたカニはかなり大きかったっス…。
無理に全部使おうとして失敗しましたナ。
来年は半分の量でいいですね。
も少し安くできると思います♪

懲りずにまたやりましょう!

なかじんさんコメントおおきにありがとう

カニ一杯ってのも大きな魅力なんですが
そこに拘ることは必要ないんですか?
兎にも角にも
次回も楽しみにしておりますのでどうかよろしく

つーか
ブログ拝見しました
鴨汁は好物ですが専門店ってコンセプトは潔良すぎませんか?
取り急ぎ
ざるを食べに行きます
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。