スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日 本番

二月下旬ってのはほぼシーズン終わりなので
いつも無理言って申し訳ないのだけど
それでもやめられないのは素晴らしく美味しいので
この会も五年目となって最早定番になっております

今年も丁度誕生日の近い泡友と四人でお邪魔したのは

DSC00285_20130323093100.jpg
・日出鮓

今年もよろしくお願いいたします
実は今年もブラインドを仕組んでみたのだが
拙にとっては珍しい分野

っと先ずは料理から

DSC00286_20130323093100.jpg
・ってビールやん

先ずは樽生ビールなのですよ

DSC00287_20130323093059.jpg
・突き出し
菜の花

如月なので春の兆しって感じですかね?

DSC00289_20130323093059.jpg
・五種盛り
タイラギ炙ったの
煮ホタテおつまみヴァージョン
蒸しアワビ
煮牡蠣
ヨコワスモークのヅケ

あり?いつもと同じ展開だなぁ
いえいえ
DSC00290_20130323095112.jpg
・テッピ

このゼラチン質な皮と贅沢に配された湯引きの身が幸せです

DSC00292_20130323095113.jpg
・テッサ

独特の歯応えに旨みが炸裂
まさに禁断の必殺技ボルテッサ三段返し
あ、塩で頂くの忘れた

DSC00296_20130323101710.jpg
・フグの空揚げ

メインです
ここの空揚げは必殺アイテムではあるのです
その中でも禁呪クラスのアイテム

骨の周りの肉が美味しいのは周知の事実だが
最早これは
無言でしゃぶりつくす如月の宵

DSC00297_20130323101708.jpg
・雑炊

脂の要素のない旨みだけの魚フグ
その旨み全開の雑炊は
そら旨かろう

DSC00298.jpg
・香の物

自家製の漬物に大旦那のキラーパスアイテム昆布佃煮
この佃煮もダーリングが自作したりしてみているのだが
至らぬ境地の味わいなんですよ
美味しい

DSC00299_20130323101709.jpg
・迷わずおかわり

必至です

DSC00300.jpg
・握り鮨開始

雑炊をおかわりしながらも鮓屋ゆえに鮨もいくでしょう

DSC00301_20130323103133.jpg
・スミイカ

いきなりイカのレアアイテムきました
味わいにおいてはケンサキイカが強いのですが
このサクサクとしたイカらしからぬ食感のスミイカ
好物です

DSC00302_20130323103132.jpg
・甘鯛
昆布〆

昆布〆の必殺きました
艶めかしいほんのり桜色が美しい
・・・季節的には梅なんですけど梅色ってあまり言わないね?

DSC00303_20130323103132.jpg
・シマアジ

外せません

DSC00304_20130323103133.jpg
・ミル貝
炙ったの

磯の香りと香ばしさに身の甘味
要素の詰まった貝

DSC00305_20130323103906.jpg
・シャコ

縄張り意識が強く獰猛な甲殻類らしいのですが
ジューシィで穏やかな味わいからは想像つかない

DSC00306_20130323103907.jpg
・イクラ
自家製

DSC00307.jpg
・ウニ

瀬戸内のものは繊細な味わいで好き

DSC00309_20130323103906.jpg
・マグロ
赤味のヅケ

DSC00310_20130323104701.jpg
・煮アナゴ

香ばしさにおいては焼きアナゴなのですが
口どけにおいてのこの煮アナゴも捨て難し

若旦那によるとアナゴによってどちらにするか決めてるとの事

DSC00311_20130323104701.jpg
・シマアジ
スモーク

スモークにしてこれほど味わいが違うのもシマアジが一番ではなかろうか?
ま単純に好きな鮨種だけに贔屓目にすぎないか

DSC00312_20130323104700.jpg
・玉子

江戸前鮨を締め括るにはあのすり身の入ったヴァージョンこそ似つかわしいのですが
この出汁の利いた玉子の味わいも甲乙つけがたし
このやや甘味によった味付け加減が何とも絶にして妙なのです

DSC00313_20130323104700.jpg
・胡瓜巻き

この小振りの胡瓜が好きなんです
江戸前の巻きものって事ならば干瓢巻きなんでしょうけど
巻きものではこれが一番好き

DSC00314_20130323104701.jpg
・カイワレ
昆布〆

レアな昆布〆きました

追加で
DSC00316_20130323105245.jpg
・煮ハマグリ

このジューシィさ!
外せません

飲んだのはこちら
DSC00288_20130323093059.jpg
・Grand Vintage 2003 Varnier-Fannier
AvizeのRM
Ch 100%
Dosage Brut

ここのノンドゼを飲んで初めてノンドゼを美味しいと思った
そんな記念碑的な造り手
ミレジメは初めて飲む・・・かな?

細かく溶け込んだ泡
ハニーなニュアンスはあるがモカなどはまだまだ
ほの苦さがあるからかやや余韻は短めで
酸もBdBとしては少々物足りない
けど
2003年という酷暑の年でこの酸は逆にお見事?
残念ながらもはや手元にはないのだけど
三年間セラー部屋に放置していた甲斐はあったかな?

これを選んだのは次に
DSC00291_20130323095112.jpg
・Clos Jacquin Pierre Callot
AvizeのRM
Ch 100%
Dosage Brut

年産数百本のドレッドノートクラスのレアアイテム

数年前の恒例シャンパーニュ会で飲ませてもらって衝撃的な味わいだったもの
ジャックセロスに迫る新樽のインパクトに強い酸と強烈な果実
そのときの様子はこちら
・・・この時は年末ではなく新春だったのね?・・・にしても五年も前ですかい

そのときのインパクトで購入後寝かせてあったアイテムとのこと

新樽の香ばしい要素はあるけど
あり?酸の強さは?
うーむ
やや甘さも強く感じる
十分に素性の良さを感じさせるバランスの取れた味わい
だがそれゆえ上品なBdBに収まってしまった感がある
少なくともあのインパクトはない
置いていたのでこうなったのか
ロットが違うのか
・・・これミレジメ表記なしだし
あまりに希少なアイテム故に見当もつかないし検討もできない

次はブラインド

エッジにオレンジ色のあるルビー

最初からフランボワにフレーズが混じる赤系果実の素晴らしさ炸裂
もう少しであの神がかった朝露のイチゴ畑の真直ぐな道に届きそう
甘いエピスなニュアンスに大地に根ざした森っぽさもでてくる

以外にもタンニンがまだしっかりあるけど
たまらん甘酸っぱさも

泡友氏はミレジメは1986年
・・・って何故にそこへいきなり至るのか?
若旦那に至っては造り手に畑まで正解
・・・素晴らしいテイスティング能力ですなお見事!

ダーリングの誕生日を祝う赤ワインは
DSC00293.jpg
・これだ!

DSC00294.jpg
・Richebourg 1986 Meo Camuzet

拙のリッシュブールへの思い入れは石山級です

DSC00295.jpg
・裏ラベル

昨年にたまたま隣り合ったご夫妻がここのClos de Vougeotの1986年を焼き白子に合わせてたのが印象的で
真似させて頂きました
その時は
白子に赤ワインですかい?って思ったけど
実際にあわせてみると思ったより

かなり素敵なマリアージュをみせておりました

そして
DSC00317_20130323105246.jpg
・Grande Cuvee Krug
ReimsのNM

今は品種構成非公開ですが昔は
P.N 45~55%
P.M 10~15%
Ch 35~45%
ってな記述がありました
Dosage Brut

何と!
旧ラベル!!

初めてフランスに行って
ルーブル美術館の近所の「Nicolas」で
英語をほとんど話せない店のマダムのとこで購入したのも
これでした
・・・懐かしい

思い入れのあるこの旧ラベルはどういう姿なのでしょうか
・・・最近又ラベル変わったので旧旧旧ラベルってとこか?

輝かんばかりの黄金色に細かく溶け込んだ泡

甘く香ばしい綿菓子にノアゼット
・・・よりもスペインアーモンド?ペカンナッツ?か

ひねた要素は微塵もなく
綺麗な熟成を遂げたクリュグ
旨しです

おまけ
DSC00308_20130323103906.jpg
・le Mesnil Reserve Selection 1988
le Mesnil-sur-OgerのCM
Ch 100%
Dosage Brut

しっかりと熟成した甘く香ばしい
モカきてる?ブリュレはないかな

酸の強さはシャルドネっぽいけど
シャルドネ単体でこの濃厚な感じは1988年ゆえでしょうか
・・・ええP.Nブレンドされていると思いましたとも

ここは実に良い造り手であると思っているのです
ドザージュが大目なのか温度が上がるとやや甘味強し

良い誕生日のお祝いとなりました
おおきにありがとう!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

来年も。

おはようございます。
恒例のふぐまつり、楽しんでもらえましたか?
来年もお待ちしています。
カミュゼ86旨かったです。

板前。さんホンマおおきにありがとうございました

リッシュブールは凄かったです
来年も是非!
よろしゅーに
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。