スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビール

ベアレン醸造所に傾倒していて
色々なビールを飲む機会が減っていました
ワインに比べると単価の安いビールは
インターネットで買い物すると大抵送料が別に発生する
吝嗇なつもりはないのだけど何だか勿体無い気がするのよね
大手のビールメーカーであればスーパーマーケットに百貨店にコンビニエンスストアにディスカウント酒屋
これだけ探せば大抵見つかる

でもクラフトビールはなかなかに売っているところはないのよね

ダーリングのソウルメイトからのプレゼント
DSC00409.jpg
・I.P.A Pale Ale Yorocco Beer

DSC00410.jpg
・裏ラベル

共通しているのはエエのだけど
ラベルの色以外に其のビールが何なのかの記述がない

DSC00509_20130408103139.jpg
・Wheat Ale Porter

ここのブルーマイスターはあの横浜ビール出身との事で飲む前から期待が高まる

I.P.A
濁りのあるアンバー
柑橘系のホップがかなり強めながらも麦芽由来の甘い香りもある
ホップバンバンの苦味と麦芽の香ばしさと甘さのバランス
アメリカンなI.P.Aのスタイルだと思うけど麦芽っぽさが明確に感じ取れて好印象

Pale Ale
色合いはI.P.Aと同じ程度のアンバー
トフィーで甘い焙煎した麦芽香
たっぷりモルト味と香ばしさ
穏やかなホップ使いがうれしいペールエール

Whaeat Ale
少しくすんだ濁りのあるカーキ
コリアンダーシード
かなり酸味のある味わい
ベルジャンホワイトのスタイルだと思うが強い酸味があるのが珍しい
ボディもしっかり目なのもまた
いとおかし
このスタイルだと軽やかに仕上がっているのが多いと思うんだけど

Porter
ややグレーを感じる黒褐色
焙煎された麦芽の香ばしさがエスプレッソの如く香る
イメージ的にスタウトっぽいのだけど
飲むと以外に酒躯は軽くておもしろい
余韻に強い苦味

個性のはっきりしたクラフトビールだと思いました
かなり曲者?

おまけ
DSC00401.jpg
・大手のビール
色合いがかなり違うしブラインドの意味も無いのだけど
取り合えず二種類グラスに注いでブラインドで飲んでみた

The Extra アサヒビール
茶色が強い黄色
甘い麦芽の香り
飲み応えのある苦味から甘さの余韻
なのだけどキレがあってせっかくの味わいが尻すぼみ
このビール会社の特徴としてキレを重視せざるおえないのは理解できるが
こういった酒躯のしっかりしたビールにまでキレを追及する必要があるのだろうか?
結構うまいと思ったので残念

蔵出し生ビール
やや濃い黄色
ホップのややあおい清々しい香り主体
ホップの苦味が特徴的
比較したのが濃いビールであったのであまり感じなかったけど
普通に美味しいビールだと思った
麦芽100%としてはやや軽ろやかに過ぎるか?
技術的にはすごいのかもしれないけど少し好みと違う

合わせたもの
DSC00511_20130408110213.jpg
・ニュルンベルガー
Lindenbaum作

最強のビールのアテの一つ
これに匹敵するのは枝豆ぐらいではなかろうか?

じっくりと焼き上げヴァージョン
あまり焼きすぎると味わいがカッスりするので
香ばしく焼き上げるのは結構難しい
・・・横着な奥の手もあるんだけどね

DSC00510_20130408110213.jpg
・スモークトヘリングス
Lindenbaum作

イングランドっぽいと思うのですがどうなんだろ?
緑の葉っぱは何だろうと思ったのですが
ローリエの周りを飾り切りしてあんのよね?

さて燻香の穏やかなマリネされたニシン
かなり合わせる飲み物を選びます
ピルスナータイプの普通のビールでは特有の臭みが前面に
ここはポーターが正解!
同じ黒ビールでも下面醗酵は駄目なのよねぇ


スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。