スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり明けてます

今年もよろしくお願いいたします

年始早々の記事で謝罪するのも情けない話ですが

京都の住所あてに年賀状を送って頂いた方々へ
「あて先不明」で年賀状が戻ってきたことと思います

誠に申し訳ございませんでした

郵便局のせいもあるのですが
郵便物の転送に関しての拙の理解が浅かったことも要因の一つだと思います

今、現在は高槻でも京都でも「宛先不明」攻撃は回避するようにしましたので
懲りずに送ってくださいませ

以下の顛末はいつもの冗長な文になっています
興味のある方はごゆるりとお付き合いください
ではなぜそんなことになってしまったのでしょうか?

話は遡って2013年末はひさしぶりにカウントダウンに参加しました
場所は「なかじん」

カウントダウンにシャンパーニュを飲んで
早々に退散する予定だったのですが

無理

繰り出される肴に中村さん秘蔵の酒

そんな誘惑に勝てるほど拙はできた人間ではありません

阪急電車を富田駅まで乗り越すおまけつきで元旦早々の朝帰り
お昼に「雪花菜」のお節を頂きながらお気に入りの玉川の福袋

元旦は短かった

っと
閑話休題
酔っ払いながらも今年の年賀状の少なさには気づいていました
その時は、まぁ京都の方についているのかなと思っていたのですが

京都の方には一切届いてない

そうこうするうちにメールで年賀状が「宛先不明」で戻ってきたとのお知らせや
「宛先不明」で年賀状が戻ってきてしまったので高槻宛に再送していただいたものが届いたりし始めました

これは郵便局の仕分けに問題があるに相違ない

実はしばらく京都を拠点にしていて高槻の郵便物は京都に転送していたのです
最近は高槻主体の生活なので転送を取り消そうと郵便局に行って手続きをしようとしたのですが

「できません」

では、どうするか

「京都の郵便物を高槻に転送する手続きをしてください」
とのこと

これが、きっとブービートラップになっていると想像に難くないので
年明けに郵便局に行きました

待たされること三十分
京都の郵便局に確認するので携帯電話に連絡するとのこと

一時間後

郵便物の転送の仕組みは基本が引っ越しを前提としているので
ある期間(確か一年間)を過ぎると転送のサービスは終了となるのです
まぁ、いつまでも転送などというイレギュラーな処理を抱え続けるとそれこそ処理が複雑怪奇になってしまうので
期間を設けるのは仕方ないでしょう


郵便局のサービスの良いところは転送期間が終了した旧住所宛てに届く郵便物は
「宛先不明」となって処理されてしまうのです

まぁ引っ越しという行為を考えると引っ越した前の住人の郵便物が届くのは
新しくそこに住む住人にとっては面白いことではありません

高槻→京都 引っ越し転送
京都→高槻 引っ越し転送

という図式で
高槻の方は後の引っ越し転送の申請で拙が住んでいることとなって問題ないのですが
京都の方は後のほうの申請後に転送期間が切れたので
「宛先不明」となってしまったのです

そんなん知らんがな

では、引っ越し転送以外の転送は可能なのか?
・・・あるよね、引っ越し以外で転送するケースなんていくらでも思いつくし

「ありません」

そうか

「高槻から京都へ引っ越し転送の手続きをしに郵便局へお越しください」

いやいや
それって転送期間が過ぎたら今度は高槻が「宛先不明」攻撃にさらされるわけですよ
一年ごとに引っ越し転送の手続きをしろと?

実はここに至って「宛先不明」攻撃を回避する方法があることに気付きました
なので、電話をかけてこられた郵便局の担当者に詳しく調べてもらうようにお願いして
今に至るなのです

さてその方法とは?

そもそも引っ越しの転送なんかで手続きしたのが間違いで
京都に拙は住んでないってフラグがたってしまったのです
それを消す方法はあるはずでして

実際にありました
京都に新規で「転入」すればよいのです

これで問題は解決しました

戻ってしまった年賀状・・・とそれ以前も戻ってしまった郵便物もあるかもしれない・・・はもう手遅れです

皆さんも引っ越し転送の罠には十分にお気を付けくださいって
・・・そんなケースは多くはないのか

さて
さらに余談
どこまで郵便物の仕分けを自動でやっているのか不明なのですが
文字認識処理が進んでいるとしても自動作業は限界があるようにも思えます
と申しますのもほとんど全滅に近い「宛先不明」攻撃をかいくぐって
唯一通だけ愛しのマダムからの年賀状が京都の拙あてに届いたのでした
・・・愛の力か?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カウントダウン、久しぶりに仲の良い友達ばかりと飲んだので、ついつい調子に乗ってしまいました…orz

やはりさすがのドニエク師匠も電車、乗り越してしまわれたのですね…。
(全員ベロベロだったもんね…)

送ったデ。

年賀状帰ってきました。
今、酔っ払っているので、覚めた時に、
もう一度事情を見てみます。
ややこしい。

No title

私も年賀状が帰ってきた一人です。
なるほど、そういうことだったのですか。
随分時間が経ってから帰ってきたので??だったのですが
うちも数年後同じケースになりそうなので、大変参考になりました。
元の住所に戻るには転入届、ですね。

なかじんさんその節はありがとうございました

ここ数年は自宅での年越しばかりで
外で賑やかなカウントダウンは久しぶりでうれしすぎて


呑みすぎました

でも楽しかったです
今年も是非やりましょう
お願いします

Snowyのおっとさん申し訳なかったです

わかりやすく書いたつもりですが
読み返すとわかりにくいですね

すいません

Moetさんコメントおおきにありがとう

年賀状が戻ってしまいすいませんでした

また説明が分かりにくかったようです
通常の引っ越しのケースは転入届は必要ありません

引っ越し先に引っ越す元の郵便物の転送依頼をすると
転送期間(最長で一年だったと記憶しています)が過ぎた時に
引っ越し元宛の郵便物は宛先不明として処理される
ってことです

風の噂では東京から引っ越されたとお聞きしたのですが?
いまいずこ

ネット環境への復帰、おめでとうございます。
WIN8はVistaからでも別物OSでした。もう使いこなすのは諦めて、メール、インターネットだけしか使っていません。

東京からいずこかはメールしましたので、そちらにて。

Moetさんコメントおおきにありがとう

メールとインターネットならば
スマートな電話で十分に対応できそうですね

いずこには今年研修旅行にまいりますので
またメールします
かまっていただけるならよろしゅーに

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。