スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやむ屋

ショールーム二件と家具屋二軒を回って丁度晩御飯の時間
・・・もっと正確に言うとタカムラで時間をつぶしそこなって福島公園で調整して

折角の大阪遠征ですから晩は久しぶりに「あやむ屋」へ

DSC02540_20140507091502e8e.jpg
・さぁ!

今日は焼きメインでいきますぜ
DSC02536_2014050709004326c.jpg
・ハートランド<大>

ここに来たのであれば
樽生ビール二種類に悩むことなくサイズが大であるハートランドを選ぶ

大きい方がお得であると思うのは酒呑みの妄想の産物であろうか?
まぁ大きい方が気分も盛り上がるのでよし

刺身に未練を残しつつも焼き中心の盛り合わせをオーダー

DSC02537.jpg
・キャベツ

DSC02538.jpg
・豆腐

この二つがそろうと開始って気持ちが加速します

DSC02539.jpg
・胸山葵
今では珍しくないレアな焼き加減ではあるが
最初にこれに出会った衝撃は年月を経ても忘れえぬ

DSC02541_20140507091504be6.jpg
・せせり
肉部位では最高に好きな一本

ビールは二杯目に突入していたが
清酒も追加

にごりをオーダーすると店主のおすすめは黒板メニューだったので

DSC02542.jpg
・春一輪純米吟醸にごり酒

DSC02543_201405070915068b8.jpg
・純米吟醸 刈穂

何と拙ビール醸造でお世話になっている木内酒造の清酒
・・・初めて飲むかもしれないな清酒

うーん
刈穂の方が好みかな

DSC02544.jpg
・ハツ

肉な部位はビールやら他の酒でもエエのだけど
内臓系になると清酒がどうしてもほしくなる

DSC02545_20140507095133398.jpg
・軟骨空揚げ

焼きメインで!
と思っていても
どうしても頼んでしまう軟骨

DSC02546.jpg
・ズリ

そのまま食べきるか、途中で山椒をかけるかいつも迷う
で毎回そうなのだけど今回もそのままで食べきることに

DSC02547_20140507095135f39.jpg
・ネギマ

単品でオーダーするときは内臓系に偏るあまり頼み忘れがちなんだけど
肉系の王道たるモモにネギの組み合わせは焼き鳥を代表する一串やと思う
・・・そんなのを忘れんなよ

DSC02548_20140507095136bd4.jpg
・山芋

これも慣れた目には何ともないけど
初めて出会った衝撃は以下同文

これを知って後のアウトドアでのBBQでは必ず山芋を皆に振舞っていた記憶がある

DSC02549_201405070951384a0.jpg
・王禄

DSC02550_20140507100308f97.jpg
・裏ラベル

懐かしい銘柄ながらラベルがいつもと違う
限定アイテムなんだろな

全体的にフレッシュで瑞々しい清酒だがしっかりとした酒躯に酸味のバランス
思い入れのある銘柄であることを抜きにしても好きな清酒なんだと再確認

超王禄ってベタな名前もエエ感じ
・・・超合金みたいで

DSC02551_20140507100309480.jpg
・厚揚げ

焼きメインと言いながら
以下同文

揚げたての厚揚げは食べねばなのです

DSC02552.jpg
・ナンコツ

スパイスで
好きな部位なので
タレ!塩!!スパイス!!!
と三種類を食べ比べたい欲望がいつもある

DSC02553_201405071003110f1.jpg
・いとこ
ウズラ卵好きな故にたまらん
これウズラのつくねで親子とかにはならんのかなぁ
・・・と妄想

DSC02554_2014050710031388c.jpg
・ズリヘタポン酢
名前のヘタレ具合が似つかわしくない酒のアテ

焼きメインの構想はどこへやら?

DSC02555_20140507101530828.jpg
・つくね

ジュだくなつくねは以下同文

DSC02556_201405071015319bb.jpg
・Neuf Sogga pere et fils

DSC02557_20140507101533811.jpg
・裏ラベル
一見ワインのようですが一升瓶に入った清酒です
・・・じゃなくて1500mlのマグノム瓶ですか

熱い思いが綴られています

舌に刺激を感じるフレッシュさと901酵母の組み合わせは
置き忘れてきた何かよりもワイングラスで飲む最近の清酒に似たものを感じた

DSC02558_20140507101534e03.jpg
・セギモ
そろそろフィナーレか?

でも清酒はとまらない
DSC02559.jpg
・恩 純米吟醸 9BY
冷蔵庫で眠っていた希少な古酒

十七年前ってことは二十世紀ですやん!

保存状態が低温だったので恐ろしく若い
つーか若すぎる!期待した味わいとギャップはあるけど旨いのよねぇプシュー

DSC02560_2014050710302961f.jpg
・キモ

で一通り

あり?カワが来てませんけど
帝国の双璧たるカワを食さねばイゼルローン回廊まで勇躍してきた意味が

へ?切れましたか
むー

DSC02562_20140507103030a41.jpg
・つなぎ

希少部位で補完

清酒は行きついた感じがあったので
・・・つーかこれ以上清酒を飲むと翌日に差し支えるのは自明の理なので

ベルギービールの予習なぞと思って頼むと
メニューにない瓶を持って来られた

DSC02564.jpg
・Oude Gueuze Mort Subite

丁度、旅行に備えてランビックの書籍を読み返していて興味がわいていた作り手
なんと冥加な

しかも
DSC02565.jpg
・375ml
商業的なアイテムを作る醸造所がリリースする本格的なランビック
・・・でしかも長期熟成を経たレアアイテム

ここのこのアイテムは荒々しい酸味が特徴らしいが
円やかになっているのは長期熟成した結果なのであろうか
瓶内二次発酵長期熟成で糖分は消費されつくしているはずだけど甘いニュアンスを感じる
泡立ちの良さや明るい色合いから冷蔵庫もしくはセラーで大切に保管されていたものと妄想する

調子に乗って
DSC02566_2014050710303349d.jpg
・Grappa di Brunello Salvioni
グラッパで〆る

肥後橋へ行ってショットバーで〆るのを諦めて
ここ一軒で完結させることにしました

DSC02567_20140508133434fef.jpg
・焼きおにぎり

最近のフィニッシュはこれです
万全ですな

好きな焼き鳥の存在に加えて、色々なお酒が飲めるって魅力は計り知れない
でも何よりもここが好きなのは
酒が好きすぎる店主の溢れんばかりの想いが好きなのだと思う

あ!
居酒屋情報を尋ねるのを忘れた
ならば、次回はカワを是非

おおきにありがとう!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 焼鳥
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。