スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oud Geuze飲み比べ 1

水無月になってます
二年ぶりとなる「Equip若旦那」研修旅行が今月にあるのです


休みがとりにくいダーリングがもぎ取った権利を楽しみつくす
ってことで
フランスのシャンパーニュの前にベルギーのブリュッセルへ行きます

カテゴライズしにくいほど多岐にわたるベルギービールですが
・・・それでも、近代のピルスナーに席巻されて消えていったビールは数多あるらしい

ブリュッセルといえば

ランビック!

ランビックといえば

DSC02677_20140604162145c39.jpg
・Oud Geuze

でしょ!

ブリュッセルに残存している醸造所はCANTILLONのみで
他はブリュッセル郊外になるのですがね

単体ではどれも飲んだことのあるアイテムなのですが
飲み比べるのは初めての試みだと思います
・・・ブラインドです

a)
オレンジの入ったゴールド
泡立ちはそこそこ

酸からグレープフルーツの果実ぽいフルーティさ
奥底まで探すと仄かに皮っぽさ

酸からドライな味わいは苦みのフィニッシュへと
余韻に柑橘のピールっぽさ

b)
少し薄めのオレンジが感じられるゴールド
泡立ちは一番良い

a)より強い酢酸系なエッジの効いた酸っぱい香り
探さなくても皮っぽさにブレッティなニュアンスも

酸からやや軽い飲み口はクリーミィさを感じる

c)
a)よりは幾分オレンジは弱いがはっきりつぃたオレンジを感じるゴールド
泡持ちは良くない

甘い香りに皮っぽさはエナメルコーティングした女王様仕様

苦さとコクから酸が立ち上がる感じ

c)はMariage Parfaitだと思った
b)はc)に近いのでBoon Oude Gueuze
a)はOud Beersel Oud Gueuze

お!
正解ですか?
幸先の良いスタート

ただ飲み比べて判断したのだが
以前に飲んだ印象とだいぶ違うんだよなぁ
・・・って偶々当たったようなもんだね

DSC02678_20140604162146706.jpg
・Boon Oude Gueuze
2010年から2011年にかけて醸造されましたって意味だと思います

インポーターの資料

DSC02679_2014060416214777d.jpg
・Boon Mariage Parfait
こちらは単一年のランビックを使用するのでMillesimeになるわけです

DSC02681_201406041621497df.jpg
・Oud Beersel Oud Gueuze
裏ラベル
6%あるんですよね

DSC02683_20140604165737c6b.jpg
・Boon Oude Gueuze
裏ラベル
7%

DSC02682.jpg
・Boon Mariage Parfait
裏ラベル
8%

すでに香りに酸っぱさがあって飲んでも酸が結構あるのですが
手元の資料で一番酸が穏やかな三本を選んだのです

さぁ次の三本はどうしようかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。