スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oud Geuze飲み比べ 2

さて二回目です

今回はやや軽めのボディの三本を比較してみましょう

DSC02687_20140604165738646.jpg
・この三本です


ランビックが好きな方だと何でGirardinが!と思われるかもしれません
かわりにCANTILLONにするか刹那迷いましたが
あの酸味ではブラインドにならんだろうと思ったのでこっちにしてみました

a)
ややくすんだゴールド


・・・柑橘系ではなくて酢酸系
仄かに皮っぽさとピールな感じも

酸は多く柑橘系な中盤は少し苦みの余韻

b)
オレンジ強いゴールド

甘い香りに酸
全体的に香りのトーンが低く穏やか

一番酸が強く感じる
香ばしさとコクのある味わいはかなり苦い余韻へと

c)
オレンジ強いゴールド
b)と同じ程度か?

皮やブレッティな複雑さに酢酸っぽい酸

酸はあるけどやや軽いボディ

a)はCuvee Chapeau Oude Gueuzeだと思う
これは初めて飲むアイテムだけど
自ら飲んでみようとは思わない作り手であった
・・・正解!
5.5%

b)は酸が一番強いものの香りがおとなしいので
Cuvee Rene Gueuze Lindemansで
c)の複雑な香りこそが敬愛するGueuze Girardinだと思った


不正解
b)Gueuze Girardin
5%

c)Cuvee Rene Gueuze Lindemans
5.5%

あ~
これ外すかぁ
これだからブラインド試飲は楽しいのよね?
・・・軽く凹むけど

アルコールのヴォリュームは前の三本よりも軽めで
酸はかなり強く感じました
これぐらい酸が強くないとらしくないと感じるのは一線を超えてしまっているのかな?

次の三本はどうするかなぁ
スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。