スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014旅行記14 Brasserie Cantillon Brouwerij 3

DSC02860_20140707203255d8e.jpg
・樽貯蔵庫にあった

DSC02861_201407072032479c3.jpg
・最初の発酵は激しい

この樽上の栓は開けておくらしい

DSC02868_20140707203249643.jpg
・濾過装置

樽からこの濾過装置で酵母の残骸を取り除いて

DSC02866_20140707203257cf8.jpg
・最後にまとめる容器

Gueuzeとは三年熟成させたランビックに二年や一年と熟成の若いランビックをブレンドして瓶詰したものです
熟成の若いランビックには糖分が残っているので瓶内二次発酵することにより
発泡性のあるビールとしてのGueuzeが出来上がるのです

DSC02867_20140707203259140.jpg
・フルーツランビックを仕込む槽

二年物のランビックにサワーチェリーやフランボワーズやブドウの果実を浸漬して
フルーツランビックを作っています

果実を浸漬せずに果汁を足したり、フルーツシロップを足したりするところも多いのですが
カンティオンは流石にこだわりの作り手たる面目躍如
果実浸漬にこだわるようです

フルーツランビックも瓶内二次発酵されるので糖分は残存しません
中には甘い味わいのフルーツランビックも多く世の中に存在するのですが
それらは瓶内二次発酵させていないランビックなのです
・・・結構このあたりのいい加減さがヨーロッパではあまり類を見ないです

DSC02872_20140707205250215.jpg
・樽

一見静かに熟成しているようですが実際は内部で絶賛醸され中なのです

DSC02869_20140707205248995.jpg
・階段

DSC02873_20140707205302a0d.jpg
・片隅に
かつての瓶詰装置かな

DSC02871_201407072053010c0.jpg
・ホール6 樽の洗浄

DSC02877_20140707205253090.jpg
・樽がありますね

DSC02878.jpg
・実際に洗浄作業をされていました

DSC02879_201407072057541e1.jpg
・ホール7 ボトリング

DSC02881_20140707205758214.jpg
・瓶の洗浄

へ?
一本づつ手作業なの?

DSC02882_20140707205759a56.jpg
・職人の背中

スタッフの皆さん色違いですが同じTシャツを着てはりました

DSC02880_20140707205757ca6.jpg
・瓶詰装置

流石に自動化されているようですが
拍子抜けするほど小規模です

DSC02890.jpg
・ラインは動いていませんでした

DSC02885_20140707210451d86.jpg
・ホール8 地下の貯蔵庫

DSC02886_20140707210452824.jpg
・注意書き

DSC02883_20140707210451bed.jpg
・並ぶ瓶

DSC02884.jpg
・Gueuze

DSC02887_201407072104556d9.jpg
・Zwanze 2013

年二回行われる公開醸造で醸される特別なビール
何とランビックではなくアベィスタイルのビールに10%のランビックをブレンドしているらしい

飲んでみたい

DSC02888_20140707211653bbd.jpg
・Kriek

サワーチェリーをランビックに浸漬して作るフルーツランビック

DSC02891_20140707211656460.jpg
・Rose Gambrinus

フランボワーズとサクランボを浸漬して作るフルーツランビック

DSC02889_20140707211654cf0.jpg
・Iris

ランビックとしては規格外の自然発酵ビール

小麦を使わず大麦麦芽のみ使用
新しいホップを40%アロマホップとして麦汁煮沸時に投入
ボトリング前にホップを袋に詰めて浸漬して香りづけ・・・ドライホッピングって手法ですな
若いランビックを追加するのではなく糖分を追加

DSC02892.jpg
・一通りの醸造所見学終了

でも
まだ続く
お楽しみはこれからなのですよ
スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。