スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016旅行記01 バル巡り Casa Urola

二年前の旅行の時にも計画はあったのだけど、泡魂友夫妻と予定が合わなかったのでした。
今回は二年越しに念願のスペインはバスクのサンセバスチャンで憧れのバル巡り
さてさて

DSC05528_20160619100111064.jpg
・Casa Urola

スペイン愛な友人からお勧め頂いたお店
二階がレストランで一階がバル

先ずはここから行ってみよぅ


スペインのビルバオ空港に行くにはC.D.Gで乗り換える必要があり、
そのためには朝一番の羽田からC.D.Gへ飛ぶエールフランスに乗らねばならず、
金曜日の晩に京都から東京へ移動して羽田近辺で一泊せねばなりませんでした。
食事は新幹線車中で京都伊勢丹で買い出した朽木旭の鯖寿司とカヴァ二本でした。

今回は天候が荒れ模様なのか、飛行の最後はかなり揺れていました。
機内食はそない他航空会社と変わりませんが、
食前のシャンパーニュと食後にコニャックとポワールウイリアムズがあり
食後のチョコバーのサービスもエエ感じなのですよエールフランス。
・・・まさかの帰路の落とし穴があるとは想像できませんでしたよ

無事にC.D.G着き、乗換にかなり時間的な余裕があるのですが
2Gってどんどん寂しい雰囲気のターミナルに移動して
タラップを利用して航空機に搭乗。
雲が厚くて残念ながら飛行中は地面見えず、
ビルバオ空港には先着していた泡魂友夫妻が迎えに来て頂いていて、
そのままレンタカーでサンセバスチャンへ、
フランスと違って山がちな風景はどことなく日本に似てるか?
サンセバスチャン市内のホテルに荷物を置いて
さぁ
バル巡りの開始です。

バルの集中する場所に至るまでに既に道にあふれる御機嫌な酔っ払いの人々
なんてひゃっほうな街なんだろうか?

第一目標のCasa Urolaに到着するも人気店ゆえなのか店の外に溢れるほどのお客さんたち
いきなりのアウェー感に一瞬たじろいでいると、
泡魂友夫妻が店のカウンターへすかさず切り込んでいくいく
我々もすぐさま後を追いました。

一杯目はカーニャだよなぁと思って店のタップを見るとこの店の生ビールは何と!
ピルスナーウルケル!!!
久しぶりに飲む樽生のウルケルは麦芽風味がしっかりしていながらホップの清々しさでいくらでも飲める
流石のピルスナーでした。

チャコリにシードラと四人いると色々と飲めて楽しいですね。
それにしても、一杯1€から2€程度と怖いぐらいに安いのですよ
酒飲みにはたまらんですなぁ

DSC05529_20160619100113376.jpg
・タパス
軽くつまみながら料理も頼んでみましょう

何と!憧れのものがまだ残っているではないですか!

DSC05530_20160619100114dd2.jpg
・白い奴

白アスパラガスは初夏の旬なアイテムですが、
6月にはシーズンが終わっていて食べる機会に恵まれませんでした。
天候不順なのが原因かそれとも例外的に6月初旬の旅行だったからか
思わぬところで食することができました。

ピルスナー飲んで、料理も美味しいし
ずっと、ここでもエエかなぁ
ってバル巡りにならへんやんかい?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。