スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記-02 空での食事

関西国際空港から北京空港までは3時間程度と拙の思っていたよりずっと近い

機体はB737-800
同系では最新ながらも、いかんせん元々が古い
通路が中央に一本でその両側に三連シート

狭い通路を行き来しながら供されたのはこれ

DSC06620.jpg
・機内食 その一
茶そばに謎の惣菜と
フルーツになんか甘い奴
恐らく大阪で積み込んだであろう軽食は
良くある機内食でした

DSC06622.jpg
・ビール
麦芽100%ではなく副原料(米)の入ったタイプ
青島ビール以外の中国のビールは初めて飲むかな?
すっきりと軽いが・・・
ヌルい

オレンジジュースも温い・・・
白ワインも温い・・・
この国は冷やして飲む風習はないのか?
っと思ったが帰りはもう少し冷えていたので
行きはなんかの問題があったんだろう、きっと

DSC06623.jpg
・オリンピック仕様

っと
言う間に何やら靄ってる北京空港到着
乗り換えの時間は・・・あんまりない!
急げ!
DSC06626.jpg
・オリンピック一色な空港
なんかめっさ広い空港を焦りながら
搭乗口に向かうと
「Wait a moment.」
まだ、搭乗開始ではなかった模様
何はともあれ、間に合ってよかった

次の機体はB767

昼はこんな感じでした
DSC06627.jpg
・Fish rice
メインが白身魚の揚げたものに醤油ベースの甘酢
それに謎のサラダとパンに月餅のような菓子

んーパンってのが何だかなぁ

DSC06628.jpg
・Beef noodle
日本ではあまり見かけない白い麺にややスパイシーな牛のソース
少な!
でも、こっちの方がまだ、美味しかった

上映された映画はプロジェクターの具合が悪く
英語の字幕が見えず、中国語分からず・・・

そうこうするうちに
夕食

DSC06629.jpg
・Chicken rice
チキンがホテイの焼鳥状態でダーリンついに音を上げる

DSC06630.jpg
・Seafood noodle
全くそそられない外見ながら、まだ食べれました
シーフードって小エビ入っているだけだが?

China Airの機内食はなかなか美味しいとの情報を得ていたが
まぁ、機内食
こんなもんではなかろうか?
中国仕様の食べ物は流石と思ってしまった

そして!
来ましたドイツ!
DSC06631.jpg
のどかな耕作地は空から見ても綺麗に整えられている

そして、予定よりも一時間程度遅れて
Muenchen Franz Josef Strauss空港に無事つきました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

機内食は

 大きい期待はしていないので、
まあこんなモンでしょう。

 でも、ホテイの焼き鳥はいけませんなあ。
 あきらめて食べるにはおいしいけど。
                     Byおっと
飛行機はええから、早くドイツに着こうよお。
                     Byつま

燕京啤酒

ドニエクさん、こんばんわ

燕京啤酒は昨年学会発表で北京に行ったときに
夕食のお供としてよく飲んでいました
取り立てて良いわけではないですが ^^;

その昨年の北京は往復ANAのビジネスクラスだったので
お酒も機内食もそれなりに美味しかったです ^^

まぁ、チェコでいろいろ試されたことと思うので
このくらいは良しとしましょう!

Snowyご夫妻さま コメントおおきに

拙はホテイの焼鳥は結構好きです
>おっと様

一応、今回でミュンヘン空港には着いたんですが・・・
>つま様

y_chevere さんまいど

飲まれてましたか?
細かいスペックは虚覚えなんですが
アルコール度が4.5と低めで
かなり軽いビールだと思いました
なので冷えてないのは少しよろしくなかったです
あまり飲む機会もないので
面白い体験ではありました

ビールは色々と飲んできました
と言うよりもビール以外の飲み物はほとんど飲んでません
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。