スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記-26 Franz Kafka Museum

拙がプラハで行ってみたかったのがここです

DSC06907.jpg
・入り口
なんだか妙な雰囲気を醸し出していますが
大人な小便小僧が向かい合っているのは何か意味があるのか?

DSC06909.jpg
・入り口

中はかなり凝った展示で
音、光などが効果的に使用されていました

フランツ=カフカもドイツ人だと思っていたのですが
プラハ生まれなのでチェコの人
ただし、この頃のチェコはオーストリア・ハンガリー二重帝国の支配を受けていたので
発表する作品はドイツ語だった模様です

中学生の頃に「変身」を読んだのですが
その短い本文を読み進めるのが辛い
淡々とした語り口がかなり怖い作品でした
で、
強烈な印象を今尚抱いていたので
是非、ここは来たかったのです

しかし、ここも英語の説明を読んでいくのはしんどかった・・・

DSC06868.jpg
・像
これは確かユダヤ人街にあった像

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

旅行記-21の返信からこのかた、
説得力のある写真群が続くやないですか☆(笑

しかしドッペル小便小僧とかラストの像とか、
ある意味シュールだなぁ…
(アンドロ軍団か!?爆

実は

写真担当を設定していたので
ちゃんと写真撮れてるんですよね

拙は聖地Plzen担当です
次回より怒涛のプルゼニュ編突入予定ですが
どう、まとめるか思案中です・・・

真実は見えるか?
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。