スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーデルワインブティック

何故に青山へ来たかと言うと
リーデルのショップがあってそこでグラスの説明を受けながらテイスティングできる
って情報を入手したためでした

さぁグラスだらけの店へ!

へーこんなに種類あんだねぇ
すげーっと
まだ、約束の時間前だったので
店内をプラプラ・・・

すでに店内の一角のカウンターにはグラステイスティングの準備はされている模様
頃合い見計らって教えていただきました
DSC00954.jpg
・五種類のグラス
使用するのはリーデル社のヴィノムシリーズ
ソーヴィニオンブラン
モンラシェ
ブルゴーニュ
ボルドー
の4つと
ジョーカーと呼ばれるグラス

DSC00955.jpg
・習う内容
グラスに合ったワインを他のグラスで飲んでみて
ワインの種類によって違うグラスを用意する意味を伝えたい
って事

DSC00952.jpg
・試飲の最中
わかりやすく説明いただきながら
ワインをアッチのグラスこっちのグラスと入れ替えて試飲

DSC00953.jpg
・試飲ワイン

ジョーカーの駄目さっぷりもお見事ながら
ソーヴィニオンブランとモンラシェのグラスの個性は強烈でした
やはり試してみるのが一番わかりやすいです

グラスのボール部分の径による唇の形と
グラスの外形の曲がり具合による首の角度で
口の中に導入されるワインの具合が劇的に違う
最終的に口の中でワインは存分に味わうので舌全体での印象になるのですが
導入部の第一印象が重要なんですなぁ

あとクリスタルガラスは凹凸があるのでそこにワインが引っ掛って香りたつとのこと
わかりやすい説明です
で、
他の臭いも付きやすいので、気をつけて欲しいのと
臭いが気になる場合は水洗いして水分を拭き取るのが手っ取り早いとのこと

色々と聞いても
即座に親切な回答をいただけて
ホンマ、良いセミナーでした

最後に
「マニアックで重いのですが貰ってください」と
DSC01149.jpg
・おまけ
250周年の記念本もらいました
ちょっと、重いけど
こういうの好きなのでうれしい

おおきに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひろぽんさん

日本語いけますよん

そちらの問題ではないでしょうか?

こちらの問題でした。原因は未解明です。

リーデルのハンドメイドは、マシンメイドの5倍以上高価ですが、ワインが格段に美味しくなるのでしょうか。

はたまた気分の問題なのでしょうか。

ひろぽんさんコメントおおきにです

PC大丈夫でしょうか?

さて、リーデルグラスは
すべてハンドメイド
ボール部ハンドメイド、脚の部分マシンメイド
すべてマシンメイド
と三種類あります。

ボール部分のガラスの材質もあるのですが
ハンドメイドの方が香りたつって説明は納得のいくものだと思います

おそらく、むちゃくちゃ高いものと言われているのはすべてハンドメイドのものの事でしょう
すべてハンドメイドのものは軽くて、脚とボールの接合部も自然で美しいです
機能的には変わらないように思います。

ちなみに我々がティスティングしたのはボール部ハンドメイド脚部マシンメイドのVinumシリーズです

丁寧な説明おおきに。

グラスより、まずはワインそのものの香りの違いが楽しめるようになりたいものです。

ひろぽんさんコメントおおきに

ワインの香りは
色々なものを
意識して飲むと
わかる・・・かな?

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。