スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIVO屋

披露宴を終えて二次会の会場へ適当に移動

港が見える丘公園にて
第二種装備から第一種装備へ換装
向かうは今旅のハイライト

PIVO屋

公園から緩やかな下りを降りると
(こっちから上れば楽やったんや!)
バス発見!
行き先は保土ヶ谷駅!
鉄道の移動を考えていたが、衝動的に乗り込む

はぁ・・・
荷物多いのは疲れる、早くコインロッカーに入れたい
ん?なんかこの路線図を見るととっても遠回りして保土ヶ谷駅に行ってない?

そう、そんな反対周りのバスに乗り込んだ我々は
地元民しか使わないようなところを延々回って保土ヶ谷駅に着いたのである
ひー
急ぎ荷物をロッカーに入れて
天王町へ向かう

又も15分遅刻・・・今度はホンマ全くもって申し訳ない
ホストは未だ到着しておらず、宴開始前なのでよかった

DSC01042.jpg
・来ましたよ!
Pivoはチェコ語でビールの事
なんと潔くも素晴らしい名前ではありませんか!

店内はチェコアイテム!
素晴らしい!
あーあのウルケルの看板欲しい・・・

DSC01043.jpg
・タップ
いつものようにカウンターのタップ前へ

これは通常営業の布陣で
本日は
ピルスナーウルケルにコゼルとマスターシリーズが二種類との事
で、マスターシリーズは日本初登場とのことだ!
すげー

そうこうすると
「Na zdravi!」の声と共に二次会が始まった
 ↑チェコ語で乾杯の意味

DSC01045.jpg
・Plzensky Prazdroj 12°
これこれ
これこそピルスナー!
まさか、こんなに早く再会できるとは思っていなかったので
感慨深く目が潤む

昨年夏の印象と比べるので正確さには欠けるが
チェコで飲むコンディションと同じ
いや、供出温度を考えるとこっちの方が美味しいかも?
チェコで飲んだのは何処も5度程度まで冷えていて、拙の好みからやや冷たすぎたのだ

素晴らしい!

DSC01048.jpg
・Velkopopovicky Kozel 10°tmave
軽やかなダークビールは女性に人気との事
成程

DSC01050.jpg
・Master Polotmavy 13°
拙が日本で始めて飲む客との事
光栄であります!

DSC01051.jpg
・Master Tmavy 18°
こちらはバリング度(麦汁糖度)がかなり高いのでしっかりしたビール

マスターシリーズの温度もそうですが
コンディションがチェコで飲んだものより新鮮に感じる

DSC01053.jpg
・こんな奴もカウンターにいました

「ウルケルのTシャツ着てこられたのはお客さん達が初めてですよ」
お!第一種装備に換装しておいてよかった

あまりの素晴らしさに店主とチェコの話で盛り上がる

地ビールでお勧めのところありますか?
と聞いてみると

「横浜にいいとこあります。桜木町です。」
ほーそれは行ってみようかな?

その後、
「さっきの横浜ビールの醸造長がマスターシリーズを飲みにくるので、ご紹介しましょうか?」
ええ、是非!

てな事で熱いチェコな夜は更けていくのであった

って二次会は?
スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

「第一種装備に換装」 分かる人おるんかいな。

摂氏5度でも香り豊かなんでしょうか。

ビールごとの適温があるらしいですが、「飲み進めていくうちに、温度や泡の状態が変わっていくのを楽しめたらいいなぁ」と思いはするのですが、、、気がついたらすぐになくなっていますなぁ。

または、寝てしまって、室温になった泡なしビールに出会うことも少なくありません。

うう

Re: タイトルなし

摂氏5度でも麦芽の甘やかさ、ザーツホップの清々しさが
感じられる、やはりこれこそピルスナーです。

で、それを8度で供出しているこの店は本当に秀逸です。

以外に本場のミュンヘンやプラハなどでビールの温度が低かったのが驚きでした。

そういえば、エールの温度が高いので
「君らイギリス人はビールのことがわかってない!」ってイギリス人に喧嘩売るドイツ人の話しを聞いたことがあります。
やはりエールはぬるいんでしょうかね?
イングランドやアイルランドのパブに行って体感したいところです

イギリス人は、大麦粥のようなものとしてビールを食していたらしいので、伝統的に温度高めだと予想しています。

また、上面発酵エールと、下面発酵ピルスナーの違いも影響しているのではないかしら。。

伝統的に

ビール粥はイギリスに限らず
ヨーロッパでは一般的に朝食として食べられていた模様です。

日本が冷やしすぎでヨーロッパではそんなに冷たいビールを飲まないと聞いていたので
8月の夏真っ盛りとはいえ、かなりキンキンに冷えたビールが出てきたのは驚きでした。

その反面、下面醗酵のピルスナーといえどやはり8度程度が良いという考えは
天王町のPivo屋で証明されたように、やはりベストな温度ではないでしょうか?

ご指摘通り上面醗酵ってのはひとつのポイントであると思います。

が、
しかし上面醗酵のものは色々とあり、
ヴァイツェンだとか、ケルシュやアルトなどのドイツ上面醗酵チームは
やはり低い温度で供されると思われるので
お国によるって感じでしょうか?
イギリス人は下面醗酵ビールを飲むときは冷やすのかな?
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。