スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champagne Agrapart et Fils × Le Caneton

我が家定番のシャンパーニュと言ってよいでしょう
アグラパール

生産者が来日し谷町六丁目のフレンチ
Le Caneton
でイヴェントがあるとの事

そら行かねば!
ぜひ参加でお願いします!!

DSC02183.jpg
・メニュ

参加してまいりました

本文長いです
ごゆっくりどうぞ
まず”Terroirs”が出ました

皆さんが揃うのを待っていると
DSC02181.jpg
・Amuse Bouche
フォアグラのクリームのグジエール
グジエールのフロマージュが全体を引き締めます
シンプルなグジエールも良いですが、これも勿論アリでしょう
美味しい

大体人が揃って乾杯に”Mineral"2002

DSC02185_20090802135354.jpg
・Fruits de Mer Salades avec Gelee de KONBU
周りに散るオレンジの物体は唐墨?
いえいえ、オマールのコライユだそうです
昆布のジュレが”Mineral”に合うわ
お見事!

珍しいCoteaux Champenois Blanc de Blancsに合わせて
DSC02188_20090802135355.jpg
・Carppaccio Dorade de AKASHI, Sauce Gaspacho, TOKOROTEN
ガスパチョに赤ピーマンのムースが良い
が、
明石の天然真鯛がやや存在感で負けてるか・・・
心太は面白いけど、どうなんかな?

”Venus"2002にあわせては
DSC02191.jpg
・Volaille Roti avec Risotto de Chaource et GOBOU
これは素晴らしい!
ゴボウも良い存在感でシャンパーニュに合います
何より伊勢地鶏が美味しい!焼加減よろしいです

Millesime 1996には
DSC02197.jpg
・NODOGURO Vapeur, Sauce de Champagne
ソースに”7Cru”を使っている贅沢な作品
むっちりしたノドグロはやや上品で
シャープな酸を感じるソースの存在感が際立ってました

ここまで、大文字の素材が日本独自のもの
なるほど

Millesime 1982マグノムには
DSC02204.jpg
・Caneton Grilled, Fricasse de Champignons, Sauce Fruits Rouge
トリュフが香る!
素晴らしい!!
やはり仔鴨は美味しいですね

DSC02210_20090802140657.jpg
・Chiboust de Champagne
ここはデセールがまた素晴らしい!
今回もシブーストの概念を打ち破る素晴らしい作品でした!

DSC02213_20090802140657.jpg
・ミニャルディーズ

さて、
アグラパールの当主パスカルさんとナタリーさんは初来日との事で
見た感じそのままの良い人達でした
質問を色々しようと思っていたのですが
各シャンパーニュの説明でかなり詳しく話してくださって
あまり聞くことがないほど丁寧に説明くださりました
気さくで話しやすく、お茶目で、シャンパーニュに関しては熱い
そんな方ですパスカルさん
ナタリーさんは落ち着いて知的な感じですが、話しやすい感じのいい方
でとってもお二人は仲がよろしい
素敵です

飲んだのは

・Champagne Brut Blanc de Blancs Grand Cru "Terroirs"
持っているグランクリュの全て
Avize, Oiry, Oger, Cramantの4つをブレンド
2ヴィンテージをブレンドするとの事で
現行は2005が50%と2004が50%
ドザージュは6~7g/l

定番ですが美味しいです

・Champagne Extra-Brut Blanc de Blancs Grand Cru "Mineral" 2002
Avizeのレ・シャンプトン区画のステンレスタンク醗酵のを50%と
Cramantのド・ランプレ区画の樽醗酵のを50%のブレンド
ミネラルの名前が示すとおり石灰質の畑だそうです
ドザージュは4g/l

ここの6アイテムのなかでも一番好きなもの
ミネラル・・・名前が良いですよね?
樽醗酵とは気付きませんでした
まだまだ呑み精進が足りないようです

・Coteaux Champenois Blanc de Blancs Vieilles Vignes
これは初めて飲みます
生産本数は何と500本
これは”Mineral”のベースワインの2006と2005のブレンドとの事で
何で複数年を混ぜるの?との問いには
「ひらめいたから」とか・・・

酸の強さはホンマに”Mineral”と同じです
「素のワインはこんなに素晴らしいんだ」と言いたい模様です

・Champagne Brut Nature Blanc de Blancs Grand Cru "Venus" 2002
Avizeのレッポスの上部パーセルの石灰質土壌から
ドザージュはなし
畑は馬で耕作
二次醗酵後の熟成は王冠ではなくコルク栓で
と、
どこまで出来るか!な作品みたいです

今回飲めなかったl'Avizoiseは同じ畑の下部のパーセルで
土壌は粘土質との事
これも何回か呑んでいますが粘土質土壌とは・・・

ヴィヌスは金星の意味で何とあのラベルの馬の名前なんだそうです
ナタリーさんがミュズレを外そうとされてます
何?
DSC02194.jpg
・ここにもいるよ
おお、今まで3本飲んでますが気付きませんでした

金星くんなだけに光ってます

・Champagne Extra-Brut Blanc de Blancs Grand Cru Millesime 1996
初めて飲みますミレジメ!
正体は”Mineral”とのこと

1996は寒い雨の4月と熱い夏が特徴らしく
糖度が高くなったのに酸が強い稀な年との事

素晴らしい
仄かにモカきてますか?

・Champagne Extra-Brut Blanc de Blancs Grand Cru Millesime 1982 Magnum
これはラベルが”Mineral”のものでした
かなり希少でとっておきアイテムとの事

ヴィンテージの特徴は・・・
「親父のものだから分からない」との事

仔鴨に合わせても遜色のない作品です
マグナムゆえかまだまだ元気一杯

ホンマ素晴らしい会でした
おおきにです!!!

おまけ
DSC02240.jpg
・サイン

DSC02241.jpg
・サイン

今日出るアイテムは知らなかったのですが
偶然にも1996を買って持っていったのです
へへへ、サインボトルはうれしいなっと
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

さすがアグラー!!

ドニエクさんおはようございます。
アグラパール美味しいですね。
このあたりのミネラルは私でも理解できるかも...

96ミネラルは特に良さそうですね。
読んでいて、唾液が分泌?してきました(笑)。

ラブワインさんコメントおおきにです

圧巻だったのは1982マグノムですが入手できませんから

1996は素晴らしい作品ですが、ちょいとお高いのが何とも・・・
それにしても、サインボトルはなかなかに開けるのには勇気が必要です

めっさ、行きたかったです~~!!

因果な商売についたものですv-406
絶対、仕事で行けない時間帯にこうゆう会があるんですよね~・・・とここで愚痴ってるのは、サイン入り!是非飲ませてください~~(笑)

よっぱげ☆さん毎度です

ストレートな1996へのラブコール承りました
しばらく開けるつもりはありませんが・・・

ソムリエT氏の熱心な予習の賜物で
料理との相性
グラスのマッチング
温度の調整と
素晴らしい会でございました
うらやましく思われる気持ちはよくわかります

まぁ
逆にプロ向けの催し物なんかは我々は行けないんですよねぇ

こんにちは!

ンー、1982マグナムとは・・・羨ましい限りです♪
l'Avizoiseは先日久々に99を試しましたが、なかなか良かったですよ。96があと1本だけ残っているので、そろそろ試しちゃおうかな。

hirozeauxさんコメントおおきにです

1982マグノムは飲める店知ってますよ
大阪ですけど

ラヴィゾワーズ1999ですか!
そりゃ羨ましいですねぇ
1996もラヴィゾワーズ?
いいなぁ
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。