スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maximin Gruenhaeuser

年に一度T.B.Aを頂ける会に参加してまいりました

今年は
Mosel-Saar-Ruwer生産地域のRuwer地区を代表する造り手
Schubert家のワイン

DSC02809.jpg
・パン
プチメックのパン
今日のはスダチが大きい(らしい)
パンも醗酵食品なので色々な出来具合があって楽しい

ワインはラベルが大きくて写真三分割でなければ撮りきれない・・・
DSC02813.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Herrenberg 2001 Kabinett
Alc 7.5%
ApNr 10-02
まずカビネットから
甘い香り
酸がやや平らな印象

DSC02817_20090913163143.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1996 Spaetlese
Alc 7.5%
ApNr 8-97
伸び上がるが如き酸
仄かな白桃っぽさ
良いなぁ
シュペトレーゼクラスのバランスが一番好き・・・か?

DSC02821_20090913163240.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1995 Auslese FassNr 117
Alc 8.0%
ApNr 25-96
アウスレーゼ三種類の中では一番若いヴィンテージなのに
色が最も濃い
黄桃系に酸

DSC02824_20090913163240.jpg
・ラベルネック
樽番号117って言う意味で
文字通り熟成させる樽に個別に番号が振ってあって
醗酵を終えたワインを味見してどの樽に入れるか決めるのだそうな

DSC02826_20090913163239.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1990 Auslese FassNr 96
Alc 9.0%
ApNr 32-91
さっきのより薄い黄色
熟成したリースリングのペトロール系の香りが仄かにある
酸と美しい白桃

こちらの方がやはり好みだな

DSC02827_20090913163239.jpg
・96番の樽使用
おそらく何年も使い込まれている樽なのでそれぞれに個性が生まれてきているんだろう
生まれたばかりの新樽とはまた違って趣き深いことです

DSC02829.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1988 Auslese FassNr 67
Alc 8.0%
ApNr 41-89
傾向は1990と似ている
このように比較して飲めるのは楽しい反面
違いを表現するのが難しくも悩ましい

こっちのほうがやや薄い感じ・・・と書くとよくないなぁ
1990が凄く良い年なのでしょう
アルコール度も1%ほど違うし

DSC02830_20090913163238.jpg
・67番の樽

DSC02833_20090913163334.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1995 Eiswein 375ml
Alc 7.0%
ApNr 32-96
黄色
白桃にヴァニラな要素が混じる
甘さと鬩ぎ合う酸

凍った果実から造られた純粋な美しさ
貴腐ワインよりもこっちのほうが好み

DSC02836_20090913163333.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Abtsberg 1995 Beerenauslese 375ml
Alc 6.5%
ApNr 30-96
オレンジが入る色合い
南国系の果実
エーデルトーンもあるが酸が強いなぁ
トロリと美味しい

そして最後は
DSC02838_20090913163333.jpg
・1959年
今年50年を迎えるんですなぁ
半世紀・・・長い年月

DSC02839_20090913163332.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Herrenberg 1959
Alc 10.0%
ドイツでECオーダーのワイン法が制定されたのは1971年なので
これにはApNrはありません
アルコールの記載も輸入業者の記載なので適当かもしれません

DSC02840_20090913163329.jpg
・Maximin Gruenhaeuser Herrenberg 1959 Trockenbeerenauslese
茶色が混ざった色は濃い目に入れようとしてしくじった紅茶の色
香りにも紅茶のトーン
スリランカのウヴァかな?
カラメルのような深みのある甘み
そして、驚異的な酸が潜む

貴腐ワインとしては凝縮度はそれほど高くはありませんが
ルーヴァーのT.B.Aなんてしかも1959なんて飲んだことないので
これが、本来なのかは分からずです
T.B.Aって特殊なカテゴリーのワインながら酸が十分にありバランス良く感じました

DSC02843_20090913163329.jpg
・ラインナップ
壮観ですね

全体的にカビネットを別にすると
どのアイテムも酸の存在感が大きく
へ?こんなに酸強かったっけ?な印象です
大変興味深く、美味しくいただけました
おおきにです!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

なんすかこれ~っ!!
羨ましすぎます・・・呼ばれてない・・・(苦笑)。

仔鴨さんコメントおおきにです

流石に貪欲ですねぇ
ふっふっふっ羨ましかろう?

そういえば、これ月曜日開催なので参加できたかも・・・
次は来年開催ですがご案内します
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。