スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1984

Van Halenじゃありません。

自発的に本を読むことがなくなった・・・。
コミックやワイン関連に料理関連の本を除くと全然読んでない。
・・・人に薦められたものを少し読む程度か

で、久しぶりに自分で読んでみようと思った本

Nineteen Eighty-Four George Orwell 1949
「1984年」 新庄哲夫訳、ハヤカワNV文庫、1972年 

なんと、61年も前の作品なんですが、
これはすんげぇ~です。

あと、
読んでて気持ち悪い本ってのは初めてかもしれません。

内容はディストピアものと一言で言えますが
ホンマに気持ち悪いくらいの徹底さ

Newspeakって新しい言語の創造がされていて、巻末に付録として載っています
徹底してます
英語で読まないとわかりにくい内容なんでしょうが
日本語でも分かりやすいように翻訳されています

個人的にはジンやチョコレートについての記述がイギリスの作家だなぁと思いました
ウィンストンが葡萄酒を初めて飲むあたりも面白いです
って、やはり飲食関係ばかりですかい?

表面的には政治的な内容なんですが
その底に佇んでいる
言語について
認識について
などなど興味深く読ませていただきました

ただ救いのない、気持ち悪い本なのでお薦めはしません

「1Q84」ってのはこれを契機にタイトル決めたらしい
村上春樹は苦手だけど読んでみるかな

それよか、
Operation:Mindcrime Queensrycheか
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。