スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回ワインと料理で巡るフランスの旅 ~開かれし裏口、ラングドック・ルーション~

順調に迎えた第五回目はラングドック・ルーション

DSC05727_20100409170430.jpg
・メニュー

裏口・・・なのか?

DSC05729.jpg
・Amuse-Bouches
ブランダードとスープ・ド・ポワソン

ラングドック地方の料理干しタラっぽくないくせのないブランダードに
魚出汁旨しのスープ

DSC05730.jpg
・Perciades de Sardine et Salades Vert

さっくり香草焼
香りがエエなぁ

DSC05736.jpg
・Pinata de Turbot et Seiche

イカ美味しいなぁ
ヒラメは言うに及ばず

DSC05742.jpg
・大皿どん!

DSC05744_20100409170427.jpg
・Cassoulet Maison

前回の記事にてカスレの中身を予測してたのですが
全くあたりませんでした

主役は自家製(?って聞いたと思う)のメルゲーズ・・・だよね?羊のスパイシーなソーセージ
もっと脂強いのがカスレのイメージなんですが
綺麗にまとめてはります

いや、このソーセージが旨い
クスクスに入っているイメージがあるのですがカスレに入れても旨し

DSC05745_20100409171956.jpg
・Blanc manger

昔は肉なんかも入っていたらしいブランマンジェ
肉のゼラチン質で固めていたのか?
中東由来らしいからこの地方から入っていたんだろうか?

フルフル感が嬉しい

DSC05748_20100409171956.jpg
・Cafe et Nugatines

ヌガティーヌなんてちゃんと作ってくれるのは嬉しい
食感命です

ワインの写真は無し

・Cremant de Limoux N.V. Rosier
・Blanquette de Limoux 2005 Rosier
リムーの泡を飲み比べ
こういうの好きです
違いは・・・難しいなぁ
ブランケットの方が泡を粗く感じました

品種構成はシュナン・ブランにモーザックにシャルドネとの事
独特の香味はモーザック由来なのか?

・Costieres de Nimes Blanc 2008 Mas des Bressades
白い花・・・バラかヴォリュームはあるが
最初に酸を感じるのでバランスよい

品種構成はルーサンヌにグルナッシュ・ブランにヴィオニエ
やはりヴィオニエですかい

・Faugeres Valimiere 2005 Leon Barral
甘苦
重苦しくない密度

品種構成はムールヴェードル100%

・Cotes du Roussillon Villages V.V. 2001 Gauvy
美味しかった記憶はあるのだがメモなし
2001年って感じのない若々しいワインだった・・・ような

・Banyuls Blanc 2004 du Mas Blanc
なんとバニュルスの白があるんですねぇ

シェリーのモスカテル!
これ美味しいなぁ
いま、我が家でモスカテルが密かに流行っていたりする・・・

次回はアルザスですシュークルートはどんな感じになるのか?
楽しみです
スポンサーサイト

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。