スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロ?焼鳥?

「シャンパーニュはブジィ村でピノ・ノアールの良いものがあります・・・」
丁寧に本日のお勧めが書かれた黒板と逆さに吊るされたワイングラスが並ぶ様は
「ビストロみたいですね」
「ええビストロナカジンです」
控え目な笑みを湛える店主は何も変わっていないかのようだ

20070917-001

・Maurice Vesselle Cuvee Reserve Grand Cru
Bouzy
Pinot Noir 85%
Chardonnay 15%
初めて飲むと思います
やや低めの温度のサービスながらリンゴっぽさが柔らかい

「なかじん」さんは、たまにお伺いする京都は古川町商店街の蕎麦屋さん
進化を重ねていってはります
最新の姿になったのは噂に聞いていたのですが
今回初の訪問となりました

20070917-002

・白和え
いきなり日本酒を呼ぶお突出
しかし、今回はシャンパーニュと蕎麦のマリアージュを検証するためにしばしの忍耐

20070917-003

・あんかけ
見た感じ中華っぽいですが、和なあんかけ
エビがプリッと美味しい

20070917-004

・粗挽き
蕎麦を手渡す神聖な儀式めいたところも、蕎麦の薫り高さも変わらない
シャンパーニュとの相性は微妙
可も不可もないってところかな?

20070917-005

・地鶏の湯引きと葉山葵
なんだろ、この身のネットリ加減は
部位はムネ肉との事ですが
やはり鶏が特別なんですなぁ
葉山葵がまた啼かせます

20070917-006

・秋刀魚の刺身
肉厚で脂も良い感じのノリの秋刀魚
日本酒解禁!

20070917-007

・刺身二種類盛り
上品な昆布〆のヒラメにウニ

20070917-008

・そばがき
蕎麦切りとは一味違う風味は蕎麦切りプラス蕎麦湯って感じなんだと思う

20070917-009

・坂東太郎鰻の白焼き
店主は大の鰻好き
改装した厨房に炭火焼が新設されているのは恐らく鰻のために違いない
以外と柔らかい身と外側カリリと香ばしい

20070917-010

・かき揚げ
芸術的な多層構造のかき揚げ

20070917-011

・天然の小さい岩牡蠣
横で他のお客さんが頼んでいて、強力に美味しそうだったので追加発注
牡蠣とも岩牡蠣とも違う独特の味わい

20070917-012

20070917-013

20070917-014

20070917-015

20070917-016

・焼鳥
前に炭火焼でないのに芸術的な「皮肝焼き」を作られていました
炭火焼導入ならば焼鳥は外せません
見事な鶏に見事な火入れ
「焼鳥屋なかじんです・・・」と店主はにこやかに言われるが
その辺の焼鳥屋よりも格段に美味しい
香り高い柚子胡椒が添えられているが、それさえも必要にないくらいに完成されている

あの「皮肝焼き」も根強いファンがいるので、頼めば作っていただけるとの事
せやんなぁ、あれも美味しいものなぁ

20070917-017

・せいろ
他にも食べたいものは数多いけれどもボチボチと〆
蕎麦らしいせいろも美味しい
塩と山葵も美味しいがやはり汁がうれしい

素晴らしい進化
ビバ炭火焼!
スポンサーサイト

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。