スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝豆

ワールドカップで熱い夜
実際の気温も暑い

冷えたシャンパーニュってのもエエが
湿度の高い暑い夜にはビールが似合う

ビールにあうものの筆頭でこれに異議を唱える方は少ないんではなかろうか
DSC06946_20100707154822.jpg
・枝豆
最近良く枝つきで売っているものを見かける
どう違うんだろ?

袋の説明曰く
枝から外さずそのまま茹でた方が美味しい

ほんまかいな?

DSC06947.jpg
・ブロッコリー
野菜分補給

DSC06948_20100707154821.jpg
・ソーセージ
これもビールの友として異存はなかろう

市販のソーセージで少しやる気のありそうなもの
メツゲライやシャルキュルトリで買うものには及ばないが
十分に楽しめる

例によって焼きと茹での食べ比べ

記事を書いてて何かシャウエッセンが食べたくなってきた
もう四半世紀前に登場したこの革命的なソーセージ
出た当時ビール飲みながらヒャホーな気分になったもんだ

ちなみに写真はないけど
最近のお気に入りはアサヒのマスターです
味変わったように感じますがどうでしょう
アサヒのマスターで初めて
サントリーのプレミアモルツからエビスザホップにつなげる
って展開が多いです
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

枝つき枝豆

小さい頃、枝豆を枝から外すのは、子供の仕事でした。
枝から綺麗な形で豆を外すのではなく、さやの先端をほんの少し残して切り取るのが、我が家の定番です。
茹でる前に塩揉みするので、中に塩味が染み込むのです。あと、塩揉み効果で、枝豆が綺麗な緑色になります。

natsuさんコメントおおきにです

茹でる際に
枝から外すのではなく
枝付きのまま茹でたほうが美味しいと
その商品の袋に書いてあったのですが

これって、さやの先端をホンの少し残して切り取る事となんか関係があるのでしょうか?

No title

お久しぶりでございます。
枝豆は収穫してからの劣化が急激で、
本当の枝豆をあじわいたければ、
畑に鍋を持参しその場で茹でるのが望ましい、となにかに書いてありました。
枝つきのまま流通させると、劣化が少し抑えられるようです。
だから、ちょっとでも劣化をましにしたいということで
枝から茹でるのが望ましいということではないんですかねぇ…。

ほんまかどうかはわかりませんが…。

Tsubackyさんコメントおおきにです

なるほど
枝から外さずにの真意は
そういう理由ですか
説得力あると思います

畑で取れたての美味しさ一度食べてみたいもんです

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。