スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパーニュ会 Balnc de Blancs 1990

恒例の6月のシャンパーニュ会は
1990年のブラン・ド・ブラン特集

今回も満員御礼
シャンパーニュ会が軌道に乗ってきた模様で何よりです

1990年はシャンパーニュ、
いやフランス全土で良い天候に恵まれた年
・・・ヨーロッパ全土は広いので言い切る自信なし
・・・フランス全土ってのもちょいと自信なし

コント・ド・シャンパーニュに驚かされ
ドン・ペリニオンに惑わされ
クリスタルに魅せられ
ジャック・セロスに魂奪われました
いや、
他にも数多の1990年のシャンパーニュには本当に楽しませてもらいました
書ききれません

ただし
良年で20年を経ていることで
入手困難
若しくは
高値で
現在に至っては二度と出会えない事が多いのでした

この企画素晴らしすぎます

DSC07053_20100712151844.jpg
・リスト
おおスゲー

DSC07054.jpg
・パン
初お目見えのご近所のパン屋のもの
・・・店名は失念
近所にやる気のあるパン屋があるのは羨ましい限り

DSC07068_20100712151842.jpg
・Duval Leroy Authentis Clos des Bouveries 2002 Brut
VertusのNM
Chardonnay 100%

これは1990年ではないが良い年2002年のもの
アペリティフ代わりなんだそうな

DSC07076_20100712152433.jpg
・丁寧な裏ラベル
Clos des BouveiriesはVertusにある区画名で格付けはプルミエクリュなんですな

やや黄色を感じる色合
粗い目の泡は勢いあり
木のトーン
樽由来かな?ヴァニラから始まって酸が引き締める

DSC07058_20100712151843.jpg
・1990年登場
普段はワイングラスを撮影する事はないけど
若旦那の気合に敬意を表して

なんと5アイテム全てロブマイヤーのバレリーナグラス!

手作りゆえの一つ一つの味わいのある個体差に
一同で一頻り盛り上がる
ステムの極細い奴は本当に美しいが持つのが怖くなるようなほどに研ぎ澄まされた感じ
・・・つーか細すぎてポッキリいくんじゃないかと心配になるほどに繊細

DSC07066.jpg
・前菜盛り限定エディション
東京の三ツ星フレンチにインスパイアされましたか?

DSC07069.jpg
・Bruno Paillard le Mesnil 1990 Brut
ReimsのNM
Chardonnay 100%

初めて飲むアイテム
1990にN.P.Uを初めてリリースしたブルーノ・パイアール
こんなキュベも出してたんですね?

黄金色
やや細かめの泡
最初は控えめの香りは香ばしさ
甘さから酸に展開するバランスの良さが秀逸
様々なハチミツの豪華さ

今、正に飲み頃ではないかな
最初からスゴイですな

DSC07077_20100712154208.jpg
・裏ラベル
マグノムが1208本
ブティーユが6264本
そりゃ見かけないわな

DSC07070.jpg
・Taittinger Comtes de Champage 1990 Brut
ReimsのNM
Chardonnay 100%

より色の濃い黄金色
更に細かくなる泡は幸せだ
やや熟成の進んだトーン

枯淡の境地に入りつつあるかな
舌触りは本当に滑らかで美しい

恐らく最初に1990年のシャンパーニュに驚かされたのは
これであったように思う

そういう意味では思い入れのあるシャンパーニュ
出会いから年を経て感じ方は変わってきているが
素晴らしいシャンパーニュ

DSC07071_20100712154207.jpg
・Alain Robert Mesnil Tradition 1990 Brut
le Mesnil sur OgerのRM
Chardonnay100%

濃い目のレモンイエロー
泡は細かい
やや香りに違和感
リンゴやモカのニュアンスは探せるが
今まで飲んだ感じと印象が異なる

DSC07079.jpg
・裏ラベル

DSC07072.jpg
・Salon 1990 Brut
le Mesnil sur OgerのNM
Chardonnay100%

黄金色
細かい泡
かなり熟成の進んだ感じでキノコきてます
泡のアタックが強い
余韻はハニー

そのマニアックな造りっぷりがお気に入りのサロン
価格高騰に付き久しぶりに飲んだが
熟成の進み具合が早いのには驚かされた

あり?
こんなんだっけか?
ハニーさはでてきているのでもう少し置いておくと
あの1982年でビビらされたサロンになるのであろうか?

DSC07073.jpg
・Jacques Selosse 1990 Brut
AvizeのRM
Chardonnay100%

DSC07080.jpg
・裏ラベル

ややオレンジを感じる黄金色
細かい泡
ゆるぎない酸
ニュアンスの多さ
一つ一つの要素が追いきれない多彩さ

すげー

前の4本とは明らかに別次元のシャンパーニュ

あ、モカきてます

ユルユルと楽しんでいるとエクストラアイテム
DSC07074.jpg
・Milan Cuvee Terres de Noel 2000 Brut
OgerのRM
薄い黄色は緑のニュアンスがあるか?
中程度の泡
青リンゴ
鋭くないがしっかりした酸から酸味主体の展開に甘さ
やや閉じこもっている感じもするか?

DSC07075_20100712161728.jpg
・1990年の10年後

1990年のシャンパーニュの後に
2000年のシャンパーニュは面白い
10年を経ているがフレッシュさがあってデセール感覚?

DSC07082.jpg
・ラインナップ

「二度と出来ないですよ・・・」とは若旦那
ですよね
でも、何かの機会があれば是非またしたいもんです

DSC07084.jpg
・コルク
流石にアランロベール以外のコルクは開いてこない

DSC07086_20100712161725.jpg
・ミュズレ
あっ
サロンとアラン・ロベールのミュズレが入れ違ってます

堪能しました
凄かったです
おおきに!

次は1990年シャンパーニで
シャルドネとピノ・ノアールのアッサンブラージュ特集でお願いします
よろしゅーに!
スポンサーサイト

テーマ : シャンパーニュ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

京都は遠い

羨ましぃ~
セロスの1990年飲んでみたい(出来れば一人でじっくりと)
サロン1990年は小倉の兄貴にここ2年程で3度飲ませていただきました。
750では、やはり熟成の早さを感じましたがマグナムはガチガチで吃驚したのを思い出します。
Authentisシリーズも良いなぁ~

hirozeauxさんコメントおおきにです

やはりサロンは熟成早いんですかねぇ~
マグナムなんてうらやましいです

オーセンティスは今後リリースされることはないんで希少です
面白いシリーズだと思うのですが

ジャック・セロスはホンマにすごいと思います
この素晴らしいラインナップでも別格でした
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。